記事検索

フリースペース

シニア犬

スレッド
10/11/2020






Cの老化が加速している。ような気がする。

最近、立ち上がるのがしんどそう。
それから、伏せるとき、たまにドン!と音を立てることがある。こちらからdownというコマンドするときではないので、その音でびっくりして見ると、Cはちらりとこちらを見てじっとしている。痛みがあるのかもしれないなぁ、、、と思ったりもする。

Dが初めて全身関節炎の診断を受けたとき、獣医からグルコサミンを推奨された。犬用だと高額だから、人間用で構わない、と言われた。それからせっせと食餌に混ぜてあげていたが、いつしか夫が犬用のCosequinを購入し、2年くらい前からCにもあげ始めた。

でも所詮はサプリメント。痛み止めではない。かと言って、痛み止めを始めるのは慎重になってしまう。もうじき定期健診なので、そのときに相談しようと思う。


先日、散歩の途中でひと休みをした後、「じゃぁ行こっか!」と言うのに、Cは動かなかった。
動かない、のか、動けない、のかが、わからない。
歳をとると犬もどんどん頑固になる。先住犬のBもそうだった。Cは特にその傾向が強い。
例えば、ガレージから家の中に入って来ようとしない。それはトリーツが欲しいから。夫はいつだってトリーツをあげる。わたしは「いつだって」あげることはない。なので、Cは、わたしがトリーツを袋から取り出す音を聞くとサッと立ち上がって入ってくる。たまに、Bにトリーツをあげるフリをする(Bに「美味しいでしょう〜」とか大袈裟に言う)と、慌てて入って来たりする。何にもあげてないことがわかると、なんだよ・・という感じでスタスタとお気に入りの場所へ行ったりする。

そう言うわけで、Cが頑固に拒否しているのか、それとも動けないのかがわからなくて困った。
C、帰るよ〜。もう時間だよ〜。トリーツあげるよ!
などなど言ってもなかなか動かない。これって、もしかして痛くて動けないのか、、、と不安になった。
そこでしょうがなく、最後の手を使った。

「あ、そう言えばそろそろダディが帰って来てるはずだわ。ダディに会いに帰ろうよ」

するとC、耳をピクッと動かしたかと思うと、颯爽と立ち上がり、(無い)尻尾をフリフリ。
なんてこったい!



でも、老化の加速は否めない。
頑固、というのはシニア犬の特徴だ。

Cは7月7日で(推定)11歳になった。まだまだ元気でいて欲しい。
多分、2回目の手術が良くなかった。あれから一気に体力が落ちた。
Cはいつまでも赤ちゃんだと思っていたのになぁ、、、、泣。








#日記 #犬日記

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ