記事検索

フリースペース

how you eat instead of what you eat

スレッド
10/10/2020







あらやだ。10102020!


職場の福利厚生でNaturally Slimと言うプログラムを無料で使えるというので、申し込んでみた。
そのことをすっかり忘れていたのだが、昨日、Welcome to Naturally Slim! You are in!!というメールが届き、プログラムは19日の月曜日から始まるのだそう。わーい。どんななるか楽しみ〜。


去年は、なんちゃらexerciseプログラムに申し込んだ。が、これはまったく使えなかった。毎週、決められた日時にzoomによるexerciseに参加する、というものだった。その日時というのが、どれも実現不能なものばかり。毎回の招待メールを無視していたら、そのうちspam mailに分類されたらしく、メールさえ来なくなって終了した。まぁ無料だったので、痛くも痒くもない。やっぱりお金を支払うという行為こそcommitmentに繋がるのかもね。


それがなぜまた今年も申し込むんだ?なのだが、今年のは去年のそれとアプローチが違う。しかも、最近よく耳にするpsychologicalなんちゃらのNoomとよく似ている。

このNoomというのに興味を持って、随分前にアプリを入れてみた(アプリは無料)。で、自分のデータをせっせと入力して、いざ、さてコストは?というところで、止めた。
なんと、どうやら「値段は自分で決めてください」というシステム。え?じゃぁ無料でも良いの?と思ったら、そうはもちろん問屋が卸さない。これこれこういう専門家たちのアドバイスを貰うのに平均いくらかかる〜などの説明があり(結構な高額)、でも皆さんには少なくとも$10払っていただきたい(多分これが最低コスト)、出来栄えに満足したら値段を上げても良い(というか、上げましょうよ、的な?)、実際にこれだけ毎月(だったと思う)払っている人がいる、という例を表示。その時点で、サーーーーーッと熱が引いた。なんかヤバくない???と怖くなったのだ。
それでアプリも即行で削除。それ以降、CMを見るたびに一体どういうことなんだろう、、、と疑問を抱いていた。きっと優秀なアプローチなんだろうけれど、、、ね。


で、職場のこのNoomに似たようなプログラムの福利厚生に飛びついた、というワケ。

申し込んだ際、exercise重視かlifestyleへのアプローチ重視か、という2択があり、迷うことなくlifestyleにした。exerciseはもう無理だと思う。色々やり過ぎると肩や膝を痛めかねない。年って嫌だわー。

とりあえず、先のメールでの「開始前のtip」では、とにかく毎日歩くこと、らしいです。距離や歩く速さは関係ない、と。とにかく毎日必ず歩くこと。それだけやっておきましょう。そうするとあなたの身体はあなた自身に感謝するでしょう!ですと。
犬たちがいて良かった。かろうじて、毎日の散歩はしているものね。


わたしがどれだけの変化を遂げるか・・・・乞うご期待!







#日記

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ