記事検索

フリースペース

  

group hug

スレッド
10/09/2019








発端は先週の木曜日。

Out school Hoから戻ってきたDに対しKがJに報告。Jは時を待たずしてDに確認、既に起こってしまったことをあーだこーだと3人で確認し合う。否、確認と言うと聞こえが良い。どちらかと言うとそれぞれがそれぞれに叫び合っている、という感じ。

を横目に、わたしはひたすらに自分の仕事を続けた。中に入っていくような雰囲気ではなかったし、利になるとも思えず。

3人の言い争い(?)はひとしきり続いたが、とりあえずJの言葉で終結。Dは鼻息荒く、dish roomへと戻って行った。
しばらくしてdish roomに何かを持って行ったおり、わたしからDに話しかけた。今回のトラブルを受け、軽く「次回はこうしようか」といった内容。
も、Dは烈火の如く怒りまくっていて、両手をさっと上にあげ、わたしからパッと退き、早口で言った。
「もう冗談じゃない!こっちはもう話すことなどない!勘弁してくれ!」
と、まぁ日本語にしたらこんな感じ。
ほよよよよーーーーー
時々、アメ人同僚が直接的に怒りをぶつけ合うのを見てきたけれど、自分がそうされると途端にドキドキしてしまう。ヤバイよこれ。かなり怒ってんじゃん。

そう思いながら自分のステーションに戻ると、Kが「ほら、見てよこれ!他のschoolはこうしてちゃんとkeepしてるのよ!」
わたし、思わず言ってしまった。
"Just drop it, K! She's very upset!!"

マジにもうやめようよ。と思った。今更どうこう言ったって始まらないでしょうに。

それをオフィスにいたJが耳にして、Dにフォローを入れる。が、Dは怒り心頭。

これが先週の木曜日。
つまり、4日間のFall Break直前の話だ。
で、昨日がBreak後、初の出勤。
さてさて、Dの怒りはおさまったか?

と思ったら。D出勤直後にJにわたしとKと、オフィスに呼ばれた。
Have a seat, everyone!


あの、、、マジ忙しい時間なんすけど、、、勘弁してよ。

と、心の中で思う。が、こう言う時のJは聞く耳を持たない。優先順位は職場の「和」なのだ。ええ、アメ人だけどね。日本語にするとね、つまり「和」。


そこでJがまず色々と話し、そのあとにDが(驚くべきことに彼女はまだ鼻息荒かった!)、そしてちょっとやわらかくなったKが話す。
わたし、部外者なんですけど、、、という感じ。喋ることないよ。と、思う。

そして最後に group hug


実を言うとこれがどうも苦手だ。
なんだか茶番でしょ。

しょうがないからしたけど。










#日記

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ