記事検索

Tai - Diary

https://jp.bloguru.com/tai

1万人を見てわかった起業して食える人・食えない人 (2016)

スレッド


松尾 昭仁 (著)

起業が成功する人の行動パターンを紹介しています。これを真似すれば起業が成功する訳ではありませんが、その行動の背景にある考え方を知ることで、自身に役立たせられると思います。同意できない、または耳が痛いものもありますが、あくまでも著者が見た一般的傾向であり、自身の考え方や好みを変える必要は無いでしょう。
#book

ワオ!と言っているユーザー

決戰料理學院

スレッド
台湾の友人が料理対決番組に出るようで、頑張って欲しいです。

#trip

ワオ!と言っているユーザー

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 (2015)

スレッド


高橋 京介 (著)

会社で購入して頂いた本です。iOSは毎年証明書の更新をしなければならない上、その仕組みが時々変わり、また英語のみという、アプリ開発以外でも苦労を強いられる茨の道です。更に近年、従来使用していたプログラム言語から、独自のSwiftというプログラム言語に切り替わりました。日進月歩この上なく、この本の内容も既に古いかと、処分しようかと思いましたが、Swiftの紹介をしている事から、まだ使えそうなので手元に置いておきます。

https://en.bloguru.com/tai/273534/2016-08-05
#book

ワオ!と言っているユーザー

Ajax実践テクニック (2006)

スレッド


高橋 登史朗 (著), 古籏 一浩 (著)

Ajaxのライブラリである、Yahoo UI、Dojo、prototype.js、script.aculo.us、Ricoについて書かれています。近年のAjaxライブラリはjQuery一本で、この本の内容は古いと思いますが、上述のライブラリについての情報が豊富であり、また参考コードのCDが付属しているので、処分せず手元に置いておきたいと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

Instant PhpStorm Starter (2013)

スレッド


Wlodzimierz Gajda (著)

2013年2月に発売された本です。私が購入したのは2013年7月なので、結構タイムリーに購入しました。

JetBrains社の、PhpStormという統合開発環境の取扱説明書です。JetBrains社は、Androidの統合開発環境であるAndroid Studioも手がけています。Android Studioを扱う必要に迫られた際、PhpStormと使い勝手が似ており、入りやすかったです。

この本の発売当時、PhpStormはソフトウェアとして購入し、自身のPCにインストール。アップデート版が出たら再購入。但し、アップデート版を再購入せずとも、旧版を継続利用可能と、良くある販売形態でした。今はどうやらクラウドサービスになっており、自身のPCにインストールする訳ではなく、JetBrains社のサーバへアクセスして利用するようです。利用継続には毎年再契約する必要があり、Adobeと同じビジネスモデルかと思います。

本を処分しようか考えていましたが、数少ないPhpStormの参考書として、手元に置いておこうかと思います。

https://en.bloguru.com/tai/180507/2
#book

ワオ!と言っているユーザー

Drupal Pro Book CMSカスタマイズ&デザインガイド (2008)

スレッド
Drupal Pro Book...
株式会社GIM Drupal プロジェクト (著)

2014年10月にレビューした事があります。この本のDrupalのバージョンは5を想定しており、現在のバージョンは8ですから、大分内容が変わっているかも知れません。さしあたって現状、Drupalを運用している訳ではなく、その必要に迫られてもいません。処分しようかと考えましたが、それでも日本語の書籍は貴重であり、手元に置いておこうかと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

わかりやすいマニュアルを作る 文章・用字用語ハンドブック (1995)

スレッド
わかりやすいマニュアルを作る ...
テクニカルコミュニケーション研究会 (編集)

これも母から送られた本だと思っていましたが、どうやら私自身が2008年1月に購入したようです。おそらく当時の客先の仕事のためと思われ、急遽購入した記憶が微かにあります。自分でこのような本を買うとは驚きです。

マニュアル作成における文章の書き方が記されていますが、本質は文章全般におけるガイドブックです。私は顧客向けマニュアルを作成するような仕事ではありませんが、社内向け、またはグループ会社向けの資料を作る事があるので、参考にすべきかと思います。尚、この本は日本語ですが、英語マニュアルを作成する場合にも役立つ内容ではないかと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

お父さんのおしゃれ事典 (2008)

スレッド


成美堂出版編集部 (編集)

比較的最近、母から送られた本だと思います。主にジャケットとパンツのコーディネート。「何となくおしゃれ」でなく、時代背景および決めるべきポイントが言葉で説明されており、マナー本に近いです。私よりも20歳上の人に向けた内容ですが、ベーシックで役立つと思います。

https://en.bloguru.com/tai/361462/2002
https://en.bloguru.com/tai/361336/2004
#book

ワオ!と言っているユーザー

The Low End Theory (1991)

スレッド


Artist: A Tribe Called Quest

ヒップホップのターニングポイントのひとつと言われる名盤です。私はやや世代が違うので、購入した当初から少し古臭く感じ、あまり聴いていませんでした。今は流行が一回りし、逆に新鮮です。

サンプリングをループさせるだけの単調な流れに、一旦サンプリングを止めることで抑揚をつける手法は、このアルバムから始まったと言われています。ラップが変則的でなく、落ち着いて聞けるのも、今となっては新鮮で良いと思います。




#music

ワオ!と言っているユーザー

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか (2017)

スレッド


山口 揚平 (著)

面白かったです。会社員と自営業とを比較し、話が進んでいきます。先日紹介した本と同様、固定費をなるべく抑え、無理のない実践的な方法を記しています。その他、各種ビジネスモデルの紹介、オリンピック以降に予想される働き方の変化など。私の考えに近い点があったり、また過去に経験した出来事の回答になる記述があったのが良かったです。
#book

ワオ!と言っているユーザー

True Detective: Season 1 (2014)

スレッド


Director: Cary Joji Fukunaga

TVドラマは本数が多く、集めるのが大儀なのであまり観ませんが、理由は忘れましたがこれは観たいと思い購入しました。シーズン1の半分以上が、警察署で事情聴取されている登場人物達の10年以上前の回想で、最後に歳を取った彼等は集結します。俳優達は10年以上の時間軸にも関わらず、違和感ないメイク、また演技をこなしています。

UFOこそ出ないものの、刑事ドラマなのでXファイルに近い印象を受けましたが、それ以上に人間を見せようとしています。幸いショッキングな映像は大してありませんが、次の展開にハラハラさせられます。今最後のディスクを観ているところですが、これは面白かったです。
#movie

ワオ!と言っているユーザー

Enta Da Stage (1993)

スレッド
Artist: Black Moon

名盤なので買いましたが、あまり聴いておらず、今になってひととおり聴いています。80年後半〜90年前半のヒップホップは日進月歩で、新手法が編み出され、音楽性が進化していました。Black Moonのメンバーの一部になると思いますが、プロデューサーであるDa Beatminerzは、95年にSmif-N-WessunのDah Shinin'というアルバムを制作しています。95年はダークな曲が流行し、Dah Shinin'はその中核に位置するのですが、この93年のEnta Da StageはDah Shinin'に酷似した仕上がりで、既にDa Beatminerzの音楽性が確立しているように思います。特筆すべきは、やはり代表作のひとつである「How Many MC's」でしょう。今聴いても遜色なく、時代を先取りしていると思います。


#music

ワオ!と言っているユーザー

正しいマナー&こんな時どう言う事典 (2002)

スレッド


竹内 聡美 (著)

これも母から送られた本で、ビジネスマナー、冠婚葬祭、テーブルマナーなど、事典の名のとおり、一通りのマナーが収められていると思います。暗記は難しいですが、その現場に遭遇した時に役立つはずです。

https://en.bloguru.com/tai/361336/2004
#book

ワオ!と言っているユーザー

きちんとした「日本語」の話し方 (2004)

スレッド


今井 登茂子 (著)

おそらく、日本での就職にあたり、母から送られた本の一冊ではないかと思います。よく使う敬語のフレーズが掲載されています。あまり使った事のないフレーズがあります。また、駄目な例が「あるある」で面白い。

この本に書かれているような話し方をする同僚がいます。よく感心するものの、真似できないなと思っているのですが、この本を暗記すれば、いつか使えるようになるかも知れません。
#book

ワオ!と言っているユーザー

いちばんやさしい オブジェクト指向の本 (2007)

スレッド


井上 樹 (著)

オブジェクト指向を学ぶため、2008年4月に購入しました。当時ざっと目を通しましたが、もう一度読み直した形です。

プログラミング言語を使わずに、オブジェクト指向の概念を、買い物などの日常行動を例に説明しています。実際にプログラミングを学びたい人にとっては、言語を指定せず、書き方を記していない本書は役立ちません。あくまでも一般概念を説明するに留めた本です。
#book

ワオ!と言っているユーザー

More Making Out in Japanese (1991)

スレッド


Erika Geers Todd Geers (著)

先日の本と同じく、六甲道の古本市で購入しました。恋愛・結婚にまつわる日本語会話の辞書で、左に英語、右に日本語が書かれています。興味深く、また幾つか慣用句のような言い回しもあり、勉強になります(例: Let's go Dutch = 割り勘にしましょう)。

カリフォルニア在住、または住まれていた、アメリカ人と日本人のご夫婦の著書です。私が購入したものや、上記画像のリンクを含め、複数の改訂版が出ているようで、人気があるのかも知れません。
#book

ワオ!と言っているユーザー

香港の現場

スレッド

香港の知人が、Facebookに投稿しているニュース記事や動画が、見るに堪えないです。比較的近くの国と言えど、自分に出来る事がありません。せいぜい、気を付けて、とコメントを投稿する位しか出来ません。

小さな国というか街ですが、香港市民すべてに身の危険がある状況ではないように見えます。デモに参加するグループと、なるべく喧騒を避けているグループが存在するようで、私の知人達は後者に入ります。ご家族共、巻き込まれないよう祈るのみです。
#daily

ワオ!と言っているユーザー

MSP: Governance themes

スレッド


  1. Programme organization

    • Describes the structures for a programme, including the responsibilities and competencies of individuals within those structures.

  2. Vision

    • Describes the role of the vision statement, its development and contents, and contextual importance to the programme.

  3. Leadership and stakeholder engagement

    • Describes the need and nature of leadership against the backdrop of stakeholder engagement. Provides tools and techniques to analyse individual and groups of stakeholders with a cycle of activities to maintain engagement and support the communications plans.

  4. Benefits management

    • Explains how benefits are central to any programme and describes that can be deployed to ensure the benefits are realized.

  5. Blueprint design and delivery

    • Describes the criticality of designing the operationg model that the programme will deliver. It outlines the concepts of the 'as-is' state, the 'to-be' state, and the step changes required to achieve the target operating model.zq

  6. Planning and control



  7. The business case



  8. Risk and issue management



  9. Quality and assurance management




#msp

ワオ!と言っているユーザー

MSP: Programme management principles

スレッド
PRINCE2にもITIL 4にも似た概念があるが、優先度が違う気がする。
その違いは、扱うものや規模の違いによるものと思われる。



  1. Remaining alighed with corporate strategy

    • A programme is typically a large investment that should make a significant contribution towards achieving corporate performance targets. A well-managed programme maintains good links with a sometimes-volatile corporate strategy.
    • 組織の方針から外れて行動してはならない。

  2. Leading change

    • Seeing through change in a programme is a leadership challenge. In addition to the need to manage a large number of complex tasks, people need to be led. It is impossible to move to a better future without clear leadership.
    • リーダーが率先して動くことにより、チームとのコミュニケーションが円滑になる。
    • Projectが経緯(Case)優先なのに対し、Programmeは人優先なのが異なる点。
    • 7点のPrincipleの中で、これが最もページを使い、例題が多いため、重要なのだと思います。

  3. Envisioning and communicating a better future

    • A programme is relevant where there is a need to achieve transformational change, where there is some marked step change or break with the present required in the future capacity. In order to achieve such a beneficial future state, the leaders of a programme must first describe a clear vision of that future.
    • 組織が掲げるビジョンが、チームを動かすのに決定的な役割を果たす。ビジョンがブレると危ない。

  4. Focusing on the benefits and threats to them

    • Best-practice programme management aligns everything towards satisfying strategic objectives by realizing the end benefits. Thus the programme's boundary, including the projects and activities that become part of the programme, is determined to enable the realization of these end benefits. The ultimate success of a programme is judged by its ability to realize these benefits and the continuing relevance of these benefits to the strategic context. If the benefits are of strategic value, then effective risk management is crucial.
    • Programmeの利益不利益を関係部署やメンバーに伝えることで、彼らの考えと行動がクリアになる。

  5. Adding value

    • A programme only remains valid if it adds value to the sum of its constituent projects and major activities. If it is found to add nothing, then it is better to close the programme and allow the projects to proceed independently.
    • 価値が無ければ、そのProjectをProgrammeから外したり、またはProgramme自体を終了させ、独立したProjectとして継続する。
    • ITIL 4のSVS「Guiding Principles」に「Focus on value」というのがあるが、寧ろ「Keep it simple and practical」に似ている。

  6. Designing and delivering a coherent capability

    • The capability that the programme will deliver is defined in the blueprint. The programme will deliver a coherent organizational capability that is released into operational use according to a schedule that delivers maximum incremental improvements with minimal adverse operational impact.
    • Programmeが成功した時の世界がどうなのか、青写真が描けるようにする。

  7. Learning from experience

    • A programme is learning organization in that it reflects upon and improve its performance during its life. Good governance requires approaches to managing the different themes that are regularly adjusted and adapted on the basis of experience and results to date. For example, good benefits management encourages stakeholders to identify new opportunities to realize benefits as their awareness and experience increases.


#msp

ワオ!と言っているユーザー

支那人の妥協性と猜疑心 (1927)

スレッド
桑原 隲蔵 (著)

日本国内ではパブリックドメインの作品という事で、Amazon Kindleで無料ダウンロード出来ます。2014年11月にダウンロードし、今になって読んでみました。

日本語が難しく、読み込むには時間がかかるため、流し読み程度ですが、19世紀後半〜20世紀初頭の中国観として、歴史的に中国は、あまり周辺諸国や民族に対して威圧的でなく、妥協点を見出してきた、という風に読み取れました。文化大革命以前の著書であり、近年は弾圧と侵略の連続ですから、歴史的に、近代中国が大きく変わってしまったように思います。

私の流し読み程度の感想よりも、Amazonに寄せられたレビューが凄いです。おそらくすべて外国の方によるもので、この難解な日本語を読まれた事に衝撃を受けました。
https://www.amazon.co.jp/%E6%94%AF%E9%82%A3%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%A6%A5%E5%8D%94%E6%80%A7%E3%81%A8%E7%8C%9C%E7%96%91%E5%BF%83-%E6%A1%91%E5%8E%9F-%E9%9A%B2%E8%94%B5-ebook/dp/B009KSSV0E/
#book

ワオ!と言っているユーザー

フリーランスの教科書 (2012)

スレッド


見田村 元宣 (著), 内海 正人 (著)

前回紹介した本と同様、私が熟読するには早いと思いますが、実践的な情報が掲載されており、役立つと思います。

  • フリーランスの定義、契約形態
  • 税金、確定申告
  • 保険、年金
#book

ワオ!と言っているユーザー

何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣 (2016)

スレッド


ジム・ドノヴァン (著)

前作と同様、自己啓発本になると思いますが、仕事やお金に対する姿勢など、人生全般の指南書であり、実用的だと思います。

ワオ!と言っているユーザー

The Basement Khemist

スレッド
DJ Spinnaのコンビ、Jigmastasのアルバムに収録されたことのある、The Basement KhemistというNYアンダーグラウンドのアーティスト。おそらくアルバムを1枚作るほど作曲していないと思います。印象深い曲が多いので掲載してみました。

#music

ワオ!と言っているユーザー

入門 Ajax (2005)

スレッド


高橋 登史朗 (著)

Ajaxは、JavaScriptの試験で出題されるほどメジャーな存在です。この本はAjaxのみを切り取って紹介していますが、むしろJavaScript全体を勉強するのが良いと思います。一部Google Mapsの仕組みが解説されていますが、古いバージョンですので、もう使えないと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

Runaway Slave (1992)

スレッド
Artist: Showbiz & A.G. from D.I.T.C.

Showbiz & A.G.のデビューアルバムになると思います。彼等のCDは買うべきものだ、と思って買いましたが、あまり聴いていませんでした。今になって聴いています。全曲ジャズのサンプリングで、かなり良いです。1995年のセカンドアルバムが一番好きですが、このデビューアルバムもかなり良いです。


#music

ワオ!と言っているユーザー

クリエイター独立マニュアル (2015)

スレッド


グラフィック社編集部 (編集)

私が熟読するにはまだ早いと思いますが、独立の際に必要な情報が一通り掲載されており、使える一冊だと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた: グローバルエリートは見た!投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティ、MBAで学んだ15の仕事の極意、そしてプライベートの真実 (2013)

スレッド


ムーギー・キム (著)

著者の語り口が面白いのでそちらに目が行きがちですが、要は仕事のノウハウが書かれています。金融業界の話ではありますが、同業界を垣間見る面白さ、また業種が違っても共通する内容が書かれていると思います。

https://en.bloguru.com/tai/349670/77-2016
#book

ワオ!と言っているユーザー

Volver (2006)

スレッド


Director: Pedro Almodóvar

2014年1月に購入し、今観ました。映像が綺麗で面白いのかも知れませんが、序盤から親殺しが起こってしまい、最後まで楽しめませんでした。私としては、今後DVDを購入すべきでない要注意の監督です。
https://en.bloguru.com/tai/287377/bad-education-2004
https://en.bloguru.com/tai/195087/dvd

#movie

ワオ!と言っているユーザー

Prince2 Agile (2015)

スレッド


Stationery Office (Great Britain) (著)

まだ受験するかどうか決めていませんが、定価なら1万円を超す参考書が、中古で5分の1以下で売られていたので、思わず買ってしまいました。本の状態は良くないだろうと思っていたところ、本日早速届き、開けて見てみると、ほとんど新品の状態!良い買い物をしました…というのはまだ早いか。今勉強中の試験の目処が立ったら、次の目標にしたいと思います。
#prince2agile

ワオ!と言っているユーザー

オープンソース徹底活用ZendFrameworkによるWebアプリケーション開発 (2009)

スレッド


掌田 津耶乃 (著)

PHPのフレームワーク、Zend Frameworkの参考書です。サービスを提供するZend Technologies Ltd.の創業はイスラエルで、今はアメリカに本社を置きます。2010年11月に購入したこの本に書かれているZend Frameworkのバージョンはおそらく1で、今はバージョン3が最新です。オープンソースですが、バージョン2から、私から見れば、インストール方法が難解になりました。

Zend Frameworkの利用上の問題点は、その世界的知名度に対し、日本語の書籍が少ないことと、扱える委託会社が日本に無いことです。日本ではコンテンツ管理システムのWordPressが主流であり、委託会社は右も左もWordPressを推奨します。こちらも同様に世界的知名度があることから、利用者の増加によるセキュリティのリスクを抱えるものの、対応出来る委託会社が多く存在すること、また導入の簡便さから、結果としてコスト安になる点は見逃せません。

この参考書は旧バージョンのため、最新バージョンに使えないかも知れませんが、数少ないZend Frameworkの参考書として手元に置いておきます。
#book

ワオ!と言っているユーザー

アフターマン 人類滅亡後の地球を支配する動物世界 (2004)

スレッド


ドゥーガル・ディクソン (著)

先日書いた「フューチャー・イズ・ワイルド」の後作です。てっきりこちらが前作かと思っていました。フューチャー・イズ・ワイルドを購入した半年後、2013年8月に購入しました。こちらは袋から出してもおらず、本棚に飾っていました。

何と言っても豊富なイラストが魅力的で、CGには無い味があります。図鑑として手元に残しておきたい本です。
#book

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ