記事検索

ロサンゼルスの不動産に関するブログ

https://jp.bloguru.com/fudosanamerica

フリースペース

ロサンゼルスやオレンジカウンティーで不動産に関する相談は 加木あおいまで 是非お問い合わせください!

Home Warranty について

スレッド
家の購入時に セラーが中古物件なので Home WarrantyというMajor appliancesやプラミング、電気関係の修理を保証してくれる Home Warrantyを一年分 バイヤーに買ってくれます。 中古物件なので 家のインスペクション時には問題なくても 実際に住み始めてから不具合が見つかる場合も多々あります。 その際にこのHome Warrantyを使います。 問題があればすぐにHome Warranty会社に連絡してクレームし、 その後業者とアポを作ります。 そのため 時間がかかるのが欠点です。 水漏れなどの場合は 被害が多くならないためにも 業者が来るまで水道の元栓をきっておくことをお勧めします。 

古いアプライアンスなどある家にはお勧め。

カバー内容

* Heating, ventilation and air conditioning system (HVAC)
* Electrical System
* Plumbing System
* Water heater
* Kitchen appliances such as refrigerator, stove/oven/range, built-in dishwasher, built-in microwave, garbage disposal, built-in trash compactor
* Garage door opener
* Washer & Dryer ( additional fee)
* Coverage for pool, spas, well pumps and other items may be available for an addition fee

Call Fee($60~70)を支払うだけで 上記の内容を修理してくれますが、 Electrical Systemと Plumbing Systemは業者さんが異なるので 2 Calls fee がかかります。 しかしながら、 同じ業者さんであれば 最初にWarranty 会社にクレームすれば 2カ所でも3カ所でも 1Call feeで修理してくれます。 冷蔵庫が壊れて修理ができない場合は Warranty 会社によって金額は異なりますが、補助金がでます。 Warranty会社には細かい規定があり、 Warranty で修理できないことも ありますので ご注意ください。  Home Warranty は 電気関係やプラミング アプライアンス修理の保証であり、 保険ではありませんので たとえば 水漏れが壁のなかでおこった場合、 壁の中のパイプの修理はしてくれますが、 壁の修復はしてくれません。

いずれも 年契約になります。 Home Warrantyに関しては 銀行から義務づけられている訳ではありませんので 更新をする必要はありません。 リモデルしてアプライアンスがすべて新しいかったり、 家のコンディションがいい場合は 更新する必要はありません。 年間$300~500はしますので この費用を積み立てたら 新しい冷蔵庫や Washer & Dryerが購入できますね。 でも最近のアプライアンスはコンピュータ化されているのが多いので 新しいからとはいえ すぐに壊れることがありますが。。。。

#fudosanamerica #アメリカホーム

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ