記事検索
  • ハッシュタグ「#染色体検査」の検索結果6件

612.流産した時の胎児の染色体検査は必要か?

スレッド
612.流産した時の胎児の染色...
この検査は、非常に重要です。

結果に異常があれば、
卵に原因があり、

結果に異常がなければ、
子宮に原因がある
ことがわかるからです。

子宮に原因があるなら、
それを見つけて治療しなければ、
また流産する可能性が
非常に高いのです。
#染色体検査

ワオ!と言っているユーザー

341.流産の原因の約3~4割は卵の質以外が原因

スレッド
341.流産の原因の約3~4割...
アラフォーになり、
度重なる体外受精の結果、
お腹の子が、
やっと妊娠6週過ぎまで順調に育ったのに、
流産してしまった。

原因は卵の質が良くなかったから、
お腹の子がそこまでしか育たない
何かを持っていたからと言われた。


はたしてそうでしょうか?
流産した赤ちゃんの染色体検査をしていれば、
ほぼはっきりわかったのですが。

統計的に
染色体異常の確率は約6~7割ですので、
約3~4割は染色体正常な子、
つまり、
約3~4割は子宮環境に問題があり、
その問題を予防できていれば、
助けられた可能性があるのです。
#染色体検査

ワオ!と言っているユーザー

287. 流産したら流産内容物の染色体検査を

スレッド
287. 流産したら流産内容物...
ある病院のクリニックで不育症の検査をして、
検査に異常がないと言われたのに、
その後の妊娠で流産を繰り返された場合、

流産内容物の染色体検査を受けることをお勧めします。

自費で高価な検査ですが、
今後の赤ちゃんの命がかかっているのです。


流産内容物の染色体検査が正常だった場合、
今まで受けた検査ではわからなかった
原因があるということです。

その原因を見つけて、そのための治療をしないと、
流産を繰り返す可能性が高いということです。



#染色体検査

ワオ!と言っているユーザー

176. 夫婦の染色体検査は必要か

スレッド
176. 夫婦の染色体検査は必...
夫婦の染色体検査は、必ずしも必要ではないと考えています。

その理由は、4つあります。
1.異常が見つかっても治療はできないこと。
2.異常があっても、すべて流産するのではなく、
必然的な流産率は50%前後であること。
3.異常がなくても、偶然的な染色体異常による
流産率が10~20%あること。
4. 検査費用が高いこと。
夫婦で保険で約2万円、自費で約5万円。
(スクリーニング検査は原則自費となります。)

さらに、ご夫婦によっては、
夫婦どちらかに原因があった場合、
知らなかったほうがよかったと思われるかもしれません。
(異常発生頻度は夫婦各3%前後です。)


他方、
私は、流産したときこそ、
その悲しみのなかで、

「なぜその赤ちゃんが流産してしまったのか」 

はっきりさせるため、
流産手術のときの、

「流産絨毛(胎児組織)の染色体検査」

をしてはどうかと、お話しています。
(ただし、保険外ですから検査費用は高く、5~8万円です。)


その結果として、
流産絨毛の染色体の異常があった場合、
その異常は構造異常か数的異常かどちらかです。

構造異常ならば、
それは必然的な異常であり、
ご夫婦どちらかに染色体異常があり、
遺伝的必然的な流産であったと判断できます。

このときこそ、発生原因を特定したい場合、
ご夫婦の染色体検査をしてもいいのではないか
と思っています。

いずれにしろ、
赤ちゃんは、もらったわずかな命をまっとうした
ということになります。


数的異常ならば(多くは数的異常です)、
それは偶然的な異常であり、
ご夫婦からの遺伝によるものではありません。
偶然的な運命による流産であったのです。

ある意味、
神様、仏様が決めた運命ですから、
この場合は受け入れるしかありません。


一方、
流産絨毛の染色体の異常がなかった場合、
それは卵の異常によるものではなく、
「子宮内環境の変調による流産」 ですから、
次回妊娠前に、
原因を見つけて、
予防治療すれば、
必ず元気な赤ちゃんを抱きしめられます。

#染色体検査

ワオ!と言っているユーザー

167. 流産手術のときの染色体検査は大切です

スレッド
167. 流産手術のときの染色...
流産したとき、
あるいは、
体外受精・胚移植が失敗したとき、

「卵の異常」
によるものだから偶然です。運命です。
ですから早く忘れて、次に期待しましょう。

と言う様な説明を受けませんでしたか。


その説明は、その先生が推測しているだけなのです。


本当に、
「卵の異常」(運命的な原因)によるものか、
それ以外の
「子宮内環境の異常」(予防治療可能な原因)によるものか、
その区別は、
「流産した組織の染色体検査」
を、すればわかるのです。

流産手術のとき、
保険でできる病理検査ではなく、
保険外(約5~8万円)の
流産絨毛染色体検査を希望する必要がありますが。


その結果に異常が見つかっても治療ができないから、
検査する必要はないという意見もありますが、

染色体の異常があったら、
それは卵の問題ですから、
わずかな命を子宮内でまっとうしたという事実がわかり、
その命を心から供養できると思います。
そして、
これからの命を寛容な心で受け入れられると思います。

そうすると、
その後の妊娠への過剰な恐怖心がなくなり、
運命なら受け入れられるという
覚悟ができると思います。


一方、
検査した結果、
染色体異常がなかったら、
治療できる原因があるということですから、
妊娠前に詳しく検査して原因を見つけなければなりません。

見つけて予防治療しなければ、
また同じようなつらい結果になる可能性が高い
ということがわかったわけですから。

#染色体検査

ワオ!と言っているユーザー

32. 運命の赤ちゃんと助けられた赤ちゃん

スレッド
32. 運命の赤ちゃんと助けら...
「妊娠初期の流産は赤ちゃん側に問題があって、

生きられない命だったんですよ。」



この説明を信じますか?



実は、この説明は間違っています。





初めての妊娠の場合、

約100人中、10人の赤ちゃんが流産していますが、

そのうちの6〜7人が、

染色体異常という運命的な流産による

運命の赤ちゃんです。

しかし、残りの3〜4人は、

助けられた可能性のある赤ちゃんと考えられます。





2回以上連続した流産を経験している不育症の場合、

その後の妊娠において、

約100人中、約15〜20人の赤ちゃんが、

染色体異常という運命的な流産による

運命の赤ちゃんです。



しかし、残りの約80〜85人の赤ちゃんは、

助けられる可能性のある赤ちゃんと考えられるのです。

ただし、ご夫婦の染色体が正常の場合ですが。





このように、不育症の治療においては、

たとえ、治療が完璧であっても、

どうしても受け入れなければならない

運命というものがあるのです。



この運命により流産した赤ちゃんは、

受精してから約一ヶ月間という

本当に短い命を

まっとうしたと考えてください。



この運命の赤ちゃんだったのか、

あるいは、

助けられた赤ちゃんだったのかは、

流産された時に、

流産した赤ちゃんの組織による

染色体検査をすれば、はっきりわかります。
#染色体検査

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ