記事検索

天満の禁煙立ち呑み 『酒の奥田』

スレッド
天満の禁煙立ち呑み 『酒の奥田...
天満駅の近く、立ち呑みストリート、飲み屋の激戦地の中央にある店。

  立ち呑み 『酒の奥田』  大阪市北区天神橋4

コの字のカウンター、大型の立ち呑み屋、いわゆる大バコ店。

酒もアテも安くて旨い、いつも賑わっているこの辺りでは超人気店。
 (反対側は入り口が別にある串カツがメインの店と隣接している。)

大瓶ビール・生中350円、 日本酒(上撰200ml)250円、 焼酎250円〜、
串カツは一本50円から、 おでんも一個50円からと、とにかく安い。

【ここの店の特徴は】
★ 大阪の飲み屋では珍しい、『禁煙』
★ 『携帯電話使用禁止』
★ 酔って大声出せば、『出入り禁止』

【確かに酒も料理も安いし美味しいかったのですが、
 串カツのソース(一度づけ)が薄すぎて参りました、誰かが酔って水を入れた様な、
 大阪にあってこんな薄いソースに出会ったのは初めてです。】
#グルメ #レストラン #バー

ワオ!と言っているユーザー

天満の老舗角打ち 『稲田酒店』

スレッド
天満の老舗角打ち 『稲田酒店』
堀内酒店より少し天五中崎商店街を奥に入ったところにある店。

下町の風情を残す、大阪では老舗の酒屋、角打ちも古い。

  『稲田酒店』  大阪北区浪花町6

ここもやはり常連さんでいっぱいの店。

堀内酒店よりは入り易い雰囲気、人の良さそうなご主人と、女将さんらしき方を入れて、
女性3名で切り盛りしている。

日本酒と焼酎の品揃えは素晴らしい、さすが老舗の酒屋さん。

年代物の看板が素晴らしい、『白鶴・日本盛・多聞』 の3銘柄の看板は値打ち物。
アサヒビールの古い看板も値打ち物です。

アテの料理も豊富です、一押しの「湯豆腐」はとろろ昆布に、おでんの出汁入り。

【このお店、角打ち店には珍しく、いつも生け花がいっぱいです(来店2回目です)、
 クラブに花を卸している常連さんが持って来てくれるとか、高級角打ち店に感じます。】
#グルメ #レストラン #バー

ワオ!と言っているユーザー

天満の角打ち 『堀内酒店』

スレッド
天満の角打ち 『堀内酒店』
天満の天五中崎商店街にある酒屋さん。

  『堀内酒店』  大阪北区浪花町

暖簾の位置が低いため、店の中が見えにくい。

角打ちの中でも敷居の高い店に思える、入り難い。

まだ5時前、明るい、勇気を出して入ってみる。

マスターと常連らしい客が3名、店の雰囲気は昭和のレトロ。

マスター、頑固で気難しそう、テーブル席の方に立つ。

酒と料理を注文する、テーブル席にいた常連さんが声を掛けてくれる。

そこで一気に和み、マドンナの独特な話術でマスターも笑顔、楽しく盛り上がる。

テーブル席の常連Nさん、毎日この店で一升の酒を飲むとか、20本単位で日本酒をキープしているらしい、家に帰っても更に呑むと言う、実に恐ろしい豪傑がいたものです。

【神戸には無い、味のある店と見ました、再訪を約束し店を出る。】
#グルメ #レストラン #バー

ワオ!と言っているユーザー

『待久寿(まっくす)東山店』 久し振りのお昼

スレッド
『待久寿(まっくす)東山店』 ...
先日、『まっくす』 さんのクリームコロッケが食べたくてマドンナと行ってきました。

マドンナ、新開地の駅を降りたら、「みそカツ食べたい!みそカツ食べたい!」 と、
『まっくす』 さんに着くまで何度言った事か。

マドンナ 【みそカツ定食】 念願叶う!
おいさん 【Aランチ定食(クリームコロッケ・ビフカツ・オムレツ)】(写真)

出来上がるまでの、生ビールとサービスの名物料理 「鶏キモ煮込み」 最高に旨い!

★クリームコロッケは初めていただきましたが、クリームコロッケのイメージが、
 変わりました、美味しいとは聞いていましたが、想像を絶する旨さでした。

★ビフカツ・みそカツ・オムレツどれも美味しい、 全メニューを制覇するのは・・・?

★もう一つ驚いたのが 【ごはん】、ごはん大好きおいさんは、味にうるさいのですが、
 こんな美味しいごはんを食べたのは久し振り、家のごはんが食べれなくなる・・・

【マスター、エミリさん美味しかったです、ご馳走さんでした。】
#グルメ #レストラン #バー

ワオ!と言っているユーザー

天満のユニーク酒店 『西海酒販』

スレッド
天満のユニーク酒店 『西海酒販...
JR天満駅から南へ約3分、目的のお店はありました。

  『西海酒販』  BLUE WAYER (青い海原)    大阪市北区与力町
                10時〜21時  土・日・祝は休み

オーナーであり店長の リカーアドバイザー西海克彦さん、明るく気さくでユニークな方。
何がユニークかと言えば、ダイビングのインストラクターでもあります。

2Fで店長のダイビングスクールをはじめ、貸し教室として色々な講座を開催しています。
また第3土曜日は外国人英語講師を囲み、お酒を飲みながら英会話を楽しむ会を設けています。
1Fは 『立ち呑みBAR』 を営業
店長こだわりの地酒が揃ってます、アテは名物料理 「どて焼き」 などが豊富です。

お酒の知識の凄さ、日本酒好きで各地の蔵を渡り歩き、今も蔵行脚を続けています。

【この日は灘の地酒、泉正宗の 「仙介」 をいただきました、いつ呑んでも旨い酒です】
#グルメ #レストラン #バー

ワオ!と言っているユーザー

山口にこんな銘酒が 『貴』

スレッド
山口にこんな銘酒が 『貴』
「男山」 の流れを汲む蔵、 「男山」 を主銘柄とする蔵。

『男山』 という名称は、京都の石清水八幡の男山に、由来すると言われています。
「男山」 の蔵はもともと大阪の 「伊丹(伊丹の酒)」 にあったが、
蔵の廃業に伴い全国に 「男山」 の名前がのれん別れという形で広がったものです。

 『貴(たか) 特別純米直汲 無濾過生原酒』   永山本家酒造場  山口県宇部市
                   使用米: (麹)山田錦 (掛)八反錦  
                   精米歩合: 60%   日本酒度: +5
                   酸度: 1.6   アルコール度数: 17.5度
                   蔵杜氏: 永山貴博

【直汲み(じかぐみ)】
★ 搾りあがったばかりの酒を即、瓶詰めにしたもの、まだ醗酵してます。

年間生産量は350石(70kl)、一升瓶で3.8万本の小さな蔵です。
『酒造りは米作りから!』 と言う思いを持って酒造りをしてる蔵です。

【試飲評価】
★産まれたばかりの酒特有のガスをそのまま封じ込めた、ぴちぴち感が凄い!
 濃く、旨味たっぷり、吟醸香が心地よく滑らかな酒。
 山口も良い酒があります!
#グルメ #レストラン #バー

ワオ!と言っているユーザー

飛んで喜ぶ酒 『飛露喜』

スレッド
飛んで喜ぶ酒 『飛露喜』

飛(とぶ) 露(つゆ) 喜(よろこぶ) 【喜びの露(酒)ほとばしる】

   『飛露喜 特別純米 生詰』  福島県河沼郡  廣木酒造本店
             使用米: 山田錦・五百万石    精米歩合: 50%・55%
             日本酒度: +3    酸度: 1.6   アミノ酸: 1.3 
             アルコール度数: 16.8度   蔵杜氏: 9代目 廣木健司

★蔵は江戸中期創業だが、『飛露喜』 は1999年に突然に現れた、11年目の酒。
 若き酒造家により醸される豊潤旨口の酒です。

 【第二の十四代と言われてる。】

 【究極の食中酒と言われてる。】

 【またたくまに、地酒ファンの間で噂になる。】

【試飲評価】 (公園前世界長でいただきました)
★この特別純米は定番商品ですが、旨味・酸味のきいた心地良さと、
 キレが抜群の辛口タイプ。
 おいさんの好きな、五大酒蔵の一つです。



#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

大阪の角打ち名店 『岡室酒店』

スレッド
大阪の角打ち名店 『岡室酒店』
『京橋駅』 京阪本線・大阪環状線・JR東西線・地下鉄鶴見緑地線と、
4本の鉄道が集まる、大阪市内でも特に賑やかな街です。

その京橋で一番の人気を誇っている、酒店さんの立ち呑み処に行ってきました。

京橋駅のすぐ北、国道1号線沿いに面した場所にその店はありました。

  『岡室酒店』  大阪市都島区東野田

午後の2時30分からの開店直後に入りましたが、
すでに3人のお客さんがカウンターで呑んでいました。

初心者ですので遠慮してテーブル席の方に・・・そして恐る恐る注文する。
【角打ちに慣れてても、初めての店は緊張するし気を使うもの、
 それがまた角打ちの醍醐味、楽しみなのです。】

マスター、最初はちょっと怖い感じだったが、話しやすく優しい方でした。
お客さんも皆さん常連さん、気さくに声を掛けていただきました。

★【料理は豊富で美味しくて安い、お酒も酒屋さんなのでバランスよく揃ってる。】
★【ここのトイレが、ある事でユニークで評判なのです? 次回のブログで・・・  】
#グルメ #レストラン #バー

ワオ!と言っているユーザー

『蔓無源氏』 という名の 『芋』

スレッド
『蔓無源氏』 という名の 『芋...
『蔓無源氏(つるなしげんぢ)』 という品種の芋を使用して造った芋焼酎。

  『大正の一滴 蔓無源氏 原酒』   国分酒造  鹿児島県霧島市国分
                   使用芋: 蔓無源氏87% コガネセンガン13%
                   使用麹: 米麹 黒麹  アルコール度数: 37度

21年1月14日から瓶詰め開始、年1回の限定販売、今回で3回目の発売。

【蔓無源氏とは?】
★100年前の食用芋の品種、源氏種の突然変異として発見される、
 とても甘い芋で、蔓が短いので 『蔓無(つるなし)』 といわれる。
 澱粉歩留まりが高い、現在ではほぼ絶滅しかけていたが、最近栽培再開される。

【試飲評価】 (公園前世界長にて)
★芋自体甘味が強く、その流れで甘味をかなり感じるが、
 コクと旨味のある味に仕上がってる。
 原酒(37度)だけに度数と味も濃いが、濃さを感じさせない。

【国分酒造の主製品】
★『芋麹 芋』  『純芋 醸酎』  『さつま国分』  『大正の一滴』
                  
#グルメ #レストラン #バー

ワオ!と言っているユーザー

秘密の県民酒 『風の森』

スレッド
秘密の県民酒 『風の森』
秘密の県民酒と言われる、「県外の人には教えたくない酒」 と地元の人は言う。
知る人ぞ知る酒、数ある 『奈良の酒』 の中の銘酒。

いつもの 「公園前」 にあった! 出会ったのは酒人生で2回目、呑むしかない!

『風の森 純米(真中採り) 無濾過無加水』  油長(ゆうちょう)酒造  奈良県御所市
        【享保4年1719年創業 約300年の歴史の蔵】
                    使用米: 奈良県産秋津穂   精米歩合: 65%
                    日本酒度: +4   酸度: 1.8
                    アミノ酸: 1.8   アルコール度数: 17度

【試飲評価】
★爽やかでフレッシュな香り、旨味、酸、切れ、バランスが素晴らしい。

【真中(まなか)採りとは?】
★最初に垂れてくる 「あらばしり」 と後半部分の 「攻め」 の部分を大幅にカットして、
 最適な部分のみを瓶詰めにした酒です。

【他にもある奈良県産の銘酒】
★奈良の酒は個性のある酒が多く、「梅乃宿」 「豊祝」 「春鹿」 「初霞」 「やたがらす」
 どれをとっても素晴らしい味を醸す、おいさんの好きな酒です。
#グルメ #レストラン #バー

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
    現在 1231/1260 ページ
  1. <<
  2. <
  3. 1225
  4. 1226
  5. 1227
  6. 1228
  7. 1229
  8. 1230
  9. 1231
  10. 1232
  11. 1233
  12. 1234
  13. 1235
  14. >
  15. >>