記事検索

23.冷え症と不育症の密接な関係

スレッド
23.冷え症と不育症の密接な関...
不育症の患者さんの多くが手足の冷えを訴えられています。
また、頑固な肩こりや肌荒れも同時によく訴えられます。

時には、朝が何か憂うつで、
夜には元気になってくるということも言われます。


そのような場合、
(潜在性)甲状腺機能低下症が疑われます。

甲状腺機能は物質代謝を促す(新陳代謝を良くする)
という重要な働きを担っています。

しかし、その機能低下があったとしても、
上記のような、
ある意味、だれにでも多少ありそうな症状のため、
その異常は見逃されやすいのです。


この病気は、加齢とともにその頻度は増加し、
女性に多く出現しています。
潜在性甲状腺機能低下の頻度は、約4〜8%
と報告されています。


甲状腺機能低下は、
子宮内の新陳代謝の低下でもありますので、
不妊症のみならず、
不育症の大きな原因のひとつなのです。

子 宮 が 冷 え て い る とイメージしてみてください。

子宮内の赤ちゃんには決して良くありません。


さらに、重要なポイントは、
妊娠初期(12週まで)の母体の甲状腺機能低下は
潜在性であっても、

児 の 知 能 低 下 

と関連していることが、
1999年の世界で最も権威のある医学誌
(N Engl J Med 1999; 341: 549-555)
に報告されて以来、
全妊婦を対象にスクリーニング検査すべきか否か
について、現在も、議論されているという点です。

2002年に発表された米国産婦人科学会のガイドラインと、
2007年に発表された北米内分泌学会のガイドラインでは、

症 状 (冷 え 症 等) や

既 往 症 がある妊婦さんに限って
甲状腺機能スクリーニングを行うことを勧めています。


不妊症あるいは不育症の患者さんであれば、
一般の婦人に比べて、甲状腺機能低下の頻度は高いので、

潜在性も含めて、

精査と治療が必要と思います。


また、ご本人の脳の新陳代謝にも影響していますので、

甲状腺機能低下と気分障害(不安、抑うつ等)との

密接な関係は、以前より指摘されています。
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。