記事検索

フリースペース

  

ブログスレッド

  • nasal wash

nasal wash

スレッド
6/11/2019







気になっていたNasal Wash(鼻洗浄)を少し前から始めている。
最近やたらと紹介されている電動式(?)のものではなく、squeeze式のものだ。値段とレビューで決めた。CMのやつは$89だか$99だかの高額なので断念。そんなにお金をかける気はない。

どんな仕組みなのか実際に使うまでわからなかったのだが、なるほどこれは優れモノ。容器を軽く押すだけでどんどん鼻の奥まで自然に入っていく。しかも生食(生理食塩水)なので当然のことながら痛みなど全くない。理屈ではわかっていたが、わかっていなかった、いやはや感動。こんなに簡単に鼻の奥まで洗い流せるのならもっと早く試してみるべきだった。

このところ、アレルギー症状が酷い。以前入れたアプリによると、今飛散している主な花粉はMulberry, Hickory らしい。Mulberryはクワ科、Hickoryはクルミ科。どの木だ???皆目見当がつかないが、外へ出ると症状が酷くなるので思い切り吸い込んでいるのだと思うし、衣服にも付着しているのだろう。

犬たちと散歩へいく時には鼻マスクをしている。
Instagramに広告が出る前の頃、わたしのフォローしている方のコメントで紹介されていて思わず買ってしまった。今考えると、あれはただの広告(サクラ)だったのだと思う。まんまと引っかかってしまった。がっくし。
でもせっかく買ったので(しかもご丁寧に替えのフィルターも数箱購入した愚か者)、風が強い日などに使っている。昨日はこれを使って大正解だった。鼻洗浄をしてから鼻マスクを装着。完璧です。


昔はアレルギーなんてなかったのだが、、、一体いつから始まっちゃったんだろう?考えてみると、結婚以前はなかったと思う。オペ室勤務が始まって3年目くらいか?周囲がぼんやりと白く感じることがあった。目に痒みや涙などもなかったけれど、視界が悪い。薄い膜を張ったような感じ。あれが一番最初だったような。
あれからかれこれ四半世紀。わたしのアレルギーは徐々に酷くなっていき、特に春は最悪。秋はまだマシだがそれでも症状が出る。

24時間作用の抗アレルギー剤のお世話になってから何年も経つ。酷い時には速攻作用の薬も併用せざるを得ず、おまけに鼻スプレーも使っている。薬漬けだ。
鼻洗浄を続けると、ゆくゆくは薬が要らなくなるのではないかと期待。
そうなってくれると嬉しいのだが。


そういうわけで我が家ではティッシュは必需品で、鼻をかむ時に優しいタッチ(笑)の「ローション入り」というやつを使っている(厳密に考えると、このローションとやらがアレルゲンになってやしないか?という危惧もあるが)。普通のティッシュだと鼻の周りが赤くなってしまうので。

日本に帰ると毎回ティッシュの安さに驚いてしまうのだが、この優しいタッチ系ティッシュは高級品らしく普通のティッシュの値段とは雲泥の差(ちと大袈裟)。以前、それを買ったら姪っ子に「超贅沢〜!!」と歓喜されたっけ。

マイティッシュ、今回は持って帰ろうかな。。。笑









#日記

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ