記事検索

Tai: Diary

https://jp.bloguru.com/tai
  • ハッシュタグ「#book」の検索結果213件

0円で会社を買って、死ぬまで年収1000万円 個人でできる「事業買収」入門 (2019)

スレッド

奥村聡 (著)

以前にも似たような本を読みましたが、全然ピンとこないですね。自分に合わないのだと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則 (2019)

スレッド

レイ・ダリオ (著), 斎藤 聖美 (翻訳)

3分の1が、著者本人の人生の回想録。3分の2が、著者の会社における、仕事の原則について書かれています。

本の購入者の大部分は、仕事の原則に興味があるのではないかと思います。私は、著者の回想録が興味深かったです。これまで読んだ事のあるアメリカ人の自伝は、綺麗事が多い感じがしましたが、この著者は、良くも悪くも本音を書いている気がしました。

仕事の原則のほうは、この通りに行動する事で、著者の会社は成功しているのだと思いますが、私には堅苦しく、合わないと思いました。読むのがしんどくて、飛ばし読みです。
#book

ワオ!と言っているユーザー

リーマン・ショック・コンフィデンシャル(下) 倒れゆくウォール街の巨人 (2010)

スレッド

アンドリュー・ロス・ソーキン (著), 加賀山卓朗 (翻訳)

分厚い本ですが、面白かったです。Bloombergなどで見かける、現役の人達が出てきます。登場人物がとても多いのが難点。巻末に登場人物リストがあり、それを参照しながら読む形になります。

https://en.bloguru.com/tai/399575/2010
#book

ワオ!と言っているユーザー

オープンデザイン ―参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」 (2013)

スレッド

Bas Van Abel (著), Lucas Evers (著, 編集), Roel Klaassen (著, 編集)

大学の授業のような本です。オランダのDroog Designの話などが掲載されており、懐かしくもあります。

学問に留まり、収益化の方法が見えません。最近、この手の本または業界に、かなり疑念を持ちます。
#book

ワオ!と言っているユーザー

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる あらゆる領収書は経費で落とせる (2013)

スレッド

大村大次郎 (著)

何度か読んだのですが、雑多な税金還付の手段が書かれているだけで、実戦には使い難い印象を受けました。

https://en.bloguru.com/tai/394064/2017
https://en.bloguru.com/tai/366245/2015
https://en.bloguru.com/tai/390054/2009
#book

ワオ!と言っているユーザー

ブッダ (1972~1983)

スレッド

手塚 治虫 (著)

先月末、久しぶりに本をまとめ買いしたのですが、後から、すべてインド関連の本だと気付きました。これはその内のひとつです。小学校の図書室にあったのではないかと思います。一部だけ読んだことがあり、記憶にありました。

すべてが史実に基づいているのか分かりませんが、始まりが、国や家族を捨てた点が、価値観の別れるところだと思います。しかし、悲惨な時代だったのだろうとも思います。インドは高温多湿で、災害が多く、加えて差別と貧困があります。日本で住むのも、それなりに大変だと思いますが、インドとは比較にならない感じがします。宗教というか、哲学が、生まれるべくして生まれたのだと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

会社を辞めずに朝晩30分からはじめる起業 (2017)

スレッド

新井 一 (著)

コロナ禍の深刻化により、GW前から、ジムやプール、運動競技場、あらゆる運動施設が休館してしまいました。先週12日から再開し、ほっとしています。自転車に乗りながらの読書も再開しました。

この著者の本は、何冊か読みました。「自分の得意なものは何か」とか、考えさせられる箇所があります。役立つと思います。

https://en.bloguru.com/tai/386780/30-2016
https://en.bloguru.com/tai/386606/5-2018
#book

ワオ!と言っているユーザー

リーマン・ショック・コンフィデンシャル (2010)

スレッド

アンドリュー・ロス・ソーキン (著), 加賀山卓朗 (翻訳)

長年値段が下がらなかったのですが、装丁が変わったせいか、最近安くなっており、購入しました。結構な分厚さの本で、且つ上下巻あります。上巻を読んでいるところです。

LTCMの倒産から10年後の話。以前にレビューを書いた本とは、著作者も登場人物も異なりますが、ノンフィクションであり、シリーズ物のように楽しめます。Amazonのレビューにありましたが、登場人物が多く、確かに分かりにくい。冒頭に、登場人物紹介があれば良かったかも知れません。

https://en.bloguru.com/tai/335238/ltcm-2005
https://en.bloguru.com/tai/352720/ltcm-2001
#book

ワオ!と言っているユーザー

株式投資これだけはやってはいけない (2006)

スレッド

東保 裕之 (著)

株の売買のノウハウが書かれた本です。無駄がなく、役立つと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

企業力UP 優れたCSRのつくり方 (2012)

スレッド

弁護士法人 飛翔法律事務所 (編集)

2017年だったと思いますが、大阪のセミナーに参加した時に、その著者から頂いた本です。CSRとは、Corporate social responsibility、企業の社会的責任を指すようです。今流行りのSDGsに近いのではと思います。企業アピールの一種であり、それ以上でも以下でもない感じがします。また、私にはあまり関係ないかな。

https://en.bloguru.com/tai/381062/sdgsesg-2019
#book

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ