記事検索

Tai - Diary

https://jp.bloguru.com/tai
  • ハッシュタグ「#book」の検索結果148件

投資バカの思考法 (2015)

スレッド

藤野 英人 (著)

この本は、投資にも自己啓発にも不十分で、中身スカスカでした。
#book

ワオ!と言っているユーザー

確定拠出年金の教科書 (2016)

スレッド

山崎 元 (著)

確定拠出年金について、分かり易く説明された本です。著者はこの1年後にも確定拠出年金の本を出版しており、そちらの方がページ数が少なく、より実践的な内容になっていると思います。私は後年の本をお勧めします。
#book

ワオ!と言っているユーザー

REIT(不動産投資信託)まるわかり! 徹底活用術 (2018)

スレッド

日本経済新聞出版社 (編集)

Jリートの好景気にあやかって、急いで作られた感のある雑誌です。Jリートが関わる不動産物件の説明や、法人のリストが連ねられています。「どの法人に投資するか」の観点で書かれていますが、そもそもJリート法人は40〜50社と少なく、分散投資の観点から、投資信託が最善なのは言うまでもありません。
#book

ワオ!と言っているユーザー

カルロス・ゴーン経営を語る (2003)

スレッド

カルロス・ゴーン (著), フィリップ・リエス (著)

2013年5月に購入。434ページと分厚い本なので、ざっと読んだまでですが、ゴーン氏の生い立ちとキャリアの回想録です。

ゴーン氏は波乱万丈ですが、幼少の頃から多言語を操り、他国へ留学するだけの資金的余裕があり、良い成績を収めており、才能豊か、且つ恵まれた人物なのが伺えます。会社に尽くす姿勢に感銘を受けつつも、ナンバー2では満足できない、地位に飢えた人なのに少し驚きました。それでも、洞察力や手腕には目を見張るものがあります。

日産とルノーの統合当時の関係は、両者とも将来が見えず、協力を要請できる他社もいない中、互いがベストマッチとの結論に至ったとの事。大きな賭けに出、2年で黒字転換。大成功を収めたと書かれています。今の2社の関係は、フランスと日本の確執のごとく取り沙汰されており、大分変わってしまいました。
#book

ワオ!と言っているユーザー

起業1年目の教科書 (2015)

スレッド

今井 孝 (著)

出来る事から少しずつ始めましょう、という方針で、各テーマの末尾にポイントが書かれており、自己啓発本の印象を強く受けました。ざっと読みましたが、起業のノウハウが書かれているように思えず、役立つか分かりません。
#book

ワオ!と言っているユーザー

税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (2015)

スレッド

大村 大次郎 (著)

税対策のノウハウが書かれています。昨年は数多くの投資の本を読みましたが、この本は株や債券には触れておらず、年金・ふるさと納税・定期預金・不動産・生命保険など、良く聞くものについて書かれています。焦点が投資でなく税対策、しかし共に目的は資産形成であり、勉強になります。
#book

ワオ!と言っているユーザー

一生、同じ会社で働きますか? (2017)

スレッド

山崎 元 (著)

会社と社員の力関係、会社の選び方、転職の作法、採用側の視点などが書かれています。著者はこの本でも、明確な理由の元、資格は無価値と説いているのが残念でした。転職の予定はありませんが、12回転職した著者のノウハウが詰まっており、非常に参考になります。
#book

ワオ!と言っているユーザー

普通の女子がフリーランスで年収1000万円稼ぐ本 「好き」を「お金」に変える夢のワクワク・ライフ (2017)

スレッド

鈴木 絢子 (著)

フリーランスの中でも、主にライターの話で進んでいきます。つい先日、同職で辛酸を舐めさせられてきた方の本を読んだばかりなので、著者の経営は不安定な事が想像出来ます。

そもそもフリーランスの立場で、タイトルの年収を維持するのは大変だと思います。寧ろリスクの大きさに懸念があります。投資信託で例えるならば、会社員は「先進国債券」、フリーランスは「新興国株式」だと思います。一方、フリーランスに焦点を当てた本ではありますが、数字だけを見れば、会社員でも不可能ではないと思います。

自己啓発の側面で参考になる点がありましたが、過去にこのブログでレビューした自己啓発本の内容を超えるものではありませんでした。

最後のほうで、一部複利や不動産投資について書かれていましたが、参考になるレベルではありません。

著者が資格を重視していたのは嬉しかったです。
#book

ワオ!と言っているユーザー

フリーランス、40歳の壁――自由業者は、どうして40歳から仕事が減るのか? (2018)

スレッド

竹熊 健太郎 (著)

ユーモアがあり楽しく読めましたが、主に著者のフリーランスとしてのキャリアの回想録であり、フリーランスになるための指南書ではありません。タイトルの40歳は、まずこのテーマありきで本を書かれただけで、統計ではありません。

フリーランスとホームレスが紙一重という考え方をはじめ、経験に基づいた考察が綴られています。とは言え、序章を読めば十分で、本章は冗長に流れます。
#book

ワオ!と言っているユーザー

ずっとやりたかったことを、やりなさい。 (2001)

スレッド

ジュリア キャメロン (著)

タイトルに偽りありかと思います。クリエイティブな事を考えて実行するための思考トレーニングの本です。今の生活水準を維持し、好きな事をやるための指南書だと思って買いましたが、そんな事は書かれていませんでした。本の状態は良いのですが、これ以上読み進める事は無いかと思います。
#book

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ