記事検索

ボンビーでもしあわせのカタチはあります

https://jp.bloguru.com/hitparadeclub

フリースペース

Since July 18, 2015

 

「機能性ディスペプシア」の診察へ・ランチも半分ぐらいしか食べられません。

スレッド
すぐ胃もたれ、食べられない。内... すぐ胃もたれ、食べられない。内視鏡・MRI・全身癌スクリーニング、超音波検査・血圧脈波・・・・どこも悪くないのに・・・ (飽食のイメージ)こんなにご馳... (飽食のイメージ)こんなにご馳走は食べていませんよ。

以前は、「神経性胃炎」や「ストレス性胃炎」といわれたり、慢性的な炎症がないにもかかわらず「慢性胃炎」と診断されたりしていました。
なんと、こういうことなんです。困りました。
 
機能性ディスペプシアは、胃の痛みや不快感などの症状があるにもかかわらず、医師が行う上部消化管検査(一般的には胃カメラ検査)などの検査で何も異常が見つからない場合に診断される疾患です。
 
つまり、患者は胃が不快であると感じるが、医師が検査しても具体的な病気が見つからないという状況です。この状態は一般的に「機能性ディスペプシア」と呼ばれ、その略称として "FD" という言葉が使われます。
 
 

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
ハッピー
悲しい
びっくり