記事検索

フリースペース

アクセスカウンター Since July 18, 2015 にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村

珈琲が旨かったとか、いい人に出会ったとか・・・小さな出来事にも幸せを感じて、本を読んだり、野菜を作ったり、音楽を聴いたり・・・・つつましいけど心豊かな暮らしを目指したい。
 「爺さん」に近いのに「ボンビー父さん」と名乗っています。年金はまだ満額でていませんが、夫婦ふたりで月14万2310円のつつましい暮らし。年収1000万円からの転落人生。たどり着けるか、「林の中の粗末なカントリーハウス」での動物に囲まれたあったかい暮らし。

1.教えてあげましょうメール 2.著作権の侵害を指摘するメール
ボンビー父さんへのメール byasa462@svk.jp
いわゆる「捨てメール」です。多忙のため返事はできないことが多いです。著作権の侵害については真摯に対応します。★MR職人さん、いつも訪問ありがとうございます。

捨てられる寸前のジャンクが、アートとしてよみがえってきた

スレッド
レトロを通り越したゴミ寸前のも...
レトロを通り越したゴミ寸前のものです。
ボンビー父さんのところに来た人が、古い時計とかこんなものが多肉植物に似合うとか言っていました。しかしこれは激しくゴミです。それでもいい!という方に差し上げます。と書いたら、下の写真のようになって戻ってきた。

ええっ! あの「激しくゴミ寸前...
ええっ! あの「激しくゴミ寸前」のやかんが、こんなになったのですか。ボロボロ鉄鍋もフルーツを入れたら見違えるようにオシャレになったとか。

どうしようもないゴミ「ランプ」...
どうしようもないゴミ「ランプ」10個ぐらいです。ゴミなら出すな!と叱られそうですが、それでもいいという方に差し上げます。
見てキャンセルしても結構です。悪い評価はつけません。子どもだましのようなものもあります。
取りに来た人がこれは置いておきますといった右のカンテラのようなものが変身していますね。

壊れた時計も持っていってもらい...
壊れた時計も持っていってもらいましたが、カンテラと多肉植物の組み合わせで、すごいアートになりました。

屋根の赤い部分を、ジャンク風に...
屋根の赤い部分を、ジャンク風に塗りなおしたのですね。たったそれだけで、イメージがガラリと変わります。

板を張り付けて、アンティーク風... 板を張り付けて、アンティーク風にペイントしたら、アートになるかもしれません。

数時間で、こんな風になりました...
数時間で、こんな風になりました。古いだけだ取り柄の私のジャンク品がアートになって戻ってきました。


役目を終えると廃棄され、見捨てられる多くの制作物。

しかし、センスのある人の手が加わると「アート」という、ゴミの対極的なものに変身する。

これを見ていると降り積もった「時間」を想像する。人間の歴史も、家族の出来事も記憶しているに違いない。

時間は取り戻せない。

モノは朽ちてゆき、滅びてゆくが、あなたの手によってアートとしてよみがえる。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ