記事検索

翻訳・広告代理店Ru Communications LLC便り

https://jp.bloguru.com/RuCommunications
  • ハッシュタグ「#アダプション」の検索結果4件

なぜカリフォルニア州は大規模繁殖施設を撲滅したいのか★ペット特集の裏話4

スレッド
アカラスダニに全身を噛まれた繁... アカラスダニに全身を噛まれた繁殖犬。ペット里親会さんによりレスキューされた後、体を洗ってもらい、薬をつけてもらい完治しました。 アカラスダニに寄生され、全身の... アカラスダニに寄生され、全身の毛がなくなってしまったトイマンチェスターテリア。救出が一歩遅く…やっと体を洗ってもらえたのに、この後すぐに亡くなってしまったそうです。これが皆が喜んで買う純血種犬の、母親の姿です。
アメリカのペットショップ「ad... アメリカのペットショップ「adopt & shop」。ペットショップですが、中にいるのはレスキューされた動物のみです。





「ペット特集の裏話1」と「裏話2」「裏話3」の続きです。多忙につき、前回から随分間が空いてしまいました!

前回、どうしてカリフォルニア州は法律を作ってまで、大規模繁殖施設を撲滅したいのか?という疑問について書いてきました。その答えは、レスキュー団体「ペット里親会」さんへの取材から、痛いほどに見えてきました。

「どうしても、残酷になるのです」と、ペット里親会代表の上杉さんはおっしゃいます。

「餌は安物、不衛生な環境は当たり前。“繁殖犬””繁殖猫”は小さな檻に閉じ込められたまま、散歩に連れていかれることもなく一生を終えます。病気になっても病院になんて連れて行きませんよ。代わりの犬猫はいくらでもいるのです」。

レスキューに行く先々で、上杉さんは悲惨な状況を見てきました。上杉さんが送ってくださったビデオの中には、檻の中で死んで硬直している猫がいました。ボランティアスタッフさんがこの猫を抱きあげて、何度も何度も撫でてあげています。

・ペット里親会さんのウェブサイト https://www.petsatooyakai.com/

アカラズダニに全身を噛まれたまま、不衛生な小さい檻の中に閉じ込められ、毛が抜けてしまった犬の写真もいくつも見せていただきました。薬をつければ完治するのに、多くのブリーダーは薬など与えません。気が狂いそうな痒さの中、不潔なケージの中から逃げ出すことはできません。

「まともなブリーダーなんて、これまで一握りしかいませんでした。どれだけ手間とお金をかけずにお金を儲けるか、そればかり」。悲しくなるほどの現場を見続けた上杉さんはおっしゃいます。そう、カリフォルニア州は、このような現状を変えるために、大規模繁殖施設の撲滅を目指しているのです。

ペット里親会さんによりレスキューされた繁殖犬は、生まれて初めて太陽の光を浴び、外を歩き、人間になでてもらい、愛してもらう生活を始めることができます。しかしペット里親会さんは病気の犬や老犬など、保健所に連れて行けば即殺処分になってしまう犬猫を優先的にレスキューしているため、医療費の問題が重くのしかかっています。ペット里親会さんのウェブサイトを見られて、もし心が動かされたら、寄付、あるいは里親になるということで、誰もが小さな命を守ることができます。

最後に、上杉さんはこんな言葉でお話を締めくくられました。

「小さいチワワが欲しい!かわいいプードルが欲しい!と考える飼い主さんも、犬猫を不幸にする共犯者だと私は思います」。結局、強いニーズがある限り、残忍な繁殖施設は減らないからです。

私は日本でも早く、純血種の犬猫が珍しい時代が来たら、と心から願います。
そんなこと実現する?と思うかもしれません。
でも実際にアメリカではそれが実現しています。
こんなに豊かな、世界で一番お金持ちの国なのに、ほとんどの人が雑種の犬猫を飼っているのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロサンゼルスの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
https://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#里親 #アダプション #ペット #安楽死

ワオ!と言っているユーザー

ペットショップでの犬猫販売禁止の目的は?★ペット特集の裏話3

スレッド
シェルターの前にある看板。「A... シェルターの前にある看板。「Adapt your new best friend here!」
前回と前々回の続きです。

裏話1で、2019年1月からカリフォルニア州で施行される新しい法律について少し書きました。この法律により、カリフォルニア州のペットショップでは犬猫兎が販売できなくなります(ちなみにカリフォルニア1州だけで、日本よりも大きい面積になります)。

「えー、純血種の犬が飼いたいのに」と思う人もいるかもしれません。

しかし純血種の動物の大規模繁殖を行う、いわゆるパピーミルやキトンファクトリーが多ければ多いほど、殺処分率も上がってしまうのが現状です。動物は自然増もあり、殺処分数が増える中でさらに動物を増やすこと自体が問題なのです。また、悲しいことですが"ブランドの動物”をまさに”ブランドのバッグ”のように購入し、飽きたら捨ててしまうような人も、一部ですが存在します。

この新しい法律の最大の目的はパピーミルやキトンファクトリーの撲滅です。カリフォルニア州はなぜ法律を作ってまで繁殖施設を減らしたいのでしょうか。その理由を、レスキュー団体「ペット里親会」さん https://www.petsatooyakai.com/ のお話を通してご紹介します――が、今日は仕事が山積みで…また明日にします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロサンゼルスの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
https://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#殺処分 #里親 #アダプション #ロサンゼルスのライター #ロサンゼルスの広告代理店 #ロサンゼルスの編集プロダクション #アメリカ #広告

ワオ!と言っているユーザー

扉の白い子★ペット特集の裏話2

スレッド
扉の白い子★ペット特集の裏話2
このひとつ前の「ペット特集の裏話1」で、アメリカの日系情報誌『ライトハウス』でペットに関する記事を書かせていただいたと書きました。

上の写真が特集の扉ページですが、この白い子、かわいいでしょう?

シェルターを訪れたとき、この子が「わー、待ってたよお、早くここから連れ出して!」という表情で近づいてきました。本当、天使みたいにかわいい子でした!

本当は連れて帰りたい、この子だけじゃなくて、みんな。でも我が家は住宅の契約上2匹までしか飼えず、昨年、その2匹目になるお婆ちゃん犬を引き取ってしまったのです。

この子にもしピンと来たら、どうぞもう待たないで、迎えにいってあげてください!
ロサンゼルスのイーストバリーシェルターであなたを待っています!

●雄のマルチーズミックス、ID番号はA1754033

たとえこの子じゃなくても、もしかしたらどこかにあなたの子になるはずの子が既に随分前から存在していて、寂しい時期を一人ぼっちで乗り越えようとしているかもしれません。

ライトハウスの記事はこちら:
http://magazine.us-lighthouse.com/publication/?i=481530&ver=html5&p=88#{%22page%22:38,%22issue_id%22:481530}

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロサンゼルスの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#里親 #アダプション #殺処分 #ロサンゼルスのライター #ロサンゼルスの広告代理店 #ロサンゼルスの編集プロダクション #アメリカ #広告

ワオ!と言っているユーザー

純血種の犬猫はアメリカでほぼ見かけない★ペット特集の裏話1

スレッド
うちの問題起こしマン、バクスタ... うちの問題起こしマン、バクスター君
アメリカ最大の日系情報誌『ライトハウス』の編集長であり、80sカラオケ仲間のTさんが、ありがたいオファーをくれました。

「ネエサン!アメリカのペット事情の記事、書きたくありませんか?!」。

書きたい、書きたい!”八つ返事”でOKです!(もとい、語源を調べると、「はい、はい」で二つとカウントされるとのこと。それなら「書きたい、書きたい」も二つ返事ですね)。

うちの、死んでしまったアルジンも、今飼っているバクスターも、シェルターっ子です。殺されるはずだったコを助けたはずが、実は彼らに救われて――そんな幸せな体験を一人でも多くの方々にしていただきたいと、いつも、いつも、思っています。



ペットに関しては、アメリカと日本では大きな違いがあります。

一軒家の多いアメリカでは、たくさんの人が犬猫を飼っています。でも日本と違い、純血種のペットを見かけることはほとんどありません。私がアメリカで純血種の動物を見かけたのは過去10年間でわずか2匹だけ――それは日本人の家でした。

そもそもカリフォルニア州ではペットショップに犬猫が売られていません。その代わりにペットショップでは毎月のようにアダプションイベントが行われています。さらには、このような動物愛護意識の高い人々や商業施設に背中を押されるように、カリフォルニア州では2019年1月から、ペットショップで犬猫兎の売買を禁ずる法律が施行されます。これにより、もともと売られていなかったのですが、正式に、販売が不可能になります。

現在、「No Killポリシー」を掲げるロサンゼルス市の殺処分率は年々下がっており、2016年には約12%になりました。一方、日本の殺処分率は同じ2016年で約50%です。保健所の門をくぐった動物のうち半数が無残に殺されてしまいます。2016年には、11万3770匹もの動物が、大切な、たった一つしかない命を私たちに奪われました。

「国家の偉大さや道徳的進歩は、動物の扱い方を見れば分かる」という言葉があります。

ロサンゼルスが「No Killポリシー」の実現にどんどん近づき、日本にはどうしてそれができないのか――今回の『ライトハウス』の記事)では、日本で長らくレスキュー活動を行っていらっしゃるNPO団体の方に、この理由をお尋ねしています。

記事はこちら:
http://magazine.us-lighthouse.com/publication/?i=481530&ver=html5&p=88#{%22page%22:38,%22issue_id%22:481530}
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロサンゼルスの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
http://www.rucommunications.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#ペット #里親 #殺処分 #アダプション #ロサンゼルスのライター #ロサンゼルスの広告代理店 #ロサンゼルスの編集プロダクション #アメリカ #広告

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ