記事検索

灼熱、灼夏、ラスベガスの電気代

スレッド
灼熱、灼夏、ラスベガスの電気代
ラスベガスでは皆さん、24時間、夏じゅうエアコンをつけっぱなし、というのが一般的です。

切ったり付けたりする、なんていうと、アメリカの皆さんからほぼ100%噛みつかれます。

「そんなことしたら電気代が高くなるよ!せっかく冷えた家をまた冷やすから、電気代がかかるの!」。

そこでうちの義姉家族の家の夏の電気代を聞いてみると、なんとひと月350ドル!日本円だとほぼ4万円ですよ!でもさらに強者もいて、800ドル、1000ドルというお宅もありました。彼らの家は、もちろん昼間の誰もいない間もガンガンエアコンをつけています。

そして皆判で押したように「絶対に消しちゃだめよ!」と言います。

たった一人、電気代が100ドルちょいというご夫婦に出会いました。

彼らいわく「昼間、仕事に出て誰もいないのでエアコンは切っています」。

うーん、「つけっぱなしは安い」説は本当なのでしょうか?

日本の検証番組では、エアコンによっては○時間以上外出するなら消した方が良い、○時間以内ならつけっぱなしが良い、という結果を紹介していましたが、家の造りやエアコンの種類、メーカーによって随分変わってくるそうです。特にアメリカは日本と違って、家全体を冷やすセントラルエアコンなので、確かに一度建物が温まると冷やすのがどえらく大変なのかもしれませんね。

それで我が家なのですが皆のきつい言いつけを守って24時間つけっぱなしにしようと思いましたが、夕方はそんなに暑くなかったので冷房を切って、外の涼しい風を家に入れることにしました。「そんなことしたらダメーっ!電気代が高くなるよ!」っと皆から怒られつつも、私には外の方が涼しいのに家の中を冷房で冷やすというのが、どうもしっくりこなかったのです。

そして昨日、ついに電気代の請求書が来ました。皆の予想では、付けたり切ったりしている我が家の電気代はスーパーハイ。

しかし結果はなんと、125ドルでした。

そりゃそうよね。夜は涼しい風を取り入れても家の中は涼しいまま。涼しいままだから、特にエアコンががんばって冷やすこともない。砂漠地帯の夏に125ドルとは奇跡だそうですけど、単に涼しい夕方から切っているだけです…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ロサンゼルスの翻訳・制作プロダクション
「RuコミュニケーションズLLC」にもぜひお立ち寄りください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#アメリカの電気代 #エアコン #ロサンゼルスのライター #ロサンゼルスの広告代理店 #ロサンゼルスの編集プロダクション

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ