記事検索

フリースペース

★☆無料クラス体験★☆
申込みはsaturdayschool@bcacademy.comまで

BCA土曜学校のコラムVol.61 〜「言葉を豊かに」〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.61●

「言葉を豊かに」
 
 美しい緑とさわやかな風、ベルビューは夏に向かうとてもよい季節を迎えています。
鳥の囀りが聞こえる朝、夜8時を過ぎても沈まない太陽、キラキラ光る湖面、どこにいても素敵な時間が過ごせる6月です。
 
小学部の5年生と基礎国語で漢字の成り立ちについて学習しました。
 今から3千年以上も前に中国で生まれた漢字を、アメリカの皆さんが学ぶことはとてもすごいことだと改めて感じています。
  
鳥が鳴くの「鳴」は「口」と「鳥」を組み合わせてできた漢字です。二つの字を組み合わせて新しい意味を表しています。
 鳥は鳴くことでメッセージを伝えています。鳴くのはオスで、縄張りを宣言したり、仲間に危険を知らせたり餌があることを知らせたり、求愛のためにメスを呼んだりしているのだそうです。

 鳥や獣や虫は「鳴く」と表記するのに対して、人間の行為は「泣く」と書きます。
泣くの「泣」は、流れる水と手足を広げて立つ人を組み合わせてできた漢字です。涙がじわっと出てくる感覚は、喜怒哀楽の感情を持つ人間だけがもつものです。
「喜」は、よいことに出会って非常に満足し嬉しく楽しく快い気持ち。
「怒」は、不満・不快なことがあって、がまんできない腹立たしい気持ち。
「哀」は、胸がつまるように切なく、心が痛んで泣けてくるような気持ち。
「楽」は、心が満ち足りて,うきうきするような明るく愉快な気持ち。
人は嬉しい時も、腹が立つ時も、悲しい時も、楽しい時も涙を流して「泣」きます。

 哀泣(あいきゅう) 感泣(かんきゅう) 泣顔(なきがお) 泣言(なきごと)
泣虫(なきむし) 号泣(ごうきゅう) 啼泣(ていきゅう) 泣上戸(なきじょうご) 泣別れ(なきわかれ) 泣落し(なきおとし) 男泣き(おとこなき)半泣き(はんなき)
泣叫ぶ(なきさけぶ) 泣付く(なきつく) 泣伏す(なきふす) 泣尽す(なきつくす) 悔し泣き(くやしなき) 泣寝入り(なきねいり) 人泣かせ(ひとなかせ)
忍び泣き(しのびなき) 嬉し泣き(うれしなき) 泣明かす(なきあかす)
 泣崩れる(なきくずれる)など
「泣」を含む言葉だけでもたくさんあります。

自分の気持ちをできるだけ的確に相手に伝えられるように語彙を増やして、私たち人間だけが持つ言葉で、人間だけがもつ感情を、豊かに表現できるようにしていきたいですね。
 
 皆さんはどこでどのような夏休みを過ごすのでしょうか。
 夏に五感で感じたことを、自分の言葉で表現してみてください。きっと想像力が膨らみ、言葉のイメージが広がることと思います。
では、よい夏休みを。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

6月8日

スレッド
●6月8日の土曜学校● 本日の...
●6月8日の土曜学校●

本日の土曜学校幼稚部では、父の日の工作が行なわれました。
アメリカでも日本でも『父の日』は6月の第3日曜日に行われます。家族の為に一生懸命頑張っている
お父さんに、日頃はなかなか伝える事のできない感謝の気持ちを込めました。
帰りの会では、沖縄県人会かりゆ... 帰りの会では、沖縄県人会かりゆし会をお迎えし、普段は見る機会がない三線(さんしん)という楽器と沖縄民謡の紹介や歌あそびの体験会が行われました。子供たちにとってとても貴重な時間となりました。
今日で一学期最後の土曜学校。これから長い夏休みに入ります。
夏休みへ向けてしっかりした心構えを持ち、上手に過ごすことによって
子供たちの心も体も一回り大きく成長します。

また『毎日、自分で起きる』『カタカナを覚える』『一学期に習った漢字を全部覚える』など
生活、学習の目当てといった目標を立てましょう。責任感、積極性、自分に対する自信、持続力が育ち、
やり遂げたという達成感を感じることは子供達にとって大きな財産になります。

9月7日(土)から2学期が始まります。
一回り成長し、たくましくなった元気な子供たちに会えるのを楽しみにしています。

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.60 〜「ひく」〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.60●

「ひく」
 
 四年生の一学期最後の授業は「いろいろな意味をもつ言葉」の学習でした。担任の先生が、とても楽しい授業だったと様子を教えてくださいました。

 この時間は、いろいろな意味をもつ言葉に興味を持つことを目標に、川崎洋さんの「とる」という詩を読むところからスタートしました。

 はっけよい  すもうとる  こんにちは  ぼうしとる  てんどんの  でまえとる
 セーターの  ごみをとる  のらねこの  しゃしんとる

 それぞれの「とる」の意味を学んだあと、この詩の続きを示し

 かんごふさん  〇〇〇をとる  おはなみの  〇〇〇をとる  〇〇〇の  しきをとる
  たんじょうび  〇〇をとる  リリリリリ  受話器とる

 丸の中に入る言葉を自由に考えました。そして最後に作者の詩の言葉を確認しました。

 この後、辞書を使って「とる」という言葉にはいろいろな意味があることを学習し、次は「とる」と同じパターンで、「ひく」で終わる文を考えました。そして、一人ひとりが考えた文を合わせてクラスの詩が出来上がりました。

◇Aクラスの詩
 りょう理に使う 牛肉をひく     算数で 4から1をひく
 大すきな カードをひく       フライパンに 油をひく
 あのこ子はみんなの  注意ひく    つるつるつるつる ひもをひく
  お兄さんが ギターひく      おうちに 電話をひく
 ぐちゃぐちゃの くじをひく      んーせーの つなをひく
 のこぎりで 木の板をひく

◇Bクラスの詩
 辞書を使って 言葉ひく      やさしく バイオリンをひく
 かみの毛の バンドひく      おうちに 水道をひく
 魚の あみをひく          やった! カメをひく
 ドレミファソ 楽きひく       よいしょよいしょ つなをひく
 ビリビリビリ 電池ひく       あったあった 意味をひく
 気をつけて いすをひく      わくわくわく カードひく

 クラスのみんなで作った詩、とても素敵です。子ども達の感性と生活の様子が伝わってきます。
 この後の意味の確認や問題作りもとても意欲的に取り組んだとのことです。
 今年度、BCAでは主体的・対話的で深い学びの視点から授業改善を目指したカリキュラムを目指しています。
 言葉遊びの楽しさから言葉に興味を持った4年生の皆さんの言葉の世界が、これからどんどん広がりそうでとても楽しみです。

                                     イラストは、BCA長友裕子先生の作品です。
                                    (子ども達の作品は、読みやすいように一部修正してあります。)
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

6月1日

スレッド
6月1日
●6 月1日の土曜学校●

本日の土曜学校では、今年度初の避難訓練が行われました。

校舎内で出火したとの想定のもとに、緊急時の避難経路や避難の心得などを学びました。
速やかに避難場所(プレイグランド)へ避難し、緑のプラカードが上がると、生徒が全員揃ったという印です。生徒やまた教員にとっても、予測できない災害への心構えや訓練の重要性を考える、良い機会となりました。

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.59 〜私の枕草子〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.59●

私の枕草子
 

 清少納言の「枕草子」は、高い教養を持つ清少納言が一条天皇の中宮定子に仕えている中で綴った随筆で「徒然草」や「方丈記」とともに日本の三大随筆にあげられています。
 中高国語2の教科書には、「春はあけぼの」の段が載っています。この段では、四季それぞれの好きな時間帯をあげその趣を書き綴っています。
 授業では、生徒さんが一番と感じる四季それぞれの風物をひとつあげ、それに簡潔な説明を加えるという「私の枕草子」を書きました。
 一人ひとりの豊かな感性が表現された素敵な随筆が書きあがりました。

1 春はしだれ桜
   小さなつぼみが開く。少しずつ、少しずつ。
   ピンク色の世界が広がる。
  夏は花火
   ぱっと光って、金のきらめきが飛び散る。
   暗い夜空に大きな花が咲く。
  秋は紅葉
   赤、黄、橙色。踊りながら地面に落ち、
   色とりどりのカーペット。
  冬は氷柱
   陽にあたってキラキラ輝く。
   めったに見えない冬の宝石。自然のダイヤ。

2 春はそよ風
   草むらの僕の体にそそぐ甘い花の香り。
   香りを遠くまで送り続けて自分を輝かせる、春はそよ風。
  夏は夕立
   木の間から怒鳴り続ける風。
   竹をもしなやかにくねらせ、雷を鳴り散らす、夏は夕立。
  秋は追い風
   強く押しつける秋風。
   僕は精一杯走りたい気持ちになっていい汗をかく。秋は追い風。
  冬は吹雪
   横から殴りつける大雪。 
   目の前がほとんど見えなくなる日は暖炉の前で丸くなる。冬は吹雪。

 ここでは二作品紹介しましたが、いずれも素晴らしい作品ばかりです。
 作品の交流も、いい雰囲気の中で活発に行われました。
 感じる心は、時代をこえても、国をこえても変わらないものだということを確認できた時間でした。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ