記事検索

フリースペース

★☆無料クラス体験★☆
申込みはsaturdayschool@bcacademy.comまで

9月29日

スレッド
9月29日
●9月29日の土曜学校●

中高国語では、友達に紹介したい一冊を選んで、内容・キャッチコピー・印象に残った部分の引用など紹介に必要な情報を整理したカードを使用した「読書紹介」の授業が行われました。

読書紹介文は読書感想文とは違い「読んで欲しい相手向けて書く」主観的・客観的の両方の視点から書きます。
話し手は本を読んで、その本の魅力や感想を書き、聞き手に評価してもらいます。
読解力、文章力、表現力が鍛えられる授業の一環です。


#土曜学校 #中高部 #中高国語

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.40~林檎~

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.40●

林檎


 写真は、清水校長先生のご自宅の庭でとれた「林檎」ハニークリスプです。
その名の通り甘い香りが漂う、サクサクした食感のとても美味しい林檎でした。
 校長先生自らの手で受粉され、虫がつかないように林檎の木に防虫剤を下げ、そして毎朝「大きく育て、大きく育て。」と声をかけて育てられたそうです。愛情をたっぷり受けて育った林檎達は、色つやもよく大きくてとても立派でした。
 人も植物も、育てるための大事なポイントは「愛」でしょうか・・。

「愛」と「林檎」といえば、
「ひとつひとつの林檎は、それなりの愛を知りて結実す」というフランスのことわざがあります。一人ひとりがそれぞれに愛を知って赤く染まり実を結ぶ・・。頬をそめる林檎と人をかけた素敵な言葉だと思います。
 
 他にも「林檎」が入った海外のことわざがあります。
○一日に一個のりんごは医者を遠ざける(林檎を食べると健康になり医者がいらなくなる)
○りんごは木から遠くへは落ちず(親より飛びぬけて出来のよい子供はいない)
○赤いりんごは虫食い林檎(見た目は美しい女性でも心が腐っていることがある)
○丸いものすべてがりんごというわけではない(食えないもの、食えない奴もいる)
などなど、なるほどと頷けることわざばかりです。

 「林檎」の原産はアジア西部からヨーロッパの東南部あたり。日本には奈良朝時代に中国経由で「林檎」という名前と一緒に渡来したそうです。当初「りんご」ではなく「りんきん」「りんこん」と読まれていました。
 表記は、初めは甘い果物に「禽(鳥)」が集まってくることを表す「来禽」でしたが、木に成ることから「禽」が「檎」に変わり、鳥が「林」に集まるので「来」が「林」に変わり「林檎」という表記ができたということです。(文林改という人が植えて育てたからという説もあります。)

 どの国でも品種改良が行われ、今では多くの種類の林檎が食べられるようになっています。アメリカのお店にも、HoneycrispをはじめGALA、FUJI、Envy、Opal、Granny Smith、Pink Lady等々、たくさんの林檎が並んでいます。
 今が旬のくだもの 栄養豊富な「林檎」は、今日もBCAの子ども達の秋のランチボックスに入っています。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

9月22日

スレッド
9月22日
●9月22日の土曜学校●

幼稚部では通常授業に加え、理科実験や工作を取り入れます。

年中組では、磁石について学習しました。
実験を通して「不思議」「感動」「発見」の体験を積み重ねることにより、興味の幅が広がります。
ただ実験するだけではなく、実験に関連した工作をすることにより、子供達の好奇心や独創性を伸ばします。


#BCA土曜学校 #幼稚部 #磁石 #実験 #工作

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.39 〜秋〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.39●


 秋晴れのベルビューの空は高く澄み渡り、吸いこまれるような美しさです。
 「秋」といえば、「天高く馬肥ゆる秋」をはじめ、「読書の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」「食欲の秋」など、さまざまな言葉が浮かんできます。

 「秋」は、太陽暦では9月から11月まで、陰暦では七月から九月です。夏の暑さがやわらぎ吹いてくる風に爽やかさを感じる初夏から、朝寒夜寒が段々とつのり朝晩の温度差が大きくなり、紅葉で色付いた葉が散りはじめ暖房が入る晩夏までをさします。
 四季の中で、最も過ごしやすいことから地域の特色を生かした行事が繰り広げらる時期です。BCA土曜学校では10月13日に運動会が行われます。

 「秋」の語源を調べてみると次の3つ説が示されています。
 (1)空の色が「清明(あきらか)」な時期であるという説。
 (2)穀物などの収穫が「飽き満ちる(あきみちる)」季節であるという説。
 (3)草木の葉が紅くなる季節であることから、「紅(あか)」が転じて「秋」になった という説。

 「秋」という文字は、「禾(のぎへん)」ですが、「禾」は実が成った穀物の象形で「禾」の「ノ」の部分は、穀物の穂が垂れている状態を表し、「禾」の右横に火を書くことで「収穫物を天火で乾かす」という意味になるそうです。
  そう見ると、(2)の収穫に由来するものとのつながりをが感じられます。

 実りの秋は充実、豊満の「飽き(あき)」。
 様々なことにチャレンジして自分を豊かにしながら、自分自身の心の内を見つめて人を思いやるゆとりが「飽き満ちる」のもこの時期なのかもしれません。

  現地校では新学年に進級した皆さんがひとまわり大きくなり、心身共にたくましくなったように感じます。
 土曜学校の2学期が、いろいろな面で「飽き満ちる」よう願っています。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

9月15日

スレッド
●9月15日の土曜学校● 1年...
●9月15日の土曜学校●

1年生クラスでは「時計の仕組みと読み方」について学習しました。
子供達が独創的な時計の模型を作ることにより、愛着を持つことができます。
針がどう動くのかを手にとってくるくる回し、時計の仕組みや読み方を学んでいきます
9月15日
夏休み作品展展示の最終日
発表会が各クラスで行われました。
#土曜学校 #時計の仕組み #時計の読み方

ワオ!と言っているユーザー

9月8日

スレッド
9月8日 長い夏休みが終了し、今日からつ... 長い夏休みが終了し、今日からついに2学期が始まりました。
一回り成長した子供達が笑顔で登校してくれました。

土曜学校では恒例の「夏休み作品展」が9月15日まで行われています。
子供達が夏休み中に体験したことや、特技を生かした素晴らしい作品を披露してくれています。
ぜひ、ご覧下さい。
【夏休み作品展】
幼稚部・小学部の「夏休み作品展」(9月15日まで)
展示場所:
・幼稚部―1年生(BCA1 展示スペース)
・2年生以上(BCA2 2F 展示スペース)

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ