記事検索

さようなら、有難うございました。

スレッド
京都の朝の声、佐藤弘樹氏が亡くなってから代打で続けてくれていた番組が今朝、最終回を迎えた。

パーソナリティ、番組関係者からリスナーまでが氏を偲び、思いで話や心境を語りながら、時折、佐藤氏生前の声を交えながら、まこと穏やかに進行していき、まるで来週になれば、また弘樹の声が聞こえて来そうな錯覚さえ覚えるような、暖かくて、淋しくて、やりきれない最終回だった。
今回で一区切り付けるための、心に刻むための、そんな時間だった。

ヒトが亡くなるのは誰もに、平等に訪れる事実。
でも、やはり辛いじゃないか。
大切なひと、好きなひと、尊敬するひと、思い出を一緒に紡いできたヒトとの唐突な別れは。

ラジオDJとして、男として、人間として、本当にプロであり、豊かで立派な方だったのだなぁ、そう改めて思う。
さみしいなぁ。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ