記事検索

胃がねじ切れそう@鈴鹿8耐

スレッド
胃がねじ切れそう@鈴鹿8耐
こんな幕引きがあるだろうか。
耐久レースは、いつも怖い。
最後の最後、チェッカーフラッグ受けるまで、本当に何が起こるか分からない。
そして、あとから思うんだよ、後悔するんだよ。
あの時、もう1lap早めにピット入れておけば、、または、もう1lap引っ張っておけば。・・・・・ペースダウンの指示をしておけば、給油量を1リットル多くしておけば。

本当に、レースは人生そのもの。
順調に行っていても、足下すくわれることもある。
ル・マンだって、チェッカー直前で走れなくなった例もある。
確実に言える事は最後の最後まで、チェッカーフラッグを受けるその瞬間まで諦めずに闘う者にレースの神様は微笑んでくれる。

SERTが白煙上げて、それをモニターで確認した監督が潔くヘルメットを脱いだ瞬間、涙が溢れた。出来ることなら引退の花道を歩かせてあげたかったじゃないか!

ファイナルラップのS字でトップの10号車がこけた瞬間、ライダーの気持ちが辛すぎて、直視出来なかった。

最後まで目を離せない、とんでもないレース展開だった。
こんな8時間、あるのか・・・・・。
そして、5連覇のYAMAHA。最後の最後までコースに留まって居たからこそ、この偉業に繋がった。

みんな、凄く頑張ったんだもん、結果はともかく。
これもレース、これがレース。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ