全弓連の審査会・講習会・競技会にかかる基本方針について

全弓連から審査会・講習会・競技会に係る基本方針について連絡がありましたので、お知らせします。
1.中央審査会・・・10月以降の中央審査会はすべて白紙とし見直しを検討する。
2.地方審査会・・・連合審査会は中止する。
  地方審査会については、コロナの状況が継続する中でも行うことのできる方策を検討する。
  方策の成案を得た後に、コロナの状況を総合判断し実施時期を決定する。
 基本方向
  ①五段審査を地連にて実施する(審査委員は他県から派遣する)
  ②受審地域の限定(所属地連のみ)、受審者数の限定。
  ③一般会員にもビデオ審査(弐段まで)を拡げる。
  ④高校生以下にはビデオ審査(弐段まで)のみとする。
等々を、令和2年8月末を目途に検討する。
#連絡 #審査

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ