記事検索

新人レントゲン技師の悩み「股間をにらむ」

スレッド
新人レントゲン技師の悩み「股間...
私の親友、Sちゃんは今年、アメリカでレントゲン技師になりました。

インターン時代は、体のあらゆる部位を撮るノルマがあり、腕や胸などはじゃんじゃん撮れたのに、レアな部位(顎など)の患者がなかなか来ず、「顎が欲しい!」などの珍しい嘆きをよくしていました。

最近の彼女の嘆きは「腰」です。

腰のレントゲンを撮るのは非常に難しいらしく、股の切れた部分を必ず入れて撮らなければならないのですが、下着の下にあるその部分を見極めるのが非常に難しいのだそうです。

特に難しいのは男性だそうで…。彼女は「でっぱり部分がイコール股ではない!特にアメリカでは!」と、きっぱりと言い放ちます。しかしそこ以外に見極める場所もなく、撮影中は股間のでっぱりを鬼の形相でにらんでいるのだそうです。

男性の皆さん、腰のレントゲンを撮るとき、レントゲン技師さんが股間のでっぱりを睨んでいても、特に雑念はない模様なのでご安心くださいね。

あ、なんか下ネタになっちゃいましたね(笑)。
#猪股るー #ロサンゼルスのライター

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ