記事検索

4輪レース業界の重鎮来たる

スレッド
4輪レース業界の重鎮来たる
もう、そもそもビッグネームだから実名でも何ら問題ないだろう・・・
元トヨタワークスドライバーの鮒子田寛氏と、見崎清志氏。
今週末のレースのために鈴鹿にいらしてるのだけど、ついでにお立ち寄り下さったすよ💦
変な汗出るわ・・・💦

鮒子田氏は2000GTのスピード記録やトヨタ-7、マキF1のドライブ、日本人初ル・マン出場ドライバーとして特に有名ですが、世界のレーシングカー製造業を引率されてきた、本当の偉人です。また蛇足ではありますがイギリスであっしが働いていた時のボスでもあります💦

見崎清志氏は、同じくトヨタ-7やGr.A時代のフォードシエラ、Gr.Cでは数々のマシンをドライブし、ル・マンにおいては日本人初のクラス優勝者でもあります。
マカオグランプリでの雄姿に「マカオの虎」というニックネームまでついたほどです。
ちなみに、もう後期高齢者となっておられますが、実は現役バリバリのレーサーで今週末のレースにも出場されています。かつて映画俳優で、昔のトヨタ・コロナのテレビCMにも出演されていました。「追いつけるか!?コロナに!」という、今となってはもはや悪い冗談のようなのキャプションが・・・・
いやいや、追いつきたくはないよな。

お二人とも後期高齢者の部類にはカテゴライズされますが・・・
もはや、若い衆よりも元気ですから!
見崎さんに至っては、レーサーとして普通に速いですから。

ご本人は「勝負の途中に堪え性が無くなった」とか仰るけど、実はレーサーとして一番大切な負けたくないという闘争心は健在で、尊敬します。
「負けたくない」と、言葉にするのは容易いですが、いざ結果の出る勝負に実際に出て、しかも速いのだから・・・
口を開けば、マシンの状況やタイヤの状況、頭の中はどうすれでばもっと速く走れるのか、そんなことで一杯。でも、決してレーサーに良く有りがちな「独りよがり」だったり「自分勝手」「自分本位」じゃなく紳士的なところが凄い!

こういう歳の取り方をしなきゃな・・
っていう、お手本のようなお二人っす。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ