記事検索

回想@LeMans

スレッド
回想@LeMans
24時間レース終了後、関係者で宿の庭に集まり打ち上げ会が開かれた。

とてもアットホームな会で、共に長きにわたり戦った者達が互いを労り、慈しみ、笑いあえる素晴らしい時間だった。

実は、今回の宿のオーナーはリジェというレーシングマシン・コンストラクターの持ち物で、その名もシャトー・ユノディエール。

ル・マン24レース開催中はコースの内側に位置し、場所的には第1シケインを過ぎた辺りになる。
観戦者として普通に泊まれるような施設ではないので、このレースに関係者として登録して下さったご厚意には感謝してもしきれない。

それにしても欧米にはこのような、伯爵貴族や大金持ちが自分のレーシングチームや自分のレーシングマシンコンストラクターを運営・経営している例が数多ある。

リジェにしても、古くからモーターレーシングシーンに参画し、日本でもファンにはよく知られた存在だ。

とても幸せで、愉快で痛快な会の後、少し酔いを覚ましたら小腹が空き、持参したインスタント食品を静かに寝静まったキッチンで、1人食べながら、今日の出来事を回想している。

いやいや、しかし。
こんな立派なシャトーで、ラーメンを食べた者はそうそう居まい?
まぁ、いい。

今回のチームはユーラシア大陸・オーストラリア大陸出身者からなる、多民族混成チームだった。メカニックの多くはフィリピン人だが、彼らは真面目で、良く働き、明るく、英語が堪能だから、本当にレース業界には無くてはならない人達だ。

縁があり旧知の仲間も多く、彼らと接すると、明るい性格でオープンな人柄の者が多く、いつも前向きな姿勢に気付かされ頭が下がる思いがする。

また、その他ヨーロッパ・アジア各国からの選抜メンバー達も皆、互いに敬意を払い尊重しながらも、自己主張とが調和するような、素晴らしい、いわば、小さな民主制多民族国家の様相だった。

レースという、ひとつの目的を達成するための集団とはいえ、良くもこれ程の人材が集められたモノだ、と、チームオーナーの人柄と手腕に想いを馳せてしまう。

取り留め付かなくなってしまった。

つまり、今回のル・マン24時間レースを肌で感じ、良縁の有り難みに感謝しつつも、やはりレースは誰と共に戦うのか。
この根元的な課題を考えずには居られない。
#ルマン24時間レース

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ