記事検索

意見には個人差がある

スレッド
ウィーンにて。 リッチな時間、... ウィーンにて。
リッチな時間、それさえも味になる。


ああ、お誕生日会・・・・・憂鬱になる。
いやいや、自分のではなくて、職場での話っすよ。
従業員の誕生日を祝ってケーキを食べる、、正直言って、苦痛。
幼稚園、っていうか、いい歳こいて、既に老人ホームに入所したみたいだ。
なんか。

もちろん、有り難いとは思うけど、要るかな?それ??
金を稼ぐ、という目的のために集まっている集団が会社なのだから、仕事してバッチリ給料貰えることが一番モチベーションに転化出来ると思うんだが・・・・・。
お誕生日会・・・・・

しかも、必ず「甘くなくて美味しいでしょ?」と、同調を求められる。
あなたの周りにも居ませんか?サッパリしていて美味しいとか、甘くないから美味しいとか、そう言う尺度でしか判断しないヒト。それは、好みの問題っすよ。
好みと、美味しさは分けて考えるようにしないと。
お菓子は甘いから美味しいんだけど?

砂糖だけを舐める訳じゃ無いんだから、香り、味、食感、見た目、全てがバランスしていることが美味しいという事だと思うっすよ。
伊達に各国のお菓子を食べ歩いて無いっすよ。

ウィーンなんか、ドーンと重いクラシカルなケーキが多いけど、リッチで、それを食べると五感が震えるような感動が押し寄せるっす。
もちろん、甘い。でも、甘いだけじゃない。
全てがバランスしているし「甘い」の一言にも色々な甘さがある。
ウィーン菓子は「美しい」んすよ。

塩にだって、トガッたり丸かったり深みや旨み、更には甘みを感じるはず。
甘くないから美味しいというには、余りにも薄っぺらいじゃないか。
そもそも。
ケーキの歴史、、いや、砂糖の歴史を考えてみれば、古来、甘味は最高の贅沢だったはず。その甘味を最高に昇華させたのがケーキ。

ケーキが甘くて何が悪い!

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ