記事検索

合氣道練心館 館長所感集

https://jp.bloguru.com/renshinkan

フリースペース


 合氣道 練心館道場
(別窓で練心館道場のサイトが開きます)

合氣道と心理療法―合氣道セラピーの可能性―

スレッド
合氣道と心理療法―合氣道セラピ...



 練心館で十数年合氣道を稽古されている、臨床心理士で公認心理師の田多井正彦さんが、横浜市青葉区の東急田園都市線「たまプラーザ」駅近くに心理相談室を開業されました。


 思い起こせば十数年前、この方は入会前の一カ月間、毎週曜日を替えて見学・体験に来られ(その間、道場の雰囲気はどうか、先生の実力はどうか、と色々吟味していたそうです。全く失礼な奴です。〈笑〉)、翌月から正式に入門されたという慎重な方でした。

 その後はコツコツと熱心に稽古を続けられ、途中、仕事の都合で引っ越されていた時も、わざわざ遠くから休まずに通ってくれていました(当初は引っ越し先の某有名合気道道場に移られましたが〔その時は私も快く送り出しました〕、やはり練心館の方が良いと戻って来てくれました)。

 田多井さんは大学で心理学を学び、卒業後は大手進学塾に六年勤務しましたが、その間に色々と思う所があり、人間のこころの悩みや苦しみ等の、諸問題の解決を手助けする「心理カウンセラー」になろうと決意されたのだそうです。
 入門当時はまだ臨床心理学を研究する大学院生でした。その後、スクールカウンセラーや精神科・心療内科クリニックと連携した心理相談室等に勤務し、同時に臨床心理学の学会でも精力的に活動されています。



 この、田多井正彦さんと合氣道との出会いも、ある意味運命的だったのだと思います。
 当初から合氣道に関するある程度の知識や情報は持っておられたのかも知れませんが、稽古を始められてからは、毎回、合氣道とカウンセリングとの親和性や、ユング派心理学との共通点の発見の連続だったようで、いつしか、心理療法に合氣道を応用した「合氣道セラピー」を開発することを志すようになられたそうです。



 合氣道に限らず、あらゆる芸事や修行の「道」を志し、追究していく中で、誰もが最終的に行き着くテーマは「いかに人を救うか」であると自分は最近つくづく思います。
 しかしこれは、「慰めを与えてやる」とか「欲求を満たしてやる」「居場所を与えてやる」等々といった安易なものでは決してなく、人間の「魂」の根本からの変革を要求するような、ある種、宗教的な悟りの境地にも通じるような、もっと厳しいものであると言えます。

 過去練心館にも、合氣道に「こころの救い」を求めて入会されるような方が何人か居られましたが、正直、そういった方々の期待に自分は十分応えてあげられていたか、と問われれば、内心忸怩たるものがあります。
 合氣道は突き詰めれば「人を救う道」である、ということには自分は揺るぎない信念があります。しかし、実際に「救い」を求めてすがる人々に対し、自分は十分に応えてあげられているのだろうか、と随分悩みました。
 しかし、ある時ふと、問題の構図は極めてシンプルなものではないか、と気付かされました。

 合氣道家を医者に譬えるならば、医者の仕事とは、基本、病気や怪我で苦しむ人々を治療し救ってやることかも知れませんが、一方で、大学の医学部などで行われているのは、医学の発展に貢献し、立派な後進の医者を育てるという大切な任務です。
 合氣道の道場も、「救いを求めてすがる人々に救いを与える場所」というよりは、むしろ「人を救える力を持った人間を育成し、その能力を磨き上げる場所」といった傾向の方が強いのだと思います。
 病気や怪我で苦しんでいる人が、治療を求めて大学の医学部に入学してもそれはお門違いというものでしょう。

 そんな中、田多井さんはいわゆる「医学部」ではなく「診療所」としての合氣道の可能性を広げようと実践されている訳ですから、自分が練心館で上手くやれなかったことをやろうとしてくれている、という点で本当に頼もしい限りです。
 少し早過ぎるかも知れませんが、「弟子が師匠を超える」というのはきっとこういうことなのではないか?・・・とも考えてしまいます。



 武道の世界に限らず、あらゆる芸事などの徒弟制の世界で、師匠と全く同じことをしている限りは弟子は絶対に師匠を超えられません。
 「A」先生の真似をしている限り、その弟子はどんなに頑張っても「A´」、つまり「A先生の劣化コピー」にしかなれないのです。
 武術・武道の世界はもちろん、芸人の世界でも学問の世界でも、師匠を超えたと評されるような人たちは、師匠とは全く違う芸風だったり、師匠とは全く違う研究スタイルだったりするものです。
 師弟の間で受け継がなくてはならないのは揺るぐことのないその道の「心・本質」であり、それをどう表現するかは各人の個性に依らなければならないということなのでしょう。
 そういった意味でも、田多井さんは正しく理想的なあるべき「弟子」の姿を体現してくれているのかも知れません(ちょっと褒め過ぎですね・・・)。



 そんな訳で、改めて、臨床心理士・公認心理師の田多井正彦さんが開業された心理相談室をご紹介します。

   しらかば心理相談室(東急田園都市線「たまプラーザ」駅北口 徒歩3分)
   〒225-0002
   神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-5-3 美しが丘ビル303
   TEL/FAX 045-482-6499
   E-mail shirakaba-counseling@dream.jp
   Website https://shirakaba-counseling.com



 因みに、合氣道練心館館長師範である私が、自分なりに「救いを求めてすがる人々」に出来ることがあるとすれば、それは「氣」のエネルギーを使ったヒーリングです。
 お陰様で、練心館の生徒さん達からはかなりの好評を頂いております。
 「気療」の神沢瑞至(かんざわただし)先生という、海外のドキュメンタリー専門放送「ヒストリーチャンネル」で特集が組まれる程の、世界的に有名なヒーラーの先生がいらっしゃいますが、実は、先代館長の最期を看取って頂いてからのご縁があり、自分も色々と教えて頂いております。
 練心館でのヒーリングをご希望の方がおられましたら、お気軽に道場にお問い合わせ下さい。お待ちして居ります。
#カウンセリング #セラピー #ヒーリング #合気道 #心理療法 #武道

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ