記事検索

フリースペース

★☆無料クラス体験★☆
申込みはsaturdayschool@bcacademy.comまで

BCA土曜学校のコラムVol.32 ~ 卒業式~

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.32●

卒業式

 BCA土曜学校では、3月24日に卒園式・卒業式が行われました。
 ご卒園・ご卒業、心からおめでとうございます。
 年長さんと6年生の晴れやかな姿には、今までの一人ひとりの頑張りが表れていました。 
 正装して式に臨んだ卒園生・卒業生は、担任の呼名に元気よく返事し、誇らしい顔で校長先生から証書を受け取りました。実に礼儀正しいさわやかな振る舞いでした。

 「卒業式」は「卒業証書授与式」が略された言葉で、教育課程を修了したことを認め、そのお祝いをする式のことです。
 「卒」は、終わる・終える・済む・完了する。
 「業」は行為を意味し、過去に成したことの結果を表しています。

 「卒業式」は、1872年の学制の施行から試験終了者に卒業証書を授与したことに起源を持ち、明治10年ごろから、現在のような儀式として定着したそうです。
 小学校と中学校と高等学校、そして中等教育学校と特別支援学校で行われる儀式が「卒業式」です。
 幼稚園は「卒園式」とよばれ「卒園証書」が授与されます。

 日本の卒業式は、学校教育法施行規則によって定められた学校行事で、「学校生活に変化や折り目を付け、厳粛で清新な気分を味わい、新しい生活の展開への動機付けとなる活動」と示されています。
 年度の節目となる3月に行われる重要な儀式的行事です。
儀式的行事の意義の中に、「国民としての自覚を高めるとともに広く国際理解や人間愛の精神の滋養に役立つこと」とあります。国旗掲揚や国歌斉唱が行われるのもここからきているのだそうです。
 
 BCAの卒業式では、壇上に日本とアメリカの国旗が仲良く掲げられ、式歌として両国の国歌が歌われました。
「The Star-Spangled Banner」と「君が代」の音の響きに、儀式の意義である「国際理解や人間愛の精神」が重なり感動しました。
 アメリカで日本語を学ぶ生徒さん達が、国家や国民を象徴するものとして歌った二つの国歌が、格別に心に響いた「卒業式」でした。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

【3月24日の土曜学校】

スレッド
【3月24日の土曜学校】 【3月24日の土曜学校】
先日BCA土曜学校では、幼稚部卒園式、小学部卒業式、そして終業式を滞りなく終えることが出来ました。

元気いっぱいの歌声で送りだされた卒業生、在校生は次の学年への希望にわくわくしている様子。
一年間で一回り、二回りも成長した生徒達の後ろ姿は頼もしい限りです。

保護者の皆様、一年間あたたかいご支援を誠にありがとうございました。



- BCA土曜日学校のFacebookはこちらよりどうぞ!-


#学校 #イベント

ワオ!と言っているユーザー

● BCA土曜学校のコラムVol.31~春~

スレッド
● BCA土曜学校のコラムVo...
● BCA土曜学校のコラムVol.31●



日に日に暖かさが増し、「春」を感じるいい季節になりました。
 桜の名所、ワシントン大学の桜も今満開です。アメリカらしいどっしりした建物と日本の優しい色合いのソメイヨシノがマッチした風景、とても素敵でした。

 新緑が芽吹く「春」、美しい風景の中を歩きたくなる「春」、優しい風に触れたい「春」、楽しくわくわくする気持ちになる「春」。何かいいことが起きそうな「春」。
 「春」は、四季の中でいちばん過ごしやすい季節ですね。

 季節の「春」は、太陽暦では3月から5月、陰暦では1月から3月、天文学的には1日の中で夜よりも昼の時間が長くなる時期をさします。
 文字の「春」は「萅」の略字で、「艸」と「日」と「屯」が組み合わさり、寒い冬の間じっとしていた草の根が、太陽の光をあびて芽を出そうとする意味を表しています。

 語源は、草木の芽が「張る(はる)」ふくらむ季節だから。水田に水を「張る(はる」季節だから。田畑を「墾る(はる)」季節だから。気候の「晴る(はる)」から。スタートの季節「発る(はる)」だから。などの説があります。

 春のつく言葉は、二字熟語からことわざまでたくさんあります。少しだけ紹介します。
・春光(しゅんこう)春の日の光、春の景色 ・春意(しゅんい)春ののどかな気持ち
・春月(しゅんげつ)春の夜の月、おぼろ月 ・春信(しゅんしん)春のおとずれ。
・春うらら 春の空が晴れていて日ざしが穏やかに照らすようす。
・春爛漫(はるらんまん)春の気配があたりに広がって鮮やかに輝いているようす。
・春秋富(しゅんじゅうとむ)年が若くて将来が長いこと。
・春日遅々(しゅんじつちち)日が長くて、暮れるのが遅いこと。
・春風致和(しゅんぷうをいたす)のどかな春風にのって、和やかな空気が充満してくる

 春に関連する言葉はさらに多くあります。日本人が好きな言葉だからですね。
 「卒業」も「春」に関連した言葉です。
 今週の土曜日24日は、BCA土曜学校の「卒園式」「卒業式」です。
 卒園生・卒業生それそれのよい「春」「発る(はる)」になることと思います。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

3月17日【今日の土曜学校】

スレッド
幼稚部では「太陽と影」で、世界... 幼稚部では「太陽と影」で、世界で一番最初に作られた日時計を使い、
太陽の動きと時間の関係を学びました。

日時計の太陽の動きで変わる影と、教室内にある時計の針の位置を比べ、
「影と針が同じだ!」と驚いた生徒達からは歓声が。

影の不思議さ、面白さを知った生徒達は日時計の学習の後、
キツネ、いぬ、あひる、うさぎ、かたつむり、かに等、手指を動かし、
影絵遊びに熱中していました。

3月17日【今日の土曜学校】
5・6年生は先月3日に植えたLED水耕栽培の収穫をしました。

生徒達は種から育てたレタスの柔らかな感触に驚いたりと、
自分が植えた種が成長した様子を手にって観察します。

普段食べているレタスと違う所、私はサラダにはこんなレタスが好き、
よくサンドイッチに入っているレタス等、レタス談義に花が咲きました。

来週は今年度最後の土曜学校。
それぞれの節目を清々しい気持ちと笑顔で迎えられるよう、
家庭学習の取り組みを、もうひと息頑張りましょう!



- BCA土曜日学校のFacebookはこちらよりどうぞ!-
#学校

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.30 ~ 未来~

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.30●

未来

 3月10日の基礎国語は、45分間の書写の学習でした。
 「文字を正しく整えて書く」ことをめあてに、毛筆の基本的な筆使いと、字形のポイントを意識して「未来」という文字に取り組みました。
 横画・縦書・左払い・右払いという基本的な線が組み合わされた「未来」という文字を、始筆・送筆・終筆のリズム、筆圧、点画のつながり、文字の外形と中心、部分どうしの位置や大きさの関係に留意しながら練習しました。
 日本では、書写は小・中学校の国語科で学びます。毛筆と硬筆があり、毛筆書写は、普段書いている鉛筆などで書く硬筆に生かされることを目指して学習します。
  
 校長先生が、最初に書いた字と清書の字を見くらべて写真を撮って下さいました。
短時間で驚くほど上手に書けるようになったのは、まさに生徒たちが教える側の気持ちを受け取りそれを真摯に受けとり真剣に学んだ証であると嬉しそうに微笑まれました。
 墨の香りのする静かな空間で、昔から用いられている筆記用具「筆」で心静かに書をたしなみ、日本の文化を味わうのもいいものですね。 
 上の写真は、生徒さんの書いた「未来」です。左が最初に書いた文字、右が清書です。
頑張りの成果が表れています。

 「未来」という熟語の「未」は、「木」に横線が一本加わっている象形文字で、成長の途中の植物が春を迎えてこれから葉を付けていく様子を表しています。
 今のところは目立たないけれど、これから成長するかもしれないという、「いまだ、まだ」「まだ~しない」という意味です。また、十二支の「ひつじ」の意味も持っています。
  
 「来」は、「來」の略字で「らいむぎ」の形からできた文字です。「くる」「近づく」「届く」「通じる」「少しずつ移行してその状態になる」「何かによって反応が起こる」「起源、始まり」「近いうちにそうなる」「ある状態を招く」「これから先」などの意味を持ちます。
 
 二文字合わせた「未来」は、「現在のあとに来る時、これから来る時、将来」「これから実現するもの」「何が起こるか全く想像の域をでないこれから先のこと」の意です。
 
 これらを合わせて考えると、「未来」は将来への可能性や成長や希望を感じさせ、これからに期待を込めたくなる文字のように思えます。
 
 書き上がった清書を見て、無限の可能性をもっている生徒さんの「未来」が輝かしいものになるようにと願いました。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

3月10日【今日の土曜学校】

スレッド
本日は生徒達が待ちに待っていた... 本日は生徒達が待ちに待っていた保護者会主催の春祭りが行われました。

大盛り上がりの活気あふれる日本文化体験、ゲームコーナーに、
毎年校長やOBの皆さんも勢揃いで作って下さるたこ焼きから、
様々なメニューの美味しい飲食コーナーには行列が止まりません。

子供達が一年で一番楽しみにしているといっても過言ではないお祭りです。
3月10日【今日の土曜学校】
高校生ボランティアによる旗揚げでは、「赤あげて、白上げて」「赤上げないで、白上げて」
と調子に乗せて、旗を元気よく上げる生徒達の姿が。

最後まで一語一語を聞き逃さない様に真剣に聞き、
瞬時に判断する難しさを楽しみます。

入念な計画、ご準備に携わって下さった保護者会の皆様、
誠にありがとうございました。
生徒達の沢山の笑顔が溢れた2018年の春祭りでした。

今年度の土曜学校はあと2回です。
残りの学校生活も充実したものとなりますように。


- BCA土曜日学校のFacebookはこちらよりどうぞ!-
#学校 #イベント

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.29 ~ ひなまつり~

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
●BCA土曜学校のコラムVol.29●

ひなまつり


 3月3日の土曜学校幼稚部では、おだいり様とおひな様の塗り絵を行いました。
子ども達は、着物の部分は千代紙のちぎり絵にしてきれいに飾り、思い思いの衣装を楽しそうに描いていました。

 「ひなまつり」は、ひな人形や邪気をはらう力があるといわれる桃の花を飾り、色とりどりのちらし寿司やはまぐりを食べて女の子の幸せを祈る節句です。 
 節句とは、暦の上で節目となる日のことで1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日の5日間を指します。節句は季節の変わり目に災難や厄から身を守ることを願う日で、奇数が重なる日は、邪気をはらうことができるのだそうです。

 3月3日は、「上巳(じょうし・じょうみ)の節句」や、桃の咲く時期と重なることから「桃の節句」とも言われ、中国での上巳節が起源だと言われています。遣唐使が日本に伝えたということですから、ずいぶん昔のことですね。
 日本のお祓いや、形代(かたしろ)という身代わり信仰が上巳節と結びつき、「上巳の節句」として日本の文化となりました。
 人形(ひとがた)に穢(けが)れを移し川に流す流し雛も、平安時代に紙の人形をつかったままごと遊から男女一対の人形ができたのも、上巳節と結びついたものだと言われています。
 その後、人形作りの技術の進歩から質の良いひな人形ができて、ひな人形が「流す人形」から「飾る人形」になってきました。
 江戸幕府が五節句を定めてから、3月3日が「桃の節句」女の子の節句として定着し、娘の厄を受けるひな人形も華やかさを増していったということです。
 その後「ひなまつり」は一般に広がり、我が子の幸せを願う行事として親しまれ今に至っています。

 ひな人形は、女の子の厄を引き受けてくれる有り難い存在で、桃の花は魔除けや長寿のパワーがあるなど、「ひなまつり」という言葉やひな人形の由来を知ると、「ひなまつり」がより身近に感じられるのではないでしょうか。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

3月3日【今日の土曜学校】

スレッド
柔軟、多様な見方、そして考え方... 柔軟、多様な見方、そして考え方の育成の為に様々な方法で学習活動をしている土曜学校の授業風景。

机の上の整理整頓は学習の第一歩と考え、勉強しやすい環境を作ります。

それぞれの科目や単元で、細かな点に着目しながら、
一生懸命に学習に励む生徒達の机はいつも整理整頓がされています。
3月3日【今日の土曜学校】
土曜学校では毎週の授業に加え、日本の伝統・文化も学びます。
本日はひな祭りでしたので、幼稚部ではお雛様とお内裏様のちぎり絵/塗り絵工作、
小学部の各クラスでは、ひな祭りや桃の節句のお話がありました。

桃の節句に始まり、一年で5回ある節句。
ご家庭や土曜学校で養われた文化を大切にする心で、季節の節目を愛で、
家族揃って無病息災を願い、お祝いをする節句を大切にして欲しいものです。

ひな人形を見て「お内裏様、お雛様、五人官女・・・」と説明が
出来る生徒も多く見られました。


- BCA土曜日学校のFacebookはこちらよりどうぞ!-
#学校

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.28 ~ さようなら~ 

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
●BCA土曜学校のコラムVol.28●

さようなら

 BCA2のフロントオフィスに、面白い仲間がいます。
 子ども達が挨拶すると返事をする大人気の仲間は、今年の干支(えと)のかわいい”子犬”です。
 土曜学校を終え、お友達と小犬に「さようなら」と挨拶し、お友達と子犬の「さようなら」を受けて、笑顔で校舎を出る生徒さんの姿を見かけ微笑ましく思いました。

 「さようなら」は、「左様(さよう)ならば」の「ば」だけが略され、現在の挨拶言葉になりました。
 「左様(さよう)ならば」は、「そういうことならば」「それならば」「それでは」という意味です。
 「左様」は、「そう」の丁寧な言い方で「然様」のあて字です。「そうです」「そのとおりです」という意味を持ちます。
 「然」は、「そうある」という意味ですから、「然様」は「そうある様」です。
 「左」という文字があて字として使われているのは、「右大臣」よりも「左大臣」のほうが上だったように、同じ位でも「左」のほうが上位を示したということから、「左の方の通りに」と相手に敬意を表しているということです。

 もともと「さようなら、ごきげんよう」という挨拶言葉が、明治時代に男性は「さようなら」、女性は「ごきげんよう」と分けて言うようになり、昭和に入ってから女性も「さようなら」だけを言うようになったという説もあります。
 「ごきげんよう」は漢字で書くと「御機嫌好う」。室町時代に宮中の女官が用いたことが由来になっています。「機嫌」は、気分のことではなく体調のことを指していますので、健康を気づかい、どうぞお元気でお過ごしくださいと相手を思いやる気持ちが込められています。

 古くから使われている言葉「さようなら」には、周りの人や、生きている今を大事にしましょう。きっといい日になるであろう明日また元気に会いましょうという意味が込められているのですね。
 背景や意味を知って「さようなら」と言うと、言う度に相手を大切にして応援しようという気持ちがふくらむのではないでしょうか。
 「じゃあね」「バイバイ」「お疲れ様」などで代用されるようになりつつある「さようなら」は、余韻が残る優しく美しい日本語だと思います。
大事に残して、伝えていきたい言葉ですね。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ