記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

http://jp.bloguru.com/pspincJP

お問い合わせフォーム

スレッド
効果的なランディングページを作成することは非常に大切なことであるというお話を先週しました。次はウェブサイトのお問い合わせフォームの作成について書きたいと思います。

ランディングページからお問い合わせフォームに誘導できたということは素晴らしいことです。そしてその集めた貴重な情報を如何に効果的に使えうかを念頭に置いて作成しなくては、ランディングページの努力が水の泡になりかねません。

1 質問する内容

お客様から情報を入力して頂く際には、出来るだけ多くの情報を得る事を望みがちです。ランディングページでの5秒ルールと同様に、人々はそのフォームを全て入力する忍耐はありません。

シンプルにしましょう。

これはビジネスを得る最初のステップであり、一度訪問者の興味や情報を得る事が出来ればビジネスチャンスに繋げられます。多くの質問を用意しすぎず、要点をつかむようにしましょう。

最も重要なことは彼らと繋がる事です。Eメールニュースレターをお持ちなら、Eメールを送信するための最小事項、質問にとどめましょう。訪問者は面倒くさいなあと思った瞬間にそのページから立ち去ってしまいます。

2 フォーム記入欄のタイプ

出きる限りシンプルにするために、選択肢は、チェックボックス式、プルダウン式、ラジオボタン式などでいくつかのの選択肢を選べる方が良いでしょう。但し、選択肢は簡潔に。

ラジオボタンは、プルダウンの代わりに1つの選択肢を選ばせるときに良い方法で。全選択肢を表示させるため最適な回答を選び易くります。もし、選択肢を少し多く提示したい場合には、フォーム自体が長く見えてしまうので、プルダウン式を用いるようにしましょう。そうすればフォーム全体に使うスペースを削減する事ができます。

テキストフィールドも最低限とし、また、必須回答は最低限に留めましょう。

3 プライバシー要件

プライバシー保護に関する要件は明確にしましょう。今や誰もが個人情報を提示することに慎重です。プライバシー条件・要件を必ず掲載しウェブサイト内に必ず掲載し、常の確認できるようにしておきましょう。

4 ボタン

送信ボタンを ”送信” と必ずしておく必要はなく、例えば、フリートライアルを提供するならばそのボタンを ”今すぐ試す” 、ニュースレターなら ”購読する” に変えることも出来ます。目的のアクションに関係した動詞を使って表現する事も有効です。
#Jpblog #お問い合わせフォーム #コンタクト

ワオ!と言っているユーザー

ランディングページ

スレッド
初めて人あった時の第一印象は大事です。これは人にだけではなく、リテールの店頭、オフィス、そしてウェブサイトも同じこととが言えます。

 “Good”や“nice”は、人々の趣向によって様々に訳されます。スポーツカーを好む人もいればトラックを好む人もいます。そう、ウェブサイトも”見て感じる”感覚は大切で、それによりそのサイトを好きかどうかが決まります。そして、不特定な万人、億人が目にするウェブサイトをデザインする際の重要な要素は、ランディングページにあると言っても過言ではありません。

ウェブサイトのランディングページを作るときに確認すべきポイントを幾つか上げましょう。

1 時間は5秒しかありません。

サイトへの訪問者、将来の見込み顧客の目を留めるためには5秒かそれ以下しか時間はありません。訪問者の注意を引くことに気をつけましょう。ランディングページは第一印象が全てです。その印象が悪ければ、見た瞬間に人は去っていきます。

2 見出しをサポートする説明文は1~2行で簡潔に。

貴方が何者かを理解しやすくし、見出しを要約するものでないといけません。思いの丈を綴った長い文章は、最後まで読んでもらえない可能性が高いです。

4  Call-to-Action ~ 次へのアクション

ウェブサイトの訪問者に進んでほしい次のステップを、明確に表示する事が重要です。更に読んでほしい、電話してほしい、無料体験してほしい、そういった次のアクションに繋げる機会を失わないようにしてください。一人の訪問者が数秒でも長く、皆さんのウェブサイトに滞在してくれるかが勝負です。

5 最初から多くの情報を出しすぎない

訪問者に、皆さんの会社がなんでであるか、そのプロダクトの素晴らしなど伝えたいことは山のようにあるかと思いますが、あせらないでください。他のページ上でそれらを見せる機会はあります、ここは我慢です。あなたのランディングページでの目的は5秒以内で注意を惹き付けることだということを忘れないようにしましょう。

色、デザインのトーン、メッセージ、フォントなど、ランディングページのデザインイメージを創っていくには多くの選択肢があり、そしてそれらは皆さんのサイトの第一印象を決めるで大切な要素です。皆様のビジネスのブランドメッセージにきちんと沿っているかも考えて慎重に決めて下さい。




#Jpblog #ランディングページ #ウェブサイト

ワオ!と言っているユーザー

レビュー

スレッド
多くのビジネスオーナーから、ネガティブなレビューを受けることを恐れるばかりに、ソーシャルメディアを定期的に維持していくことのリスクを感じるというお話をよく耳にします。でも、そういった新しいメディアに参画していくことで、皆さんの傍の人々の声だけではなくもっと大勢の顧客の声に耳を傾ける事も実は重要です。

ネガティブなコメントやレビューを受けたとしても、その理由を真摯に受けとめ、誠実に対応することでネガティブレビューからポジティブな意見へと変えていく事が最終的には出来るはずです。

今やお客様からのレビューを無視する事は出来ません。
brightlocal.comの調査によると、92%の消費者がオンラインレビューを読み、星評価が顧客がそのビジネスを判断するためのキー要素であるということが結果として出ています。そして44%の人々は、適切なレビューは1ヶ月以内に書かれたものだといっています。

レビューを受けないという事は、ポジティブな意見、将来のビジネス機会を逃していることを意味します。事実に向き合うということが今の商売の方法なのです。

では、満足した消費者は何処で皆さんのビジネスについてレビューするのでしょうか?レビューを残すには様々な方法があります、Google、Facebookなど、また旅行業界ではTripadvisor、サービス業ではYelpなどの特定のポータルサイトなどでしょう。

brightlocal.comによると、人々はそのビジネスに関して少なくとも1~3つのレビューを読むといいます。ただし、消費者は、あなたのビジネスへのレビューが3つで、4つ星を得ていたとしても、それは信頼の置けるレビューではないということがわかっています。全てのレビューが完璧でなくても良いのです、数多くのレビューを得る事が重要です。それには時間が必要ですので、ネガティブ意見も当然けいさいされます。しかし、そのレビューに対し誠実に対応したことはわかれば、ポジティブな印象を結果を与える事になります。

悪いレビューを恐れずに、それを逆にPR手段として利用すれば、新規顧客を見つける最強の手段と化すのです。
#JpBlog #レビュー

ワオ!と言っているユーザー

本日のPSPinc

スレッド
本日のPSPinc 本日のPSPinc 本日のPSPinc 本日のPSPinc 本日のPSPinc 本日のPSPinc 本日のPSPinc
PSPincでは今日は、ハロウィーンンランチパーティでした。

本社のメキシカンのフィードトラックが横付けされ、思い思いの仮想したスタッフが集まります。

このイベントが終わると、アメリカは一気にホリディシーズンが始まります。
PSPincもこの追い込み時期は忙しくなります。慎重に確実いこなしていきたいと思います。
#Jpblog #ハロウィーン

ワオ!と言っているユーザー

携帯電話の歴史

スレッド
今日、PSPincにiphone7が届きました。人気の色を選んだ人はもう少し時間がかかるようです。iPhone6の時はあまり人気のなかったプラスですが、今回はプラス人気が高かったようです。

さて、日本の携帯電話の歴史を調べてみることにしました。

1979年、世界初の自動車電話
1985年 ショルダータイプの日本初の携帯電話。当時は800gもありとにかく
     重たかったと記憶しています。
1987年 ハンディタイプの日本初の携帯電話。その名も超小型携帯電話。
    でもまだ重く 大きなビジネバッグでないとはいりませんでした。
1989-1991年 モトローラの小型モデルの登場で一気に小型化へ。

そして世の中はアナログからデジタルの時代となり、2000年には写メールが発表されあっと驚きました。それ以降もお財布携帯、ワンセグと日本の携帯は世界の先端を走っていました。

が、2004年にスマートフォンが登場し、海外メーカの波が一気に押し寄せ、日本のメーカーは後退を余儀なくされてしまいました。

スマホがどんどん進化するなか、ウエアラブルはもう当たり前のようになり、つぎは体内に埋め込む、インプランタブルというデバイスが現れるのも遠くはないと言われています。




#Jpblog

ワオ!と言っているユーザー

Clock Link 新デジタルHTML5 クロック

スレッド
PSPinc オリジナルオンライ時計Clock Linkでは、新デジタルHTML5 クロックを発表しました。

スポーティかつマットに仕上げたデザインで、秒単位まで時刻を表示するデジタル時計です。

ギャラリーのHTML5 からお選び頂けます。

ご利用はこちらからどうぞ。
http://clocklink.com/jp/gallery/view/html5-034

#JpBlog #ClockLink #オンライン時計

ワオ!と言っているユーザー

ZMOT とは?

スレッド
“ ZMOT ( ジーモット)"という略語を聞いた事がありますか?
これはGoogleが定義し、それについて本を出版している“Zero Moment of Truth "の略語で、購買意志決定に関するマーケティングモデルです。

2004年、P&Gにより提唱された、消費者が店先に入って3~7秒は、何を買うかの選択をする重要なタイミングであり、マーケッターは顧客の感覚や価値、感情に働きかけるようにしなければならないという、“First moment of truth”と(エフモット)比較して使われるようになりました。

ZMOT ( ジーモット)は、消費者はお店に行く前に情報を収集にし、購買意思決定があるというマーケティングの概念です。
過去に、雑誌広告や、もしくはラジオやテレビの広告は私たちの意識と製品と繋げる役割をしているのだという記事を読んだ事があります。この意識を持って、消費者は製品を見て、購入を決定します。つまりは店先で製品に出会うこ意思決定の一部でした。

ところが今は、インターネットの登場により、オンライン上でその製品のレビューやインプット情報をもう見ており、棚の前に立つとき、消どのプロラクトを選ぶかをほぼ決めています。もう3~7秒も必要なくなっているのです。

人々は簡単に異なる価格の製品を選び、サービスや品質保証などを比べる事が出来ます。同じ製品を異なる販売サイトから買う要因は、販売店のサービス、アフターケア、過去の購入者からのレビューに因ります。

Eコマースサイトで展示されている商品について、消費者は既にオンラインツールにより沢山の情報を得ているのだということを忘れてはいけません。そしていかに消費者の興味を刺激し、いかに商品の情報を拡散したくなるコンテンツをもっているかを常に意識し続けることが大切です。
#Jpblog #Eコマース

ワオ!と言っているユーザー

EコマースサイトのSEO 

スレッド
SEOは、すべての分野のウェブサイトに必要不可欠な事項ですが、Eコマースサイトの運営に得に大切なSEO対策について考えてみましょう。

1. 各製品ページ

製品を紹介するページには、異なるサイズのチャートや写真、ビデオなどが使われていることと思いますが、Eコマースプラットフォームが、URL (Universal Resource Locator – つまりアドレス)に含まれる製品名をサポートしているかは必ず確認する必要があります。これにより、サーチエンジンが製品ページを製品名と繋げて認識させる事ができ、将来の見込み顧客が製品を見つけるためにインデックス化される事が出来ます。

URLは貴方のドメイン名を超え、ページ名(たとえばmy_product_page.html)が読めない文字や数字の羅列になっていない事が非大切です。

同様に、貴方の製品写真を正しいファイル名でアップロードすることも重要です。サーチエンジンがロボットスキャンを実行し、ページをインデックス化するとき、イメージのファイル名も見てます。

2. 製品の在庫切れ

在庫切れの製品でも削除せず、在庫切れだということをきちんと表示しておいてください。サーチエンジンが一度確認したページを、製品ページをクリックしてもそのページが存在しないというのは良い状態ではありません。今は在庫切れでも、後日再度利用可能となると表示しましょう。そのページが存在していたことを消してしまうことはもったいないことです。

3. 販売停止の製品

もしその製品がもう利用不可能になってしまったらどうすべきでしょう。それでもそのページは残し、販売停止であるという通知を付けておきましょう、そして最善の方法は古いURLに301リダイレクト設定を持つということでしょう。301リダイレクトは、スタッフや場合によってはサービス企業が 確立済みURLを持つページをセットアップしておき、別のページに自動的に移動させる仕組みです。

サーチエンジンは301リダイレクト設定を持つ仕組みを好んでおり、元々のページが既に存在していなくともよいのです。他の製品が、同じURLページ上に表示する事ができれば、それもまた他の良い方法だといえます。

4.新製品

新製品ページは、サーチエンジンにすぐチェックされる事は難しいといえます。最も良い方法は、他の既存ページから出来るだけリンクさせ、告知するという事でしょう。他の多くのEコマースプラットフォームはあなたへの製品のて掲載をみています。注目を浴びるアドバンテージを持ちたいなら、構成を作るように告知しリンクを付けておきます。

リンクを他サイトからつないでおくこと、新製品ページURLに既に表示されたページを通してクリックを得ることは有益です。これはブログアップデートを行うべき別の理由でもあります、新しいURLへのハイパーリンク・クロスリンクを持つ必要があるときに定期的な土台として活用でき、ご自身のメディアを保有しているということです。
#JpBlog #Eコマース #SEO

ワオ!と言っているユーザー

Sophy Plus 様 ウェブサイト公開

スレッド
Sophy Plus 様 ウェ...
アメリカで生活していますと、ハンドシャワー完備の日本式のお風呂が懐かしくなります。

Sophy Plus様は、全ての構成部材や部品を工場で生産・加工し、現場ではこれらの部材・部品を組み立てるだけで完成させることが可能なシステム化された、日本製システムバス(洗い場付浴室)を販売しておられます。

PSPincでは、本日Sophy Plus様のウェブサイトを公開致しました。このサイトは、PSPincのホスティングサービスび含まれるウェブサイトビルダーの中のテンプレートをお選び頂き、ヘッダーをオリジナルで作成の上、お預かりした文章、写真をデザイナー入力して公開致しました。

http://www.sophyplus.com


ウェブサイト作成のお問わせは、info@pspinc.comまでどうぞ。
#Jpblog #ウェブサイト作成

ワオ!と言っているユーザー

Bloguru 新テーマ公開

スレッド
PSPincオリジナルの無料ブログサービスBloguruでは、新しいテーマを公開しました。テーマは<フォトグラフ>です。

PSPincのブログも早速、衣替えしてみました。如何でしょうか。

ご利用はこちらからどうぞ。http://jp.bloguru.com

お問わせは、info@pspinc.comまで。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ