記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

http://jp.bloguru.com/pspincJP

オンライン広告の価格

0 tweet
スレッド
多くのオンライン広告費用は、、印刷広告やテレビ広告とは異なり、クリック、印象などの他の測定値に基づいています。

どのような形式の広告であっても、広告の範囲が広がると効率が低下する可能性があります。広告があまりにも狭く絞られている場合は逆に、適切な人に連絡する機会を失うことがあります。皆、さまざまなオンライン広告キャンペーンを試してみようと心がけています。

それでは、オンライン広告を検討する際に理解しておくべきコストモデルの一部をご紹介します。

1;CPM - Cost per Mille

per mille(Latin)は1000あたりの平均を意味します。したがって、CPMは1,000インプレッションあたりのコストを意味します。つまり、クリックされたかどうかに関係なく、広告が誰かに表示された回数の1000倍ごとに支払うことになります。このモデルは主にバナーなどのディスプレイ広告で使用され、より幅広いリーチ広告の目的に使用されます。同じ用語は、他の伝統的なメディアでも使用されています。 CPMモデルを使用すると、広告を最も効果的にするためにより多くのユーザーを獲得する必要があります。

2:CPC - Cost per Click ~ クリック単価

Google AdWordsのおかげで、CPCの人気が高まっています。クリック単価とは、ビジネスに関連する検索ワードに単価を設定するだけで、検索結果の中に会社のウェブサイトの広告が表示されます。そしてその広告がクリックされると支払いが発生します。たとえば、誰かがGoogleで「シアトルのWebホスティング会社」を検索し、Googleがその検索語句に入札してスポンサーリンクとしてその広告が表示され、それがクリックすると請求されます。

CPCでは、キーワードの入札単価を高く設定してGoogleの最初のページに広告を表示したり、クリック単価を低く設定してページの2ページ目または3ページ目に表示するような調節も可能です。

3:CPE - Cost Per Engagement ~ エンゲージメント単価

エンゲージメントベースの価格設定は、広告のアクティビティに応じて料金を請求します。エンゲージメントは、動画を再生したり、一定期間広告を表示したりすることができます。 Facebook広告の場合は、お問い合わせフォームに記入しているか、電話をかけている可能性があります。

予算に合わせて広告の構造を選択しても、健全な範囲で広告を配信することとターゲットユーザーに適切なバランスをとることが重要です。
#JpBlog #オンラインマーケティング

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
コメントの投稿にはメンバー登録が必要です。
ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
ログイン
まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
新規ユーザー登録へ