記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

http://jp.bloguru.com/pspincJP

クラウド移行前に考えなくてはいけないこと

スレッド
Statista.comによると、クラウドコンピューティングとホスティングの全世界的な市場は、2011年の300億ドル規模の業界から、現在では800億ドル規模へと成長し、1年程で、1000億ドル規模の市場へと成長すると見込まれています。これは非常に大きな市場です。

クラウドのアクセシビリティ、可用性、手ごろな価格は、ビジネスにとって最適な好条件であることが、クラウドコンピューティングの成長に拍車をかけています。

しかし、あなたのビジネスがクラウドに移行すべきかどうかを判断する際に、考えなくてはいけない重要な要素が幾つかあります。

1: コスト

クラウドに移行するための初期費用は、オフィスで同様のシステムを手に入れようとするよりも低いかもしれません。 たとえば、新しい在庫ソフトウェアを検討している場合は、コンピュータ、サーバ、オペレーティングシステムなどを購入する必要はありません。ソフトウェアの選択に応じて、代わりにSaaS(Software as a Service)を購読することができます。 初期コストと購読ベースのランニングコストを分析する必要があります。

2: ワークフロー & ポリシー

一度データやソフトウェアをクラウドへ移行すると、ビジネスワークフローやポリシーを見直し、それに応じて再設定する必要があります。例えば、クラウドベースのデータストレージは平均使用スペースに応じて課金される場合があります、課金されるとなると、何がクラウド上にある必要で、何が必要ないのかを明確にし、チームにそれらのルールに沿うよう考えなくてはいけません。

3: インターネットスピード

一度クラウドに移行すると、インターネット接続に左右されるようになります。幸いにも、今は我々の携帯電話も高速ですが、自身のコンピュータでソフトウェアを実行しているのと同じようには動きません。プロジェクトが一度クラウドに移行すると、オフィスのインターネットのスピードが生産性に影響を与える可能性もあります。

4: モニタリング&トラブルシューティング

社内サーバーへのアクセスが遅い際は、再起動をするだけでした。しかし、一度サーバーをクラウドへ移すと、どのように問題を監視してトラブルシューティングを行いますか? 選択したサービスによっては、異なるプロトコルを使用することもあります。もう簡単にサーバーの電源を外すことはできません。あなたやオフィスのスタッフは誰に連絡するか、何を行うかを知っておかなければなりません。

5: プランB

いずれにせよ、100%完全なシステムはありません。

マーフィーの法則は存在します。

何事であれ失敗する可能性のあるものは、いずれ失敗する準備をしましょう。そしてプランBを持ちましょう、全ての卵を1つのバスケットに入れることはないようにしましょう。
#JpBlog #クラウド

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ