記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

https://jp.bloguru.com/pspincJP

最近企業がプライバシー方針を更新する理由

0 tweet
スレッド
最近企業からプライバシーポリシーがアップデートされたというお知らせのメールがよく来ませんか?

これはEU(欧州連合)の「一般データ保護規則(GDPR)」が2018年5月25日に施行されたので企業側はあなたに企業が規則に従っていることを知ってもらいたいからです。

今日私たちの個人情報はインターネット上にあふれかえっており、EU法に基づいたこの新しい規則はこれまでの各国に独自の規制があるといったようなものとは違います。EUは私たちの個人情報を守り処理していくために、全面的に企業が守らなくてはならない基準となるルールをつくりました。これはEU加盟国にある企業だけではなくEC加盟国の国民に製品・サービスを提供する会社も従わなくてはいけません。もしあなたの企業ウェブサイトにプライバシー規則が既にあるのであれば、EU国民のために定義されたGDPRにひっかかっていないか確認した方が良いかもしれませんね。欧州委員会によると、個人情報はそれが個々のプライベート、仕事、社会に関連しているどんな情報でも個人情報であり、それは名前、住所、写真、E-mailアドレス、銀行データ、ソーシャルネットワークサービス、医療情報、コンピューターのIPアドレスの可能性もあります。
もしあなたが経営者なら、あなたの顧客の個人情報を常に守るなどの顧客データの保護が主な目的となるルールになるでしょう。顧客のクレジットカード情報を誰もが出入りできる場所に置かないでください。クレジットカード情報の入った文書は必ずシュレッダーしてください。あなたのプライバシー方針をオンラインのプライバシー声明上で説明してください。あなたがどのように顧客情報を扱うかはあなたがどうゆう経営者であるかに反映されます。
第三者に集められ、保持され、共有されることを許さない限り、新しい規則のもとで、以下の法人格の意図的なものを除きそれが外に流出することはないでしょう。
・欧州連合基本権憲章によって除外された場合(特に子どもの場合)を除く、データコントローラーや第三者の正当な利益
・公共利益や公的権限における案件を行う場合
・データコントローラーの法的義務に応じる場合
・データ主体における契約上の義務を満たすため
・誰がデータコントローラーとの契約に入る過程にいるのかというデータ主体の要求で案件を行う場合
・データ主体や他者の大きな利益を守る場合
これは顧客情報を扱う上であなたのプライバシー方針を定義する、あるいは更新するのにちょうど良いタイミングです。こうすることによってあなたの顧客だけでなくあなたのビジネスも守れるのです。

参考文献: https://en.m.wikipedia.org/wiki/General_Data_Protection_Regulation
#pspinc #プライバシーポリシー

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ