記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

http://jp.bloguru.com/pspincJP

PSPinc30周年記念パーティ

スレッド
PSPinc30周年記念パーテ... PSPinc30周年記念パーテ... PSPinc30周年記念パーテ... PSPinc30周年記念パーテ... PSPinc30周年記念パーテ...
昨晩、PSPinc30周年記念パーティが開催されました。

大勢の皆様のご列席を賜り、ターミネーターに扮しました会長内倉、社長中村、そしてスタッフ一同心よりお礼申し上げます。そして、40,50・・・・100周年も迎えることができますよう、気持も新たに業務に励んで参ります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。
#JpBlog #PSPinc30

ワオ!と言っているユーザー

人工知能とクラウドの進歩

スレッド
現代において人工知能(AI)が、ますます当たり前になりつつあります。

クラウドコンピューティングでは、AIは中小企業でも利用可能で、たとえば、IBMのWatsonのコマーシャルは、問題を解決しより効率的なプロセスを作成するために、人間を理解し、学び、交流し、仕事をすることができる技術を示しています。 ワトソンは未来の話ではなく、今入手可能なのです。

最近私たちの周りにたくさんのデータと情報があふれていますが、AIがそれらすべてを簡単に分析してしまうのです。

たとえば、ソーシャルメディア。 過去に、ソーシャルメディアのパフォーマンスを分析したい場合、ソフトウェアにデータをアップロードし、それに応じてデータを指定または変更する必要がありました。 今は、クラウドベースのAIの一部は、インテリジェントに受信したものを分析し、自動的に分析を提供することができます。

AIは、入力(インプット)と出力(アウトプット)のパターンから「学習」することで解決方法をみいだすのです。

Googleには、使用するすべての人からのデータをキャプチャして外国語を学ぶためのコンピュータ入力に対応するフロントエンドプロセッサ(FEP)というものがあります。 そのデータは、ユーザーが単語や文章を入力する前に翻訳を提案することによって、将来の入力のための学習の場になります。

音声認識はAIのもう一つの形です。 あなたのスピーチ(入力)を聞いて、機械は可能な解決策(出力)を作り出すために、より多くのパターンを収集します。 コンピューターの情報が多くなればなるほど、正しい出力が得られる可能性が高くなるのです。

クラウドコンピューティングとインターネット、そして情報の継続的な入力により、洗練された人工知能を創造するべく、世界はこれまで以上に速く動いています。
#JpBlog

ワオ!と言っているユーザー

インターネットスピードで知っておくこと

スレッド
クラウドに移行するときに考慮すべきことの1つが、クラウドが存在する場所であるインターネットの速度です。様々なインターネットサービスプロバイダー(ISP)を調査する際は、クラウドに移行する際はチームの生産性に影響するため、接続タイプを選ぶときの基本的な用語は知っておいたほうが良いでしょう。

1;スピード

“大きければ大きいほど良い”は、インターネットスピードにも適用されます。インターネットスピードについて表すとき大文字のBではなく小文字のbを使用していることはご存知でしたか。

通常、接続速度はMbps(メガビット/秒)という単位で記述されます。これは、”バイト”という単位ではなく、”ビット”で測定されます。そのため、小文字のbです。そして1秒間に何ビット動かすことが出来るかは、インターネットのスピードを測定する際によく使用されます。1バイトは8ビットからなります。ですので、10Mbp = 10MB/秒と考えているとすればそれは間違いです。正しくは、10Mbps = 10,000Kbps / 8bit = 1250KB (1.25MB)が1秒に動かせます。

あなたのインターネット接続についてWebブラウザ上で確認することができます。また、Googleで”speed test”と検索することで、コンピュータの接続を確かめるプログラムを見つけることが出来ます。

ISPはアップロード速度の代わりに、ダウンロード速度を向上させる傾向にあります。一般に彼らは、アップロードとダウンロード速度が同じになるオプションを提供していますが、価格は通常よりも高くなる場合があります。


2;接続の種類

接続には、DSLやCable、Ethernet、Fiberの種類があります。特定のエリアでは、ラジオや衛星接続などがあります。

我々の多くはDSLやCable、Ethernetに馴染みがあるでしょう。それらは全て銅ケーブルで伝送されています。配信方法は異なりますが、速度はISPのPOP(Point of Presence)からオフィスまでの距離には影響されません。しかし、離れると信号は弱くなります。 また、インターネットの速度は、ISPが紙であなたに伝える速度よりも遅くなる可能性があることに注意してください。

光ファイバーは電気の代わりに光を利用してデータを伝送するため、データはより高速になり、銅線上の信号のように消耗しません。 残念ながら、ファイバーはまだすべての都市と街路で利用できるわけではありませんので、プロバイダーに確認してください。

宣伝などに惑わされず、ご自身のビジネスにあった接続オプションをお選びください。
#JpBlog #クラウド

ワオ!と言っているユーザー

クラウドのセキュリティ

スレッド
今日のインターネット時代で、ファイルを最も安全に保つ方法は、すべてをオフラインにすることですが、残念ながら、それは実現不可能です。 クラウドコンピューティングのような新たな技術を運用する際には、新たなリスクと課題を常に認識しておく必要があります。 セキュリティについては、次の点に留意してください。

1: 情報漏洩

有名人の写真がクラウドのストレージ領域から盗まれた事件は、幾度となく耳にします。 私たちがクラウドコンピューティングを利用するということは、同じリスクがあるということです。 オンラインではないローカルコンピュータにデータを保存していない限り、クラウドでオンライン、電子メールなどでデータを送信するときはいつでも、このリスクに直面します。 誰がクラウド内のファイルにアクセスできるのかを認識し、パスワードを文字、数字、大文字が含まれるものに設定し、定期的に変更してください。 (”Password”や “0000”のようなものを使用しないでください)定期的にクラウドアクセスのステータスを監査し、チームがアクセス、共有、パスワード変更のためのポリシーに従っていることを確認してください。

2; ハッキング

ハッキングは、悪意のあるソフトウェア(マルウェア)をインストールしてWebブラウザを制御する場合に発生し、これは思うより頻繁に起こっています。 弱いパスワードやソフトウェア自体のセキュリティが原因で何度も起こることもあります。 ソフトウェアが最新のもの(最新バージョン)であることを確認し、強力なパスワードを使用して下さい。 時には、気付かない間にハッキングされていることもあり、敵はあなたのパスワードやアカウント情報をいつも狙っています。 自分以外のサイトではパスワードを使用しない、クレジットカードと銀行の明細書は頻繁にチェックをすることをお勧めします。


3;悪意のあるファイル

ハッカーたちは、綺麗に見えるWebサイトに悪意のあるファイルは挿入し、よからぬ写真や、意味不明のコンテンツに書き換えたりします。サイトの所有者は、自分のサイトが感染していることを知らないことがよくありますので、手遅れになる前に、定期的にアンチウイルス、アンチスパイウェア/マルウェアソフトウェアプログラムを利用してください。

4;ソーシャルエンジニアリング

ソーシャルエンジニアリングという技術を使って、オフィスに電話をかけたり、電子メールを送信したり、職員や銀行、または身近な人物になりすまして、パスワードや社会保障番号などの機密情報を取得しようとします。かなり巧妙かつ高度な技術を酷使してきますので、少しでもおかしいとおもったら問い合わせをすることを強くお勧めします。
#JpBlog #クラウド

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ