記事検索

PSPinc 日本語公式ブログ

http://jp.bloguru.com/pspincJP

クラウドとは?

スレッド
その昔、大型コンピュターは、十分な資金を持つビジネスのためのものでした。最近では、スマートフォンですら、以前の大型コンピュータよりも高度な機能をもっています。

20世紀のパソコンやインターネットの進化により、我々は迅速な情報へのアクセスと処理を行えるようになりました。21世紀には、スマートフォンやタブレットが革命を起こし、世の中は一気に変わりました。

今、我々は共有コンピュータ処理資源とデータを必要に応じてコンピュータや他の端末に提供する、インターネットベースのコンピューティングである”クラウドコンピューティング”の時代に突入しています。(Wikipedia より)

より簡単に言うと、クラウドコンピューティングとは、様々なデータをコンピュータのハードドライブ上ではなく、インターネット上で保存しファイリングするというものです。そのため、情報は我々の端末と繋がっているオンラインネットワーク上に保存されており、簡単にファイル共有ができるということです。ファイルをクラウド上に置くことで、ファイルのための保存容量を減らすことができ、様々な端末からデータにアクセスすることが出来るようになります。

クラウドコンピューティングがビジネスのトレンドとなる前には、我々は情報処理を自身のコンピュータもしくは社内サーバー上で行わなければなりませんでした。アマゾンやグーグルのような大企業達は常に大きなデータセンターと強力なコンピュータを必要としていました。現在では、これらの企業のデータセンター、インフラ、コンピュータはクラウド上で相互に繋がっています。

クラウドコンピューティングの進化により、多くのコンテンツ提供者はクラウドに移行し始めました。

例えば、会計ソフトウェアは、以前は、社内サーバーにあったはずです。現在、ソフトウェア会社はクラウド上でソリューションを提供しているため、サーバーにインストールする必要をがなくなりました。実際、彼らはソフトウェアの購入またはダウンロード料金を請求するのではなく、購読料を代わりに請求するか、または使用量に基づいて請求します。

最後に、多くのビジネスは集中型サーバーやソフトウェアを保有する代わりにクラウド上で業務を行っています。クラウド利用のメリットは、様々なアプリケーションやIT資源が利用できること、バックアップされたファイルや共有しやすいファイルが無制限に保存できることです。
#Jpblog #クラウド

ワオ!と言っているユーザー

PSPinc 新サイト公開

スレッド
PSPincの2つのホームページが新しくなりました。

こちらからご覧ください。

http://www.pspinc.com
http://www.dreamersi.com/jpn/home

お問い合わせはsales@pspinc.cmまでどうぞ。
#Jpblog

ワオ!と言っているユーザー

ソーシャルメディアとカスタマーサービス

スレッド
多くの場合、我々は電話やライブチャット、Eメールでのコミュニケーションを通じて、カスタマーサービスを提供できると考えています。ですが、他の新しいメディアについてはどうでしょうか。ソーシャルメディアはカスタマーサービス使えうるのでしょうか。

それでは、なぜ使わないのですか。

我々の顧客に、オープンコミュニケーションチャンネルをコントロールできると聞くと恐ろしいような気がしますが、それは我々がどう準備しているのかにかかっています。結局あなたは問題に対して目を瞑ることはできません。

Facebookには17億人、Instagramには4億人、twitterには3億2千万人、Google+には3億人、LinkedInには1億人のユーザーがいます。我々はこれらの多くのアカウントを持っていますので、最低でも17億人の人がソーシャルメディア上でコミュニケーションをとっているといって問題はないでしょう。世界の人口は76億人ですので、世界の5分の1はソーシャルメディアを活用しています。ビジネスにとってこのソーシャルメディアの波を避けて通ることは、難しいでしょう。我々はこのメディアで顧客の意見を聞かなければなりません。

ソーシャルメディア上でのカスタマーサービスで、すべきものとすべきでないものを考えてみました

1. ソーシャルメディアを避けない

前述のように、もうビジネスでのソーシャルメディアの利用を避けることは不可能でしょう。全てのビジネスが成長し、良い顧客体験を欲しているとするならば、ソーシャルメディアは確実に必要といえるでしょう。

2. 否定的な投稿を無視しない

我々は皆、否定的な意見が嫌いです、ですがそれらをポジティブに捉えてみましょう。否定的な意見は、ポジティブな経験に変わりうるのです。誰もがミスを犯しますが、それをどのように処理するのかが大事です。

3. 真摯に対応する

難しい問題を処理している際に、嘘をつかないようにしましょう。偽らず、フォローアップするようにしましょう。顧客は嘘をすぐに見抜きます。

4. 素早く対応する

デジタルの時代では、人々は素早いことを求めます。回答や対応に対しても同様です。顧客の投稿を、見つけたらすぐに対応しましょう。

5. 投稿に対する改善策が無かったとしても対応する

投稿に対しての答えを持っていなかったとしても、後日連絡しますといった対応をしましょう。認識されることは、顧客がサービスとして得ることができるものです。あなたがしなければならないことは、意見を聞いたということ、そして素早く対応することです。
#JpBlog #ソーシャルメディア #マーケティング

ワオ!と言っているユーザー

CRMツールは顧客との関係作り

スレッド
我々は時々、製品やサービスを売るためのマーケティングは顧客との関係のスタートでしかないということを忘れてしまいがちです。

ご自身に問いかけてみてください。あなたはどのくらい顧客基盤について知っているか。あなたはどのくらい、顧客の状況、意見、要望などいについて知っているでしょうか。

多くの企業が、顧客の情報、プロジェクトの状況などを把握するため、CRM (Custormer Relationship Management)、顧客管理システムを使用しています。

多くの方はスーパーマーケットの特典付きのカードを持っていますが、それは一種のCRMといえます。
そのカードにより、企業は顧客の購入履歴を把握することができ、パターンを知ることができます。今特典カードを持っていることの利点は、追加の割引が受けられることですが、近い将来、個人のパターンに合わせた、オリジナルの割引が受けられるようになるでしょう。

日常品のお買い物のレジで印刷される個人用のクーポンをもらったことはありませんか?スーパーが、あなただけのための割引を用意しているのです。

CRMデータは遠くの場所まで繋がるので、それゆえに”ビッグデータ”として知られています。データの収集管理は、携帯電話、特典カード、クレジットカードの情報、Eメールなどで保管され、企業が情報を把握し、より個人的な情報を積み上げていくのです。

80年代や90年代の人気のビジネスは、多くの選択肢と大きな購買力のある大型の小売業界でした。今のトレンドは、よりコンパクトに、よりパーソナライズされたものが人気で、80年代、90年代の逆になってきています。

Web2.0の技術から学んだように、若い世代は、自身の権限を重視し、個人主義を好みます。CRMは顧客とビジネスにおいて、1対1の近い関係を実現させ、ビジネスは、番号ではなく個人としてそれぞれの顧客を扱うことが出来るようになってくでしょう。

#JpBlog #ブランド #マーケティング

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ