記事検索

弁理士 田中ブログ

http://jp.bloguru.com/tanakablog

フリースペース

陰翳礼讃が分かる歳になったのだろうか

スレッド
陰翳礼讃が分かる歳になったのだ...
先日、腕時計を見に行ったのですが、実物を見てみると何か心に響くものがありません。
クラシックモデルなのですが、逆にそのシンプルさが仇になって安っぽく見えてしまう気がしました。
一方、実物を見ていいと思ったのが、いま使っているGSです。
この時計もとてもシンプルなのですが、立体感のあるシンプル、丁度、日本刀のようです。

同じシンプルでも立体的を醸し出しているかどうかですが、この立体感を醸し出しているが陰翳な訳です。

日本のデザインの原点は陰翳なんだと改めて気づかされた次第です。

ワオ!と言っているユーザー

弁理士的閃き

スレッド
これはダメだろうと降参状態の拒絶理由に接しているとき、勤務時代だったら同じような判断の知財部の指示でアバンダンになる案件でも、大企業以外の案件は、そう簡単に諦めさせてくれません。
絶対に何とかして下さい、と発破をかけられ、無理とは言えない状況に追い込まれます。
そんな案件を抱えながら数日がすぎると、不思議なもので、一瞬の光が射し込むときがあります。
最初は何とも言葉で説明できないモヤモヤとした内容なのですが、次第に明確化してきます。
最終的には、拒絶理由をクリアできる方法をピンポイントで捉えることになります。
不思議なもので、当初は絶対に無理だと思っていたのが、最後は、コレは行けるという確信に変わります。
ここまで来ればあとは、審査官の心証を変える文章力で、その思いを意見書に反映させます。
いつもこうなるとは限りませんが、弁理士冥利に尽きる思いです。

ワオ!と言っているユーザー

価格競争には付き合わない

スレッド
週末にアメリカの出願人から日本出願の問い合わせがありました。
メールの内容をみると、かなり手慣れた様子で、明後日までにベストプライスのオファーを貰いたいという内容で締めくくられていました。
国内も同様のことが少なくないのですが、いわゆる相見積もりです。
最初のころこそ、このようなメールにも真摯に回答をしていましたが、それで契約が成立した試しがありません。
特許出願の代理人を選ぶ基準は、本来であれば、代理人の能力、信用、相性であり、決して値段ではないはずと考えています。
能力、信用、相性がマッチしたうえで、値段の交渉をするというならわかりますが、最初に値段の交渉をしてくるケースに対しては、こちらから降りるようにしています。
初対面の相手に対していきなり値段交渉ができない自分は、現地の代理人に対してディスカウントの要求をしたことはありません。
こちらがディスカウントを要求しなくても、コレポンを繰り返していると、大抵は先方から価格ダウンの提示があるものです。

ワオ!と言っているユーザー

ビザの相談

スレッド
中国にいるときにビザのことでいろいろと苦労してきたので、日本に戻ってビザのサポートを始めることにしました。
ビザを維持するためにはある程度の不便を強いられることは仕方がないのですが、そのことを忘れて、いざ更新のときに、駆け込み相談というパターンがとても多い。
今回の相談もそのパターン。
入管が納得できる事情かどうか、そしてそのことを疎明できるのかどうか。
書面審査なので、審査官が納得できる書面を用意できなければ不許可になるのは仕方がない。
折角取得したビザなのだから、もっと大切に扱って欲しいと思います。

ワオ!と言っているユーザー

アラブ代理人からの商標権移転問い合わせ

スレッド
UAEの代理人から商標権移転の問い合わせがありました。
丁度、最近、商標権移転手続きをしたばかりなので、鮮明に手続きを覚えていたため、すぐに必要な書類と費用について返事をしました。

移転手続きに必要な委任状について、すぐに問い合わせがあり、すでに委任状は用意してある、という回答。
??でしたが、UAE代理人に対して譲渡当事者が委託した委任状があるとのこと。

前回の中国のときもそうだったのですが、なぜ日本の特許庁へ手続きするのに、現地の中間代理人の委任状が有効だと思ってしまうのでしょう。

現地に委任状を提出するときは、現地代理人に対して日本企業が委任したことを示す委任状を提出しているにも関わらずです。

恐らく、このアラブの代理人も中国の代理人も、外内ばかりで内外は件数が少ないのだろうと良心的に考えることにします。

ワオ!と言っているユーザー

オフィス移転

スレッド
数ヶ月前から考えているオフィスの移転。
今のところはとても気に入っているのですが、数ヶ月前から周辺環境が変わってしまい、それが移転の動機です。

移転するとすれば場所は決まっているのですが今は空きがありません。
昨日、空きが出たら教えて下さい、と管理会社に手配しておきました。

上海にいるときは、気軽にオフィス移転していたのですが、日本はそう簡単にできるものではありません。
移転費用も高いし、移転したあとの手続きも多すぎます。

数ヶ月先か数年先か分かりませんが、とりあえず移転に向けての第一歩を踏み出しました。





ワオ!と言っているユーザー

ロシア意匠出願

スレッド
いつも商標を依頼しているロシアの代理人から意匠出願の請求書が届きました。
欧米、アジアの相場のつもりでいたのですが、予想に反して高い費用にびっくり。
出願後の名義変更を依頼したことも高くついた原因なのですが、それにしても高すぎると思い、他の代理人から意匠の見積もりを取り寄せて検討することにしました。

見積もりだけの比較では、飛び抜けて高い訳ではないのですが、やはりイレギュラーなことをさせてしまったのが原因のようです。

他の国では出願時に新しい名義で出願できるのですが、ロシアだけが基礎出願時の出願人にこだわり、出願後に名義変更という手続きを強いられたわけです。

ここの代理人は日本の事務所からの依頼も多い代理人なのですが、なかなか自分好みの代理人が見つからず放置しておいたのですが、これを機会に次の意匠出願は、見積もりを取り寄せた代理人に依頼するつもりです。

ワオ!と言っているユーザー

ブラジル代理人来所

スレッド
今朝、ブラジルの代理人が来所しました。
宿泊先の東京からわざわざ静岡まで移動して頂き感謝です。

税関の輸入差止めについて情報交換をした後、駿府城公園の茶席に案内しました。
海外の代理人が来所したときは、いつも利用する茶室です。

次回のINTAのときにサンパウロで会おうと言って別れましたが、いつかは行ってみたい都市です。

ワオ!と言っているユーザー

事務所サイトをSSL化しました

スレッド
数日前から事務所サイトにアクセスしようとするときに、「安全ではありません」というメッセージが出るようになりました。
GoogleがSSL化を推奨していることは知っていましたが、ブラウザの検索窓に表示するとは思っていませんでした。

お客様がアクセスしたときに、安全ではありません、というメッセージを表示するわけですから、営業妨害とも受け取れるのですが、そんなことを言っていても埒が明かないので、事務所サイトをSSL化することにしました。

以前にレンタルサーバー側では独自SSL証明書を取得しておいたので、あとはワードプレス側でSSL対応にするだけです。
分かってはいるのですが、これをマニュアル作業でやるとなると、結構大変なので、プラグインを探してみたところ、ありました。

本当はプラグインに頼らない方がいいのですが、やりだすと丸一日潰れそうなので、プラグインのお世話になることにします。
結果、3分ほどで、2つの事務所サイトのSSL化が終了しました。

さてこれから打ち合わせに行ってきます。

ワオ!と言っているユーザー

海外サイトへ広告を出しました

スレッド
昨晩、12時を廻ったころ、LinkedInにメッセージが入りました。
この手のメッセージのほとんどは、外国代理人からの自社宣伝なのですが、今回は、各国の弁理士を紹介するサイトを運営しているので、そこに事務所名を出さないか、というオファーでした。
日本でも良くある、ウェブサイトの広告案内です。

普通なら無視してしまうところですが、LinkedIn経由なので、無料なら参加するという内容を返信。
勿論、無料な訳がないことは承知です。

返信の内容は、無料だったらこのサイトを運営することができないし、とても安いから是非検討してくれ、という直球の返信。
そのやりとりが何か憎めなくて、結局、費用を払って事務所名を載せることにしました。
田中特許事務所と取引きがある海外の代理人もかなり掲載されていました。
それにしても日本に比べれば遥かに安い掲載料です。
今回参加したサイトはココです。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ