《 “令和 庚子!”朴訥・/・視感20-01》

0 tweet
土鈴といえども洒脱だ。

《私心・_・襍囈⇔2020年“元日”》
明けましておめでとうございます。

今年は、ねずみ年。十干十二支で云えば、庚子(かのえね)。
子年は、十二支の一番始めの年。新しい運気の始まりと言えるか。
植物が、成長に向かって種子が膨らみ始める時期である。
この先に向かう、未来への大いなる可能性を感じさせてくれよう。
己にとっても偶然かもしれないが、心の方向性を思う年と感じる。
我が家に居る「子の土鈴」かわいい音色と同時にかわいい風貌。
※追記※
「子(ね)」を仏教の世界での守護神は、千手観音と言われている。
正しくは、千手千眼観世音菩薩(せんじゅせんげんかんぜおんぼさつ)。
千の手と千の眼は、慈悲の広大さと、救う手段の豊富さを表します。
冠についている顔は11面または27面。顔が幾つもあるのは、
救う相手により一番効果的な接し方をすることを表す。
千手と云われるが、代表的に42本の手を持つものが多い。
仏様の手を数えるときは、本ではなく臂(ひ)という。
顔が3つで手が6本のときは三面六臂と云われる。
言葉を突き詰めると楽しい。ここでは、仔細は略す。
「令和弐年太簇」
#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ