“2019年元旦”《森羅・/・万象19-01》

近在の泉の森を見守ってくださる... 近在の泉の森を見守ってくださる{熊野神社やしろ」
ヒマラヤ山脈麓に位置する「ネパ... ヒマラヤ山脈麓に位置する「ネパール」
素朴だが艶やかな「糸」を産する国。こうした小国と共同する。
ネパールには、神聖な所として立ち入れない山がある。
「マチャプチャーレ」、そんな山と人間感性を大切にしたい。



《時節・_・襍感⇔紡ぎ始める年!?!”》
今年は、穏やかな・陽ある感で元旦を迎えた。冷え込んだ、と言った実感はなかった。

明けましておめでとう御座います。本年も良しなにお付き合いお願い申し上げます。

愈々、平成から**へと代が受け繋がれようとしています。
明仁天皇には、深々と頭を垂れたいと存じます。
そして次代徳仁天皇には、ご専門の交通史、流通史を広く国民に語って頂きたい。
「道」「水」についてもであります。

相模湾・・・先年末に蒲鉾を紹介しましたが、相模湾は、海洋生物の宝庫です。
昭和天皇は、世界に3例しか見つかっていない蟹を発表しています。
甲殻類の中にサカイラ(酒井属)という故酒井 恒博士を冠した属があります。
その中に、学名サカイラ インペリアルと言う蟹がおりました。
「相模おさちら蟹」と言われる可愛い蟹、しばらく前を思い出しました。

今年は、祝意ある年、これからを「紡」ぎ始まろうとしています。
西欧の友に紹介したい次天皇、(Qui bis tincto telas・糸を紡ぐ人)。
歴代天皇から少し学ばせて頂こうかと存じおります。

今年は、言霊(De linguam meam)を考えてみたい。森羅万象(Rerum natura)を以って。
「2019年元旦」

#ブログ

ワオ!と言っているユーザー

×
  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ