記事検索

tomokonakamuraのブログ

https://jp.bloguru.com/tomokonakamura

フリースペース

困っていることを解決してあげると、心の距離が縮まる?

スレッド
こんにちは!

パフォーマンスアップコーチのナカムラトモコです。



相当以前なのですが、とあるランチ会に参加しました。

7,8人の少人数のランチ会だったのですが、主催してくれた方がなかなか面白いことをその場でやって下さったのでご紹介したいと思います。


普通ランチ会って、名刺交換して、ご飯食べて・・だと思います。(って、参加したことはないんですが^^;)

余程のインパクトがあったり、何度もその会に参加して顔を合わせない限り、参加者同士がすぐに仲良くなるなんてことはそんなにないでしょうね。


このランチ会では主催の方が面白いカードを持って来られました。

名刺大の大きさのカードなんですが、そこには色々な質問が書かれているのです。

例えば「夢は何ですか?」とか「最近あったいいことは?」とか。

その質問について各人が自分のカードに書き込み、それをネタに自己紹介するわけです。


で、この時、これはなかなかいいなぁ・・と思った質問が、

「今、困っていることは何ですか?」。


初対面がほとんどなので、そんなに深い困りごとなどは言えません。

でも、ちょっと解決したいんだけれど・・・と言う様なものだったりすると、そこに参加している方が「それなら私が解決できます」と言うことができたり、「知人でそれに関して解決できそうな人がいますよ」と言うこともできたりするわけです。


これがなぜ凄いかと言うと、ただ単に名刺交換して、世間話をするだけでは、相互の心の距離感と言うものはなかなか縮まりません。

でも、何か困っていることに対して助けると言うことになれば、その後積極的に連絡も取り合うことに発展するでしょうし、解決して貰った方は相手に対して有難い気持ちが生れるわけです。

そして有り難いことをしてくれた人に対して好意が増すのです。


反対に解決してあげた方はどうかと言うと、何かをしてあげると言うことは、相手に好意を持つことに繋がるので、これまた好意が増すわけです。


心理学では「相手に好かれたければ、何でも良いから頼むのがよい」と言われています。

普通、人は‘(相手を)好きだから尽くす’わけです。

それによって好きになって貰いたいと言う‘返報性の期待’があるからなのですが、実は‘尽くすから好きになる’と言うこともあるそうなんですよね。

なぜなら、尽くす方、すなわち、してあげる方は、相手のことをそもそも嫌いだったら、お願いされてもしない、と思っているから。

だから、何かしてあげると言うことは、自分はこの人のことを好いている(嫌いではない)と、すればするほど今度は自分の方から相手に好意を持つ様になるということらしいのです。


初対面でもお互いに相手のためになることをやってあげることによって、早急に仲良くなれるわけだから、この「困っていることを発表する」と言うのは心理学的にも非常に素晴らしいやり方だと言えます。



異業種交流会など、何か催そうと思っている方、せっかく引き合わせるのなら、参加者同士が早くいい関係になって欲しいと思いませんか?

そんな時にはこれ、使えると思います。

ぜひ試してみて下さい^^









************************************************

ラインでのお問い合わせ

友だち追加

※お友達申請してくださった方で
メッセージを送ってくださった方には
「部下育成にこう使えばいい!
   効果的なコーチング活用法」
(pdf)
を差し上げます。

************************************************

ナカムラトモコの体験コーチングを受けてみたい方はコチラ

************************************************





マンツーマンで!

▼ ≪オンライン≫ コーチングスキルセミナー

【日時】 あなたのお好きな日時で
              
【方法】 zoom      

詳細はコチラ






#コーチ探せる

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ