記事検索

詩は元気です ☆ 齋藤純二

https://jp.bloguru.com/shoboter99

フリースペース

⚪︎リンクㅤネット詩誌『MY DEAR』
http://www.poem-mydear.com/

⚪︎MY DEAR 詩の仲間たちツイッター
https://mobile.twitter.com/mydear2000s

“ # ” のついたタイトルはツイッター詩(140文字以内)
毎日ある記念日がテーマになっています

さようなら僕の雲

スレッド
どこへ行ったの僕の雲
呼べばいつでも来てくれた
願う気持ちはいつも本気だった

僕はもう大人に成り始めているのか
そんな事があるはずがないのに

……僕にある疑いが雲を遠ざける

なんとなく理解し始めているんだ
風は知らない知らないと吹いて
夢でも見ていたんじゃない
と、砂ぼこりは巻き上がる

自由だったのだろうか
気付かぬ毎日が
その自由だったのだろうか

どこへ行ったの僕の雲
呼べばいつでも連れて行った

心の青い空に今では夢の出来事になり
足は地に着いてさようならなんだね
僕の羽はもう着実な足を知ってしまった

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#バイオリン詩

スレッド
松脂を塗るその手は
とても繊細に優しく動く
顎に挟み込んだ後のひと呼吸も
演奏のように聴こえる

目の前から奏でられる音
それは何処か遠くから
大事に贈られた品のある高音

響きが身体に浸透してゆけば
連れてゆく遠い処へ
いつかの何処かの安らぎへ

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#男はつらいよ詩

スレッド
サラリーマン、OLの皆さん
行ってらっしゃい

わたくしは今日も雨に降られ
雨の音を聞いているテキ屋
三日も雨が続けば
なんだか悲しくなって

そんな時は綺麗なお姉さんに
どうぞこの傘をお使いください、と
みっともない恋をしてしまうんだよ

女に惚れる男はそういうもんじゃないか
ああ、男はつらいよ

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#即席ラーメン

スレッド
小学生の頃
インスタントラーメンデビュー
お湯を沸かし麺を入れ
スープを入れるだけの

今では六人家族のコック長
月に一度くらいは野菜いっぱいの
インスタントラーメンを夕食にする

今では生麺と区別がつかない
進化したインスタントラーメンもある
もちろん俺も進化したぞっ、なんて

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#噴水詩

スレッド
千手観音でさえも
止められない湧き出る言葉

独自のセンスで勢いよく
後悔を考えるより
はち切れる思いで噴射

足元に溜まった詩は
みんなの顔が映り
揺れながら微笑むだろう

#詩

ワオ!と言っているユーザー

父母性

スレッド
頑張れないと社会で生きていくことは難しい

誰かに頼るにしても限度があるし
それぞれの生きていく意味もあるから

生きてゆく力はあるのかい
贅沢でなくとも納得のいく考え方をしているのか
なるべく自分のできることは小さくても
それを頑張らないといけない

頑張れない者に頑張って欲しいと思っている
死にたいと助けを求めているのなら
話を聞こうじゃないか

それでも頑張らない者が頑張れないというのなら
死ぬ気で頑張ることを楽しんでしまえ
と、突き放してしまうだろう

頑張れない者の頑張らない哀しみの姿からは
それ以降、何も伝わっては来ない厳しさがある

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#パーフェクト詩

スレッド
喜びのない100点
彼はすぐにテストをしまう
答え合わせを聞く必要もなく
窓の外をぼんやり見ている

落ち込みのない0点
俺はすぐにテストをしまう
答え合わせを聞きたくもなく
窓の外をぼんやり見ている

そんな俺たちが
友だちだったりするのは
必然なことであった

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#蚊詩

スレッド
むかし見ていた青空に
今では蚊が飛んでいる
どうやら飛蚊症とかいうやつで
硝子体が濁り見えるらしい

はじめの頃はほんとうに
蚊が飛んでいると思い叩こうとした
今ではもう数えきれないほどの
蚊、蚊、蚊、蚊、蚊である

完璧だった青空は
受け入れるべき青空に変り
今日も蚊が飛んでいる

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#俳句詩

スレッド
月に一度
とある文学館へ行く
講義室の前を通ると
俳句を楽しむ方が
いつも満員御礼なのだ

数人の詩人たちは
それを横目に
何を感じているのか

会議室では
将来の詩のためにと
イベントを企画
頭を捻りどうにか盛り上げ
俳句を楽しむ方のように
詩でもあの講義室を
いつも満員御礼にしてみたい

ひとりの詩もいいが
多数の詩はもっといいから

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#パイナップル詩

スレッド
パイナップルのスジが
歯の間に挟まった時

僕たちは
パイナップルピープルペン

抜け出せない谷間から景色を眺め
奪われながら人は考える

僕たちは
パイナップルピープルペン

束縛されているから
自由を求め書き続けるのかも

僕たちは
パイナップルピープルペン

(ちょいパクっ)

ワオ!と言っているユーザー

詩集が届く

スレッド
詩集が届く


木村孝夫さんの詩集が届く

『私は考える人でありたい』 しろねこ社

なんだろう
このしっくりとした感じは……

とっても素敵です

楽しみにしていたキムさん、しろねこ社さんの詩集
さあ、開いてみよう

(震災詩が中心となっている詩集です。
木村孝夫さんはネット詩誌 MY DEAR の評者で、
私がたいへんお世話になっている大先輩です。
被災地の現場を巡り、詩を書き続け八年目。
その強さと優しさにいつも励まされています。
とても心に訴える素敵な詩集をぜひ、ご拝読くださいませ!
ちなみにここ一ヶ月くらい、詩部門《ヤフーショップ》で売り上げ一位です!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/qwkdviwdipewy5eu2hsbqqavze/p7vcd4vuyx.html?sc_i=shp_pc_top_recomFromHistory_hist_1
#詩 #雑記

ワオ!と言っているユーザー

#女子大生詩

スレッド
君は女子大生に、俺は解体屋に

日が経つにつれて
共通世界は消滅し始めた

そんな事はわかっていたんだ
頭ではわかっていたんだ
でも自分の器がこんなにも
小さい事をわかっていなかった

サンダーの火花
卑屈になるほど勢いは増し
鉄屑が軍手をすり抜ける

君は女子大生に、俺は解体屋に

#詩

ワオ!と言っているユーザー

自慰

スレッド
おっと
昨日は詩を書いていない
気がつくと焦りだす

何を動揺しているのか

一日の穴に
落ちてしまう感覚を抱いている

昨日を言葉で埋めようと
書き始めるが
出だしの接続語を
書いて消して書いて消して

何を満たそうとしているのか

自分を労っていない癒しが
今日を襲って来る
今の思いを言葉で埋めよう

ほらっ
何となくの詩が書けてきたぞ
自慰という題目の作品で
日常の穴が想像で埋まってゆく

#詩

ワオ!と言っているユーザー

帰宅

スレッド
波間の時に目を閉じる
今日もお疲れと
囁く声が聞こえたのなら
私の望む世界に寛ぐのだろう

終着駅は知らずの旅に
身を寄せてみれば
力は抜けて
いったい何のために
なんて考えなくても良い

底へゆく
古巣は静かに両手をひろげ
手を合わせる私を待っている

#詩

ワオ!と言っているユーザー

いつもご訪問をありがとうございます

スレッド
今日でこちらのブログを始めてちょうど二年になりました。ご訪問してくだされる方には誠に感謝しております(二年の総アクセス数は28万、一日の訪問者数は50〜350人です。とてもありがたい貴重な数字となっています)。これからもいろいろな詩を書いていこうと思っておりますので、何卒よろしくお願いします。

詩は元気です☆
みなさまもお元気でありますように‼️
#詩

ワオ!と言っているユーザー

関節ポキ男

スレッド
僕の身体は
関節ポキ男になったようです

あらゆる関節が
ポキポキと鳴るので困ります

とくにそれで
めちゃ痛いってことはないのですが
ポキポキと音がするので
目立ってしまいひと目が気になって
けっこう大変でなのです

階段でポキポキポッキー
キーボードでポキポキポッキン
振り向いてボキボキッ
お辞儀してポキッ
食べる時はポカッポカッポッ

と、いった感じで
みなさんが僕のことを注目するので
なんだか気が疲れてしまいます

だから開き直って
自分から関節ポキ男って名乗り
ポキ男ダンスと言って
関節をポキポキ鳴らして
ブレイクダンスを踊ってみせます

なぜかこれがウケているので
こんなおちゃらけキャラを極め
この道で行こうなんて思っています

そんなわけで僕は最近
関節ポキ男になりました

#詩

ワオ!と言っているユーザー

創作弁当

スレッド
どれくらいの器に
どれくらいの言葉の
景色と思いを詰めこみ
創ってゆこうかな

開けたら美味しそうで
食べてしまいたい
色彩豊かな日曜日の
ランチを楽しめるような
ひと時を仕込みながら

サービス精神が
小さな愛に変わるくらい
大好きを詰めこみ
君は微笑みながら
心が言葉を食するように
満足させたいなあ

#詩

ワオ!と言っているユーザー

家族

スレッド
「無理」と言って
君は反射的にその場を避け

ああ無理、無理
これも無理、あれも無理
それはもっと無理
無理、無理、絶対に無理

個室だけを世界にして
無理と言って布団を被り
今日が始まり今日が終わって

無理が家中に響き
不安が籠り
暗く重たくなってしまうけれど

悔しさに拳を握り
ひとを傷つけてしまったと
自分も傷つくやさしさ

心は自分と闘い
けして逃げているだけではない

君を知っている

押し込んだ感情の言葉から
発信された小さな信号を
今は見逃さないように

私たちは君を無理と言って
諦めやしない

君をずっと待っている

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#道詩

スレッド
なんたって
僕が
歩くのは
向かっても
逃げても
最初から
曖昧で
足が
進み
今さら
後悔とか
納得とか
もう
それくらいで
いいか
僕の後ろも
前も
いつも
草むらで
どこから
どこへを
知らず
楽しんで

#詩

ワオ!と言っているユーザー

その時が来まして(雨の音を聴いてましたらついこんな詩に、私は元気です)

スレッド
落ちる連続
削る飛沫の音を斜めに
僕は横になり
ひつ粒ふた粒と
顔に落ちるのを楽しみ
動けないでいます

昔の心配な匂いの記憶
癒されているような後悔が
ほんのりと包み

もういいのです
精一杯だった僕は冷たく
アスファルトに沈み
納得の直線
銀いろの元をたどりながら
浮き上がっています
箱をおいて

さよならの雲が視界を遮り
垂れた生暖かさに
幸福を重ねています

そろそろですね
僕が僕でなくなる時は

わかっています
肩を叩かれたのですから

初めてほんとうの
ありがとうが言えそうです
それでは

ありがとうございました

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#笑い詩

スレッド
検討はついていた
診断を聞かされ
つい笑ってしまった

自分では前向きに、と
行き着くところの
挑戦の表れだったんだ

笑うところではない

と、叱られたのだが
医師の感情に
合わせろ、とでもいうのか

せめて
何かおかしいですか?

とか、訊いて欲しかった

先生、俺は生きたいんだよ

#詩

ワオ!と言っているユーザー

ぶああ

スレッド
熱風で汗がふきだし
僕らの地球は
誰の世界なんだろう

ぶあ ぶあ ぶあ ぶあ
ぶあ ぶああ

ちょっとばかり
お利口だからって

ぶあ ぶああ


時間をつめこんで
僕らは笑われ
池が草木が揺れている

ぶあ ぶあ ぶあ ぶあ
ぶあ ぶああ

不自然な僕らは
お日さまに怒られて

ぶあ ぶああ

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#矛盾

スレッド
無矛盾の詩には
無矛盾の矛盾がある

あなたらしい表現の
99%は矛盾なのだから

無矛盾の詩には
無矛盾の矛盾がある

無矛盾の詩には
99%の矛盾があり
無矛盾の詩になる

1パーセントの勘違いと
99%の矛盾で
無矛盾の詩になる

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#ゆかた詩

スレッド
浴衣の君と夏祭りデート
そんな現実はない

ひとりリンゴ飴を
歯でカツンカツンとしてたら
割り箸が折れて転がった
たまたまそれを君に見られ

ダサっ

と、馬鹿されても
浴衣の君に言われ喜んでいる
俺のジャージは穴だらけ

#詩

ワオ!と言っているユーザー

打ち上げ花火

スレッド
例年の花火が鳴っている

ずいぶんと疲れているようだ
身体が動こうとしない
布団から出られないでいる

近い将来、遠い将来
不安と希望がごちゃ混ぜになり
重たい気分をどうにかしたいのだが
優っているのは怠惰なのだ

それでも空腹には耐えられず
冷蔵庫に向かったが
これといって満たす物がない

気だるい身体はコンビニへ向かわせる
花火の音は大きくなる

そして広がってゆく光
今年も花火を見た
大袈裟だが今年の夏も
なんとか生きていると響いた

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#パンツ詩

スレッド
ぼくはリレーの
せんしゅだった

ひとりきょうしつで
まっていなさい
せんせいにいわれた

なんだかさみしくなった
おしっこがでた

ぼくはすずきくんの
たいそうずぼんをかりて
はしった

いちばんで
バトンをわたしたよ

ぼくはビニールにはいった
パンツをもってかえった

#詩

ワオ!と言っているユーザー

#水詩

スレッド
透明人間は見えないが
僕は光の屈折で見えてしまう
全身が水で出来ている水太郎です

おしっこをしても臭くないし
頭の中もご自由に見てください
って、感じになっています

ただ困ることがあります
喉が渇いたからキスをするふりして
僕を吸わないでください
君が僕でいっぱいになりますから

#詩

ワオ!と言っているユーザー

発した言葉

スレッド
彼にとって
それは暴力に近い
衝撃だったかもしれない

たぶん
私を酷いヤツだと
思った事だろう

でも
喧嘩してでも
言わなくてはいけない
時と場合がある

わかり合おう
なんて思わない

それぞれの
生き方があるのだから

自分を正当化などしない
彼にとって
悪になろうとも
そんなことはどうでもいい

言わずにいるのは
簡単だが
言わなくてはいけない
彼と私がいる

#詩

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ