記事検索

フリースペース

サウスベイ マネジメント セミナー( Southbay management seminar )は月一回のセミナーを中心に勉強し、時々に親睦をする、乃ち「よく学び、よく交友する」そのような会です。

2022年8月「原子爆弾の製造と投下後の威力並びに体験談」小松和三(かずそう)氏

スレッド
2022年8月「原子爆弾の製造...
SBMS8月のセミナーのお知らせ

8月のセミナーはNew Gardena Hotelで対面式で行います。
ZOOMでは行いませんのでご注意ください。
参加費は無料です。

セミナータイトル
「原子爆弾の製造と投下後の威力並びに体験談」

セミナー概要
僅か一個の爆弾が投下された瞬間、14万人の市民が焼身で死亡、周辺数Kmの数十万の民間人も、摂氏4,000度の熱線で半身、全身を熱傷、77年経った現在もなお、10数名が毎日生命を絶って行く経験者のみが知りうる本当の被曝論。
マンハッタン計画は、ルーズベルト大統領の命令でニューメキシコ州ロスアラモスに研究所を設立しました。原爆製造計画を全く聞かされていなかったトルーマン副大統領が大統領を継承し実験20日後の8月6日を指定し原爆投下命令を下したのです。
講師自身が被爆者であることから、その生々しい実体験を当日会場にお集まりの皆様と共有させていただければ幸いです。

講師:小松和三 (Komatsu Kazuso)氏プロフィール
広島市 出身、 1939年生れ広島県立広島商業高等学校卒業後、銀行で為替課、融資課事務を経て本店企画部で営業企画、支店指導を担当、渡米目的の為7年余りで銀行を依願退職、1965年渡米。
渡米後暫くして当地の加州住友銀行に現地職員として再就職、Los Angelesで南カリフォルニア地域の営業企画担当、1979~ 1990年 Ventura County, Ⅵ bst Los Angeles,Orange County,South Bay地域の支店長職務を12年間務める。
1990年4月、サンフランシスコ頭取室長兼南カリフォルニア業務統括部長、合わせて新店舗開設市場調査並びに支店開設を担当、1990年10月、大蔵省要請により加州住友銀行が公表されていないが、3ヶ月以内に売却されるという超極秘情報を入手、誰も知らない内に即、退職を決意、個人の都合上を理由に依願退職する。
銀行退職後、暫くビジネス コンサルテイングをする傍ら、高齢化社会問題に挑戦し、男性では数少ない介護士にチャレンジ、介護士資格取得の勉強と実地訓練を経て介護士資格取得、渡米当時、個人的に助言支援等受けた人達が高齢となり、入退院、寝たきり等の状態で要介護の人達を恩返しの為の支援、介護個人事業をスタート、介護以外、掃除、洗濯、アイロン掛け、食事料理、入浴、リハビリ、 ドクター訪間、 トイレの世話等全てを担当、十数名の方々限定の在宅介護を務め、皆さんが一人ずつ逝去されて行き最後のお一人を、お勤めした上で事業は辞めました。気付いて見ると自分自身が60歳の高齢者仲間入りしていました。大変なハードワークでしたが、ご本人、家族の方々に大変喜んで頂き、素晴らしい恩返しをする事が出来ましたことは自分の誇りです。医学知識も習得出来、経験が自己自身の健康管理に役立っています。以後は、自身の引退生活を楽しんでいます。

* 開催日: 8月10日(水)
* 時 間: 6:00 p.m. ― 6:30 p.m. (ソーシャルタイム)
      6:30 p.m. ― 8:30 p.m.  (セミナー)
* 場所:  ニューガーデナ ホテル   
     1641 W. Redondo Beach Blvd., Gardena, CA 90247
* 講 師: 小松和三 (Komatsu Kazuso)氏
* 連絡先: Info@sbmseminar.org
* 締 切: 8月8日(月) 5:00 p.m.
* 参加費: 無料

 セミナー参加申し込みはSBMSのWEBからお申し込みください。
(下記のQRコードをスマホで読み取りでも可能)

#sbmsセミナー情報

ワオ!と言っているユーザー

2022年6月「自動運転の今と未来 (自動運転は運転弱者の味方か?)」武藤 秀毅氏

スレッド
2022年6月「自動運転の今と... 2022年6月「自動運転の今と... 2022年6月「自動運転の今と... 2022年6月「自動運転の今と... 2022年6月「自動運転の今と... 2022年6月「自動運転の今と... 2022年6月「自動運転の今と... 2022年6月「自動運転の今と... 2022年6月「自動運転の今と... 2022年6月「自動運転の今と...
概要:車の運転が生活に欠かせないLA在住者にとって、自動運転は夢の技術といって良いでしょう。昨今、自動運転搭載車が話題に上ることが多いものの、実際どこまで自動化されているのか、実用的なのか、安全なのか、疑問を持っている方も多いと思います。
各社自動運転技術の開発にしのぎを削っていますが、現在圧倒的に先行しているのがTesla社。先進のTesla車でどこまでの自動化に対応しているのか、他社との比較、今後の動向を中心に自動運転の現状と今後を見ていきます。また、運転が苦手な方、負担になってきたシニアの方にとって、自動運転は待望の機能だと思います。果たして現状の自動運転は、その助けとなるのか、どこまで頼りにできるのか、人よりも運転は上手いのか、そんな疑問にもお答えします。
自動車エンジニアの経験がある講師が、先進の自動運転機能が搭載されたTesla車に4年間乗った経験を踏まえ、自動運転の最新状況と今後について解説します。

講師:武藤 秀毅(むとう ひでき)氏プロフィール
1962年 熊本市生まれ
1986年 九州大学電気工学科卒業
1986年 トヨタ自動車入社 13年に渡りエンジン開発、タイヤ開発、CAMRYの製品開発に携わる
1997年 TOYOTA Technical Center USA LA Officeに駐在員として赴任
1999年 駐在中にトヨタ自動車を退社
1999年 Vintage Computer Inc.を設立、CEO 現在に至る パソコン誌の記事執筆多数
2018年 Tesla Model 3 を購入
現在、YouTube Tesla Model 3 Chanel で情報発信中
https://www.youtube.com/channel/UCjzZyHy8jv2HggyMl22eo4g/videos
#2022年セミナー #SBMS過去のセミナー

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ