記事検索

フリースペース

★☆無料クラス体験★☆
申込みはsaturdayschool@bcacademy.comまで

5月25日

スレッド
5月25日
●5 月25日の土曜学校●

本日の土曜学校幼稚部では、絵の具の『三原色』を学習しました。

三原色(赤、青、黄)のうち2色を混ぜるとどんな色になるかを予想し、絵の具で色を塗って実験します。
ワークシートと綿棒を使い、色を少しずつ混合して調節していきます。
色の組み合わせや色彩の美しさを楽しみ、色への関心を持つことができます。

最後に三色全部混ぜるとどうなるでしょう?ぜひご自宅で実験してみて下さい。



ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.58 ~和敬清寂~

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.58●

和敬清寂
 
 BCA土曜学校では、淡交会の皆様のご協力を得て今年度もお茶の授業が行われています。
 お茶の授業がある朝は、清水校長先生が自ら畳を丁寧に水拭きしお花を花瓶に生けるところからスタートしています。

 茶道を行うときは、茶室に季節の花を飾り茶会のテーマにそった掛け軸がかけられます。
 今、BCAの茶室に飾ってある掛け軸の言葉は「和敬清寂」です。

 この言葉は、茶道の精神を表現するのに用いられた語で和敬は茶事における主客相互の心得を、清寂は茶庭・茶室・茶道具などに関連する心得を表しているのだそうです。
 熱中小学校で講演してくださった淡交会幹事長の田中佳子先生は、
茶道の四規と言われるこの四つの言葉には一文字づつに深い意味があると教えてくださいました、

 「和」はHarmony。和合、調和、和楽。
聖徳太子から伝わる「和をもって貴しと為す」と言われている精神で、和して互いにお茶を楽しむという意味を表す言葉。
 「敬」はRespect。自己を慎み、他人を尊敬すること。
人だけではなくすべての物に対しても尊重する精神で、掛け軸、花、茶入れや茶碗などの道具も含めすべてのことに敬う気持ちを持つことを表す言葉。
 「清」はPurity。清潔、清廉。
茶室にかかわるすべての物を清潔にするという精神で、茶室はすみずみまで掃除をし、道具は手入れをして清潔に使うことを表す言葉。
目に見えるものだけでなく心の中も清らかにするという意味も表すそうです。
 「寂」はTranquility。静寂、閑寂
侘び寂びの精神で、何事にも動じない心を持つこと。もの静かで落ち着いた奥ゆかしい風情が、洗練されて自然と外に出た言葉。

 このように「和敬清寂」には一字一字に意味があり、茶道が華美に流れていくことを戒めた千利休の言葉だと言われています。
この精神は、今を生きる私たちにも必要な精神的な支えになる言葉のような気がします。
 土曜学校の皆さんには、お茶の授業を通して作法とともに茶道の精神を感じてもらえればと思います。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

5月18日

スレッド
5月18日
●5月18日の土曜学校●

中高部国語では「論語」を題材に、「孔子の考え方を自分の生活と関連づけて考える」
をめあてとした授業を行いました。

中国の文化を取り入れるための先人の工夫を確認し、教科書の4つの言葉と、「論語」から抜粋した
16の名言、「孔子の九思」を載せた資料から、今の自分の心に響いた言葉・そばに置いておきたい言葉を
一つ選び、選んだ言葉と選んだ理由を全体で共有しました。引用の目的と方法を復習した後、
孔子の言葉を引用した文章を書き、孔子の考えと自分の生活を重ねて考えました。
自分がおかれている状況をふまえて生活に生かしていけると選んだ言葉は、その人らしさを表す言葉でした。
それぞれの考えを発表し合うことで、仲間の思いや良さを知るいい時間となりました。

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.57 〜母〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.57●

 
 「母」という文字を見たときに、どのような感じをうけますか。
 
 「母」という文字は、ひざまずいている女の人が手を前で重ねてうやうやしく霊所を拝んでいる「女」に胸の乳房を加えたのが語源だと言われています。両手で子を抱きかかえている姿、子供に乳を与えている姿とも言われ、その様子から子どもを産んで養い育てる女性を意味する「母」という文字が成り立ちました。

 「母」が入った素敵な言葉を少し紹介します。

〇人生は、目を開いて母の顔を愛するところから始まった。(ジョージ・エリオット)
〇母親の腕は、他の誰の腕よりも慰めを与える。(ダイアナ妃)
〇子に対する母親の愛に匹敵するものは、この世にない。(アガサ・クリスティ)
〇母親の心は深き淵であり、その底には、いつでもゆるしが見つかる。(オノレ・ド・バ ルザック)
〇受容、寛容、勇気、思いやり。そういったことを、母は私に教えてくれました。(レディー・ガガ)
〇一家は習慣の学校なり、父母は習慣の教師なり。(福沢諭吉)
〇母親の愛は、普通の人間に不可能を成し遂げさせる燃料。(マリオン・C・ギャレッティ)
〇生涯の成功のすべては、母から与えられた道徳教育、知的教育、身体教育のおかげなのです。(ジョージ・ワシントン)

 12日は、アメリカも日本も「母の日」を祝いました。アメリカにならって日本は5月の第2日曜日ですが、世界中では起源も日付もさまざまです。
 アメリカの「母の日」は1914年に記念日として定められました。アンナ・ジャービスという女性が亡くなった母を偲び、母が日曜学校をしていた教会で追悼式を開き、白いカーネーションを贈ったことが起源とされています。彼女の母への思いに感動した人々が最初の「母の日」を祝ったのが5月の第2日曜だったことから、それ以降5月の第2日曜を「母の日」と定めたのだそうです。

 100年以上も前から行われている「母の日」、土曜学校の皆さんは大好きなお母さんにどのように感謝の思いを伝えたのでしょうか。
  無償の愛をそそいてくれるお母さんが、いつもそばにいてくれることの幸せを確認できた日になったでしょうか。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

5月11日

スレッド
5月11日
●5月11日の土曜学校●

本日の土曜学校幼稚部では、母の日の工作が行われました。
子供達がお母さんの顔を想像しながら、色鉛筆で似顔絵を一生懸命描いている姿がとても印象出来でした。

日本だけではなくアメリカやオーストラリア、イタリアなど世界中で、
毎年5月の第2日曜日に『母の日』をお祝いするそうです。

大切なお母さんに、日頃の感謝の気持ち、健康や幸せを願う気持ちを伝える習慣は、世界共通です。
母の日だけではなく日頃から大切に思う気持ちを大切にしたいですね。

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.56 〜令和〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.56●

令和
 

 日本では、5月1日に皇太子徳仁親王が即位され、元号が「平成」から「令和」に改められました。
 西暦で生活しているアメリカの皆さんには馴染みのない元号ですが、日本人にとっては生涯に一度か二度しかない貴重な節目となりました。
 それに伴い今年のゴールデンウィークは10連休となり、学校も職場も今日から新元号「令和」でのスタートです。

 新元号は西暦645年の大化から数えて248番目ですが、今までになかったことは天皇退位に伴う改元は憲政史上初で、新元号が皇位継承に先立って事前発表されるのも初めてだと報じられています。
 「令和」は、万葉集の巻五、梅花の歌三十二首の序文、「初春の令月にして気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭(らん)は珮(はい)後の香を薫らす」から引用されました。元号は今まで中国の古典を出典としてきたので、漢字が日本の古典から漢字が採用されたのは初めてということです。

 「令」は、深い儀礼用の帽子(冠)とひざまずいている人の象形から、人がひざまずいて神様のお告げを聞くことを示す文字で、上位の人の「みことのり・いいつけ」の意味を持ちます。命のもととなる文字でもあり、神のお告げを受けその意に従うことから「よい・立派」の意味もあります。
・令嬢(貴人や他人の娘を敬って言う語)・令息、令子(他人の息子を敬って言う語)
・令室(他人の妻を敬って言う語)・令聞、令名(良い評判)
・命令(下位の者に対して言いつける)などの言葉に用いられています。

 「和」は、口と禾(のぎへん)「穂先が茎の先端に垂れかかる」象形から、神への祈りの文を入れる器と穂がしなやかに丸く垂れた様子を表すを示す文字で、「やわらぐ・やわらげる・なごむ・なごやか」という意味を持ちます。
・和解、和睦(仲直りすること)・和気(なごやかな気分)・和親(仲良くすること。国と国とが仲良くつきあうこと)・和楽(なごやかに楽しむこと)・平和(不安を感じないで生活できること)など、
穏やかなイメージの言葉として用いられています。

 梅花の歌三十二首の序文を書いた大伴旅人は、知識人らしい才能を発揮した歌人で大伴家持の父親でもあり山上憶良とも親交があった人です。万葉集から引用された「令」と「和」の語源にあたり、文学的な美しい言葉だと思いました。
 元号が改められた今、日本にもアメリカにも他の国々にもこれからいい時代がくることを心から願っています。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

5月4日

スレッド
5月4日
●5月4日の土曜学校●

本日の土曜学校では、4、5、6年生の授業参観、クラス懇談会が行われました。

今学期が始まってまだ4回目の土曜学校、子供達がどのような学校生活を送っているのか、
校内の環境、授業の雰囲気や関わり方、授業内容を理解しているのかなど、
子供たちの学校での様子を見ることができる良い機会です。
懇談会の後に、校長先生による保護者からの質問に答えるコーヒートークも行われました。

本日懇談会にご参加された保護者の皆様、お忙しい中お越しいただき、ありがとうございました。

来週は小学1、2、3年生の授業参観、懇談会が行われます。ぜひご参加下さい。


ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ