記事検索

フリースペース

★☆無料クラス体験★☆
申込みはsaturdayschool@bcacademy.comまで

BCA土曜学校のコラムVol.45~割り箸~

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.45●

割り箸



 BCA土曜学校では、11月17日から「割り箸」を使って給食をいただくことになりました。初日は、清水校長先生より箸使いの作法についてご指導がありました。
 持ち方は、
  ①利き手でお箸を取り上げ反対の手を下からそえる。
  ②利き手をお箸の下側にすべりこませてもち、反対の手をはずす。
  ③お箸の真ん中より少し上の持ちやすい位置で、上の一本だけを動かしてはさむ。
 正しい箸使いで美しく食べるのが「和食」であることを確認できたと思います。
お箸は、日本人が食器の中で一番使う道具です。ご指導を忘れずこれからも正しい箸使いで食べましょうね。

 「割り箸」は、割って使う箸ではなく、割って作る箸が語源です。木や竹の木の目にそって割って作った箸が「割り箸」なのです。
 江戸や大坂、京都に飲食店が流行した江戸時代に、吉野で酒樽の余材を利用したのが「割り箸」の始まりだといわれています。
 林業が盛んだった吉野では、建築材だけでなく樽や桶の材料も作っており、その残った端材を利用して作られたのだそうです。「割り箸」はゴミとして捨てられていたものから生まれたのですね。職人さんが、端材をナタで縦に割っている様子が目に浮かんでくるようです。
 一般的に使われるようになったのは明治時代、量産は大正時代後期に入ってからです。

 「割り箸」のよさは、木のぬくもりが感じられること、木の香りが良いこと、新しいものを使えること、使い捨てできること、すべらないので麺類が食べやすいこと、箸を割るときの気持ちよさなどがあげられます。手軽で使い易いく、使い回しが無いので清潔なことが日本人の気質に合って広がったのだそうです。
種類も、
 ・丁六(ちょうろく)  角もそのままで割れ目に溝のないもの。
 ・小判(こばん)    角の部分を削ったもの。
 ・元禄(げんろく)   角を削り割れ目に溝がありわりやすいもの。
 ・天削(てんそげ)   持ち手を斜めにカットしたもの。
 ・利休・利久(りきゅう)千利休によって考案されたもの。
 と様々です。

 「もったいない」という思いから生まれた便利な「割り箸」は、日本人の木の文化とともに開発されてきたのですね。
 次に手に取る時、思い出してもらえれば幸いです。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

11月17日

スレッド
●11月17日の土曜学校● 幼...
●11月17日の土曜学校●

幼稚部年長組では「てこの仕組み」の学習で「やじろべえ」を作りました。
人差し指に、やじろべえの支点をおいて、少し動かしてもなかなか落ちないことを発見しました。
バランスをとるためには、支点とおもりの重さと、腕の長さが関係することを学びました。
保護者会主催のベイクセールが開...
保護者会主催のベイクセールが開催されました。
ベイクセールの収益は、運動会のあんぱんや、子供達へのお年玉と春祭りの運営資金となります。
素敵なお菓子を提供して下さった皆様、お買い上げ下さった皆様の多大なるご協力に、心から感謝いたします。
11月24日はサンクスギビング休暇で、土曜学校はお休みです。
ご家族でゆっくりお過ごしください。

ワオ!と言っているユーザー

11月10日

スレッド
11月10日
●11月10日の土曜学校●

水に浮く?沈む?
身近な野菜や果物を使って、 どういうものが浮いて、どういうものが沈むのかを観察しました。
かぼちゃのような、大きくて重そうなものでも不思議にぷかぷか水に浮いたのを見た子供達はびっくり。
体の中に多くの空気が含まれている、土の“上”で育った野菜や果物は水に浮いて、
空気があまり含まれていない、土の“下”で育ったものは沈むことを発見しました。
ご家庭でもぜひ実験してみて下さい。

来週、保護者会ベイクセールが開催されます。
詳細は https://en.bloguru.com/SatSchoolNews/336020/1117-bake-sale


#土曜学校 #幼稚部

ワオ!と言っているユーザー

BCA土曜学校のコラムVol.44 〜時間〜

スレッド
BCA土曜学校のコラムVol....
● BCA土曜学校のコラムVol.44●

時間

 11月の第1日曜日は、午前2時が2回あり夏時間から冬時間に変わりました。1時間時間の流れがストップするのはとても不思議な感じがします。
 「時間」は、時が流れていく時間の間隔を表す言葉であり、今この空間に流れているものが「時」で、その続いている「時」が「時間」なのだそうです。

 「時」は、過去から現在、現在から未来へと流れています。とどまることなく流れる存在つまり「常(とこ)」でありこれが転じて「時」と呼ばれるようになったという説が多いようです。
 
 時間の「時」は、「日」と「寺」の組み合わせです。「寺」は、「寸(て)」と「之(あし)」という文字から成り立っており「手足を働かせて仕事すること」という意味があると言われています。そこに「日」という文字が加わることによって「日が進行している様子」を表し「時(とき)」という漢字になったのだそうです。

 時間の「間」は、「門」と「日」の組み合わせです。もともとは「日」が「月」と書かれていたのだそうです。これは、門を閉めても隙間から月の光が入って来ている情景を表しているのだといいます。昔の人々は、このような月明かりを見て時間を感じていたのでしょう。「あいだ、ま、すきま」の意味の他に「しずか・やすらか」という意味にもつかわれることにも惹かれる文字です。  

 1日の「時間」の流れにそった言葉はたくさんあります。
○朝、暁(あかつき)、春暁(しゅんぎょう)、未明(みめい)、明け方、夜明け、早朝、
 薄明(はくめい)朝方、曙(あけぼの)、鶏鳴(けいめい)、東雲(しののめ)
○昼、昼前、正午、昼間(ひるま)、昼間(ちゅうかん)、日中、昼日中(ひるひなか)
 昼過ぎ、真昼間、白昼(はくちゅう)
○夕方、日の入り、日暮れ、暮れ方、夕暮れ、夕べ、夕刻、かたわれどき、
 薄暮(はく ぼ)、 日没、黄昏(たそがれ)、逢魔時、入り相(いりあい)、人点し頃(ひともしころ)
○夜、晩、夜中、深夜、真夜中、夜更け(よふけ)、暮夜(ぼや)、夜半(やはん)、
 小夜(さよ)、長夜(ちょうや)夜夜中(よるよなか)、

 未来に向かって流れ、二度と戻らない「時」だからこそだと思います。
 土曜学校の皆さんの「時」はどのような未来につながっているのでしょうか。いい「時」 を重ねていって欲しいと思います。
#コラム

ワオ!と言っているユーザー

11月3日

スレッド
11月3日
●11月3日の土曜学校●

「野菜」と聞くと、ほうれん草やキャベツなど、葉っぱのものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
幼稚部では、野菜には葉っぱを食べるもの以外に、ごぼうやにんじんなど、
根や茎を食べる野菜があることを学びました。
子供達が日常生活で知っている身近なものを授業の一部に取り入れ、観察しながら学習します。
この体験型授業が、子供達の知的好奇心を引き出し、知識を定着させることができます。

本日、幼稚部・小学部では前期の連絡表が配布され、保護者懇談会も始まりました。
前期の学習面や生活面について振り返り、後期の励みにしていただければと思います。

#BCA土曜学校 #幼稚部 #連絡票 #保護者懇談会

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ