記事検索

Forest Aesthetics 森林美学 完璧な風景

スレッド
               ...                                           © Daisuke Kawai




写真というのはその場に行ってシャッターを切りさえすれば
同じものが写るはずであるのだが
同じ人間が同じ場所に出向いても
歳月とか時季とか時間とかによって
まず同じ写真がとれることがない
真を写すというのはそのときそのときの真なのだろう
ヒトの細胞が毎日変わっているように
森もまた日々変化しているんだろう
完璧な風景が撮れたと思い,それを再現しようとして見ても
なぜか違和感がある
この風景もこの場所に案内することはいくらでもできるが
この写真を撮った時に案内することはできない
同じ風景なのに
いつぞやとは必ずどこかなにかが違っているというのは面白い







ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ