記事検索

ベテルギウスの超新星爆発その2

スレッド
オリオン座、左上の赤い星がベテ... オリオン座、左上の赤い星がベテルギウス(NASAより借用)
科学ニュースをあまり取上げないNHKが珍しく昨日朝7時からの『おはようにっぽん』でオリオン座の一等星であるベテルギウスの超新星爆発のことを報道していた。

くまごろうは2012年2月29日付ブログでベテルギウスの超新星爆発について書いたが、当時ベテルギウスは間もなく超新星爆発を起こすのではないか、と期待されたもののあれから8年、何ごとも起こらずに過ぎた。

前述のブログの繰り返しになるが、ベテルギウスは冬の星座であるオリオン座のオリオンの右肩にある一等星で、晴れた夜なら三ツ星のやや左上にあるから簡単に見つけることが出来る。ベテルギウスは恒星としては地球に非常に近く640光年の距離にあって、太陽の約20倍の質量を持ち、大きさは半径が太陽の1000倍もあるが、誕生してから既に1000万年経過し、現在は膨張して表面温度が下がり赤色巨星の状態になっている。そのためいずれ超新星爆発を起こし、ブラックホールとなるか、中性子星になるという。

今ベテルギウスが話題となっているのはその明るさが非常に暗くなっているためだ。もともとベテルギウスは変光星で明るさが変化する恒星だが、アメリカの研究者によれば昨年10月頃から急速に暗くなってきており、このような変化は異例で何かが起こるのではないか、と思われているためだ。

最近の宇宙物理学の研究によれば、もしもベテルギウスが超新星爆発を起こすと表面温度の急上昇に伴い色が赤色から青色に変化する。そして星が急速に輝き出し、数時間後には月と同等の明るさとなるが、見える星の面積が小さいのでぎらぎらと輝き2~3ヶ月は日中でも眩しく見える。輝きは7日後がピークでその後膨張による温度低下のために色が変化し輝きが減少してゆく。400日もすると昼間には見えなくなり、4年後には夜でも見えなくなる。

天の川銀河内での超新星爆発1054年と1604年にもあったが、前者は地球から7200光年、後者は13000光年の距離にあり、ベテルギウスはこれらに較べ640光年とはるかに近い。1604年の超新星爆発でも木星位の輝きが約1年続いたという記録があるが、ベテルギウスの超新星爆発が起これば昼間でも輝いて見えるだろう。

ベテルギウスの変光周期は425日と6年の二つあり、今はその両者が重なって最も暗くなっている可能性もある。その場合は1~2週間後に再び明るくなり、超新星爆発は当分お預けになるだろう。ベテルギウスは100万年以内に超新星爆発すると予想されており、今起こってもおかしくないが、10万年後かもしれない。でもくまごろうは是非この天体イベントを見たいと念願している。
#科学

ワオ!と言っているユーザー

坐骨神経痛闘病記

スレッド
(Wikimedia Comm... (Wikimedia Commonsより借用)
坐骨神経痛を発症して6週間が経過した。

0を痛みがない、10を激痛とした痛みスケールであらわすと、発症時の痛みは8~9だったが、このレベルの痛みは2週間、正月三が日まで継続した。立っていても、座っていても、横になっていても右足全体に痛みが走り、或いは痺れを感じて、まさに身の置き所がない。12月17日に診察した医師によれば、疲労(運動のし過ぎ)による坐骨神経の炎症であり、坑炎症薬と鎮痛薬の処方の他は理学療法的処置によるとのことであった。処方された坑炎症薬はプレドニソンというステロイドで9日間服用するが、服用により免疫力が低下するため風邪などの感染症にかかりやすくなると言われ、足が痛いこともあって外出を控えた。鎮痛薬はガバペンティンという神経障害性疼痛治療薬で、脳内で痛みを伝える神経伝達物質が放出されるのを抑制する作用があり、坐骨神経痛には一般的な鎮痛剤より効果があるとのことだったが、くまごろうにはあまり効果がないようで、痛みの軽減はあまり感じられなかった。ただこの鎮痛薬は睡眠を誘導するので夜はぐっすり眠ることが出来、その間は痛みを忘れることが出来た。また年末年始は飲む機会が多いがワインや日本酒を飲むと痛みを忘れることが出来、つくづく酒飲みであることをありがたいと思った。

正月三が日を過ぎてからから痛みは少し楽になり、痛みスケールで言えば6~7程度に軽減した。1月10日より週1回の理学療法士(PT)による治療が始まり、PTは患部のマッサージや軽い運動を約1時間実施した。軽い運動はPTの指示通り自宅でも毎日実施しているが、そのせいか数日後にはゆっくりではあるがびっこをひかないで歩けるようになった。痛みも5~6に軽減したが、相変わらず右足全体に痺れを感じている。

治療を受けているPTの勧めにより週1回アクアセラピー(水中治療)も受けることになった。くまごろうは以前SwimExというアメリカ製のセラピープールを日本の顧客に販売しており、各地の病院やサンフレッチェ広島、阪神タイガースなどに納めていたが、自身がアクアセラピーを受診することになるとは思っても見なかった。当然アクアセラピーの特徴は熟知しており、SwimExをシアトルとアリゾナに所有しているシアトルマリナーズのヘッドアスレチックトレーナーであるリック・グリフィン氏とも親交がある。先週最初のアクアセラピーを受診したが、水中では痛みが大幅に軽減され、色々なメニューをこなすことが出来た。ただ約40分の受診後、帰宅してからかなりの疲労を感じ、またエクササイズのやり過ぎのためかやや痛みが増したように感じた。

発症後6週を経過した今日は痛みは3~4程度、椅子に長く座っていると臀部の痛みが強くなるが、室内でゴルフのパットやショートゲームの練習が出来るようになった。但しフルスウィングのように体を捻転させると、バックスウィングは問題ないが、フォロースルーの姿勢になると右足全体に強い痛みが走る。発症後一度も長距離を歩いていないので、18ホール歩けるかもわからない。ゴルフへの本格的な復帰はあと4週間は必要だろう。
#スポーツ

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ