記事検索

ジョルジュ・ブラック展 in 汐留ミュージアム

スレッド
ジョルジュ・ブラック展 in ...
 汐留ミュージアムへ「ジョルジュ・ブラック」展を見てきた。ジョルジュ・ブラックといえば、キュビズムの創始者だが、実はキュビズムの絵画は数枚しかなく、彫刻、ジュエリー、陶磁器などがたくさん展示されている。ようするに、対象物の立体的な全容を平面に表現するキュビズムだが、今回の展示されている晩年に制作されたものは、結局、平面から飛び出し、最終的に立体的なものを表現するに至っているのかな。しかし、平面の形態を引きずっており、なんかちょっと、中途半端な印象を受けた。まあ、それが、また新しい表現に展開していると考えるのかもしれないが..
 ということで、今度の日曜日までです。ジュエリーに興味がある方にはお勧めです。とても、贅沢に作られています。
#展覧会

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
KEI
KEIさんからコメント
投稿日 2018-06-19 07:30

私もジョルジュ・ブラックというと 
版画や絵画しか思い浮かびませんでした。 
ジュエリー・・・あまり興味ないので、ハモに小判です。 
 
そういえば先日の三井の不昧公展 
原羊遊斎の下絵の初公開の物があったそうですね。 
羊遊斎や漆壺斎の物も多かったとか・・・やはり行けばよかった。 
中山胡民までは偶然ラッキーで手に入りましたが 
羊遊斎入手は無理だろうなあ。

ワオ!と言っているユーザー

hiro
hiroさんからコメント
投稿日 2018-06-19 22:36

興味がなければ、よろしいのではないでしょうか。

ワオ!と言っているユーザー