記事検索

民事裁判を起こす際に。

スレッド
裁判を起す際、初めに必要なのは相手の名前です。個人の名前はあまり問題になりませんが、会社などの場合は事業名でなく法的に登録された正式名称が必要です。正式名称は各公共機関などで調べることができます。また、管轄の裁判所を見極めるためには相手の所在地も必要になってきます。ただ、この所在地ですが、取引をしていた時点のもので、「現住所」必ず必要なわけではありません。提訴の時に相手の居所がわからなくても裁判を起こす事は可能です。

但し、裁判を起した後(訴状を提出した後)訴状のコピーと出頭命令を被告に渡さなければなりません。このプロセスのことを「サービス」と呼びます。法的に有効な「サービス」の方法は幾つかありますが、基本的には事件に関係のない第三者から本人に直接の手渡しをすることになります。被告が「サービス」を避けている時や見つからない時などは他の方法で「サービス」をすることが認められています。その一つの方法は新聞での広告です。但し、自分で勝手に選んだ新聞に自分が思うように書いた広告をだすのではいけません。広告を出せる新聞、広告の書き方は法律で決まっています。又、この広告を載せる前に広告による「サービス」をして良いという許可を裁判所よりもらわなければいけません。





上記は一般論で、個々の状態では必ずしも適応されるものではありません。個々の状態については専門家にご相談されることをお勧めします。


貴方のビジネス・財産・権利守ります。

無料電話相談(20分まで)受付けてます。お気軽にお電話下さい!
*
*
岩浪総合法律事務所  
ホームページ http://iwanamiusa.web.fc2.com/
電話番号 (619)551-4900  
メールアドレス kmiwa2013@gmail.com
#アメリカ #カリフォルニア #民事 #裁判 #不在 #サービス #Service #Serve #新聞 #広告 #公示 #被告 #所在地 #会社名 #裁判所 #管轄 #訴状 #手渡し #郵便 #郵送

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
* は必須項目です。必ずご記入ください
  • コメントは承認後に表示されます。
  • なし
  • 中央
チェックされている場合は表示されます。
画像認証