English日本語

ハッシュタグ検索

"#prince2"の検索結果
  • PRINCE2 Themes: Risk

    投稿日 2019-07-16 19:40
    Tai - Diary by Tai
    PRINCE2の教科書を、英語と日本語の2冊持っています。英語は2017年版で、日本語は2009年度版。 このRiskの項目で、英語の用語が日本語のどれにあたるか調査中、項目が新旧で異なるのに気付きました。 回避(脅威) / 活用(機会) Avoid / Exploit 減少(脅威) / 強化(機会...
  • Six variables / six performance targets

    投稿日 2019-07-06 23:40
    Tai - Diary by Tai
    PRINCE2にはPrinciple、Theme、Processという指標があります。 それには属さないが、良く使われる指標が表題のものです。 http://prince2.wiki/Introduction:_The_PRINCE2_Foundation_Training_Manual Times...
  • Request For Proposal (RFP)

    投稿日 2019-07-06 22:45
    Tai - Diary by Tai
    PRINCE2には26種類の書類がありますが、RFP (提案依頼書) が含まれません。26種類の書類がProject Management Teamの間で交わされるのに対し、RFPはそれ以外である委託会社と交わされるためではないかと想像します。 情報が少ない中、見つけた記述が以下です。 http:/...
  • PRINCE2の更新方法

    投稿日 2018-11-04 21:35
    Tai - Diary by Tai
    先日取得したPRINCE2 (PRojects IN Controlled Environments, 2nd version) は、イギリスの半官半民のAxelos社によるプロジェクト管理の資格で、初級試験と上級試験の2種類があります。更新不要でしたが、2017年から上級試験の更新が必要になりまし...
  • 試験を通過

    投稿日 2018-09-15 14:10
    Tai - Diary by Tai
    昨年の今頃から、週末を利用し勉強していた試験について、5月に初級試験の通過、また先程、上位試験を通過しました。 30分の見直しの時間を取る事が出来ましたが、分からなかった質問を見直しても、特に閃きません。いつもなら回答を変更する事もありますが、今回は何もしませんでした。 「Accredit(認可する...
  • プロジェクト管理 (3)

    投稿日 2018-07-16 22:20
    Tai - Diary by Tai
    https://en.bloguru.com/tai/324411/2 https://en.bloguru.com/tai/309095/2017-10-22 5月のGW明け、初級試験に受かり、8月か9月に予定している上級試験に向けて勉強中です。4択制の68問、2時間半の試験で、英語の長文を読む必...
  • プロジェクト管理 (2)

    投稿日 2018-05-13 15:35
    Tai - Diary by Tai
    試験はFoundationとPractitionerの2種類があり、Practitionerを受ける為には、Foundationに合格する必要があります。本日、Foundationを無事通過しました。 http://jp.bloguru.com/tai/309095/2017-10-22...
  • 英単語

    投稿日 2018-01-28 23:00
    Tai - Diary by Tai
    今の会社に入り7年目、アメリカにいた頃よりも、常態的に英語を読み書きし、会話をするようになったと思います。 それでも日々、分からない単語が出てきます。特に今、試験勉強をしていますが、UK英語の為か、ピンとこない単語、または知っている単語の別の意味など、この数週間で約130の単語を調べました。 ---...
  • プロジェクト管理

    投稿日 2017-10-22 23:15
    Tai - Diary by Tai
    タイトルの試験を受けるべく、オンラインのトレーニングを受講させて頂いています。この手の試験はトレーニング共に高額。何としても受からねばと思いながらも、平日は中々時間が取れず、週末に勉強しています。 もし自分が、広告代理店やデザイン事務所に勤める道を進んでいたら、この手の試験を受けることは無かったかも...