記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

玄海原発の住民による差し止め仮処分訴訟が棄却

スレッド
九州電力の玄海原発3・4号機に対して、佐賀県などに住む住民が、
耐震性などに対する懸念から原発の運転差し止めを求めていた。
一審の佐賀地裁で一昨年、仮処分の申し立てが却下された事から、
住民側は即時抗告していた。

その裁判だが、福岡高裁は7月10日、住民側の抗告を棄却。
理由は、大地震や巨大噴火は具体的な危険とは言えない、というものだった。

今までの多くの裁判でのやり取りと同じく、
地震や噴火はすぐには発生しないし、予測もできない。
だから予測不可能な事態までは考えなくても良い、という理論である。

だが、その理論は災害が発生した時の影響が限定される場合に限られる。
原発の災害は、地球規模で放射能汚染が拡散される事が分かっているし、
最悪時には数万人規模の死者が出る事さえ想定される。

原発を、他の案件と同じように考えてはならない。
過去の小さな判例をもとに審議を行う裁判所には、
審理できる限界がある、という事だろう。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ