記事検索

Fukushima Daiichi Requiem

https://jp.bloguru.com/fukushima-requiem

太陽光買取価格、2019年度2割下げの衝撃

スレッド
全品2割引き!
デパートの大セールかと思うような価格改訂が行われる。
1月9日の経産省有識者会議で、2019年度の太陽光買取価格が決まった。
今年度18円/kWの大規模太陽光発電の買取価格が14円/kWと2割以上下がる。

確かに制度が始まった2012年当時は、買取価格は40円/kWと高かった。
しかし今は、各家庭が支払っている電気代よりも下がっている。
その価格から更に2割減とは、それ程までに再エネを潰したいのか。

価格が高いと言っても、消費者から国内の電力業者に渡るお金である。
国内に循環するお金は、また国内に再投資される。
再エネ事業は、まだ投資すべき余地が大きく、日本経済も潤う。

対して原発はどうか。
核燃料と再処理はフランスやイギリスに委託しており資金は海外へ出て行く。
委託先の国が日本に投資を行わなければ、資金は日本に戻ってこない。
再エネと原発、どちらが日本経済を活性化するかは明らかだ。

日本の経済力向上を目指すべき立場の経産省が、
再エネを抑制する方向に誘導するのは、誤った戦略だと言える。

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
この投稿へのコメントはできません。