記事検索

もうあかんゆうてもあかん冬登山

スレッド
もうあかんゆうてもあかん冬登山 もうあかんゆうてもあかん冬登山 もうあかんゆうてもあかん冬登山
2019.01.19 美濃戸口河原奥

八ヶ岳の登山口のひとつに美濃戸口がある。
特に冬の場合、赤岳鉱泉は冬季営業の山小屋として貴重な存在であるから、冬の美濃戸口の駐車場も登山者の車で大盛況である。
真冬はアイスクライミングが定番である。
テントと食料を担いで冬装備の山登りは、もう無理になった身には、山小屋ベースのアイスクライミングが冬の楽しみ方となる。
コイデ隊長の山行も、だんだんとそういう風になってきて、わたしとしてはありがたい。
そのコイデ隊長の一泊二日のアイスクライミング山小屋泊ツァーに参加した。
この美濃戸口にはアイスクライミングエリアがある。
その河原奥エリアに行く。
例年は積雪と氷の林道だが、雪の無いまるで夏道のようであった。
雪は無いがそれなりに気温は低いので氷はあるだろうと期待し、川を渡りエリアに入る。
果たして氷柱はあるが、例年に比べ下部のスラブは半分程度の氷結であった。
オオシマさんがトップロープを張りに登る。
わたしはコイデ隊長から委託され、今回アイスクライミングが初めてという方々にいろいろ基本をレクチャーすることになった。
みなさんは、トップロープでアイスクライミングを楽しんだ。
今夜の宿は、美濃戸の赤岳山荘である。
河原奥から美濃戸まで雪の無い林道を歩く。
まるで夏のハイキングだった。

もうあかんゆうてもあかん冬登山 拙句

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ