記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

『れいわ一揆』@<原一男>監督

スレッド
『れいわ一揆』@<原一男>監督
アナーキスト <奥崎謙三> の姿を描いたドキュメンタリー『ゆきゆきて、神軍』(1987年)などで知られる<原一男>監督(74)の最新作『れいわ一揆』の公開が2020年4月17日(金)から、アップリンク渋谷ほか、全国で順次公開されます。

令和元年夏、参議院選挙で注目を集めた「れいわ新選組」から出馬した経済学者<安冨歩>(56)を中心に、10名の個性豊かな候補者たちに迫る248分に渡るドキュメンタリー映画です。昨年の東京国際映画祭でのワールドプレミアののち、ロッテルダム国際映画祭The Tyger Burns部門、ニューヨーク近代美術館(MoMA Doc Fortnight 2020)などで上映され、国内外の映画祭で注目を集めています。

過激な登場人物たちを通じて昭和・平成の時代を抉ったドキュメンタリー映画界の鬼才が、令和に突如現れた話題の政党にどのようにフォーカスしたのか。庶民の怒りと叫びを描いた 『ニッポン国 VS 泉南石綿村』 (2018年)で新境地を開いた<原一男>監督による、新たな選挙エンターテインメント作品の登場です。
#ブログ #映画 #ドキュメンタリー

ワオ!と言っているユーザー

『女優原田ヒサ子』<原田美枝子>監督

スレッド
『女優原田ヒサ子』<原田美枝子...
女優<原田美枝子>(61)が制作・撮影・編集・監督を担当した短編ドキュメンタリー『女優 原田ヒサ子』が、3月28日(土)より、東京・渋谷ユーロスペースで上映されます。

15歳でデビューし、約45年間女優を続けてきた<原田美枝子>。このドキュメンタリーは、彼女を支えてきた母<原田ヒサ子>の姿を捉えたものです。認知症が進み「私ね、15のときから女優やってるの」と、我がことのように娘の人生を語り始めた母に驚いた<原田美枝子>が、自らカメラを回しています。

認知症の人が自身の一番輝いていた時代に戻るケースは多いのですが、自分以外の人の記憶を語るのは珍しいことだといいます。母が語る記憶の断片が娘の人生とオーバーラップしていることに驚いた<原田美枝子>は、母の人生を振り返り、母の心の中に残されていた夢をかなえようと思い立ちます。

また本作には、<原田美枝子>の長男であるVFXアーティストの<石橋大河>、長女である歌手の<優河>、次女である女優の<石橋静河>らも出演しています。

<原田美枝子>がナレーターを務めた予告編には、「若い頃はどんな仕事してた?」と聞かれた<原田ヒサ子>が、「けっこう(仕事が)たくさんあった。忙しかった。でも今はさ……」と答える様子などが収められています。
#ブログ #映画 #ドキュメンタリー

ワオ!と言っているユーザー

「粗切りトウガラシ」@エスビー食品

スレッド
「粗切りトウガラシ」@エスビー...
エスビー食品は、料理に手軽に使える唐辛子ペースト調味料 「粗切りトウガラシ」(125円・税別)を、2020年3月2日に発売します。

あらゆる料理に利用できる、旨辛い味わいのペーストタイプの唐辛子。粗切りの赤唐辛子に、にんにくと酢を隠し味としてプラスすることで、辛味と旨味を増強し、やみつきになる味わいに仕上げられています。

また、粗切りと粉末の2種類の唐辛子を併用することで、食感と風味の広がりを両立。唐辛子の種や果皮、胎座(わた)を使用しているため、唐辛子の味わいを丸ごと楽しめるとか。

和・洋・中問わず、どのようなメニューとも相性が良いといいます。パッケージでは、餃子やパスタ、ラーメン、焼き鳥など、様々なメニューが紹介されているようです。
#ブログ #調味料 #唐辛子

ワオ!と言っているユーザー

「日清ウマーメシ 台湾まぜ飯」@日清食品

スレッド
「日清ウマーメシ 台湾まぜ飯」...
日清食品は「日清ウマーメシ 台湾まぜ飯」(250円前後)を、3月2日(月)から発売します。

2008年10月に名古屋市中川区にあります「麺屋はなび高畑本店」が発祥とされる、汁なし麺として人気を博している名古屋発祥のご当地グルメ「台湾まぜそば」の味わいをウマーメシ流にアレンジした一品だとか。

中毒性のある味わいが特徴の「日清ウマーメシ」( 「シビうま担々」 ・ 「豚キムチチゲ」 )シリーズから登場する「台湾まぜ飯」は、唐辛子の辛さと豚のコクをきかせた濃厚な“辛うま醤油スープ”仕立て。4種類の素材 (カツオ、サバ、イワシ、アジ) をブレンドした香り豊かな魚粉を加えることで、やみつきになる味わいに仕上げたとのこと。

熱湯5分で湯戻りするごはんとの相性も抜群だとかで、ご当地グルメとしての台湾まぜめしを気軽に試せるのも気になる一品です。
#ブログ #グルメ #インスタント製品

ワオ!と言っているユーザー

「日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いだしソース焼そば」

スレッド
「日清焼そばU.F.O.大盛 ...
日清食品は、日本の 「だし」 をU.F.O.流の 「濃い」 世界観で表現した商品「日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いだしソース焼そば」(240円前後)を、3月2日から発売します。

「日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いだしソース焼そば」の味の決めては、鰹をメインにシイタケや昆布のだしを合わせた「特製和風だしソース」だとか。鰹風味の“だしフレーク”と揚げ玉が入ったふりかけで仕上げることにより、濃厚で奥深いだしの旨みが存分に堪能できるといいます

ご飯を別途用意したくなりそうな、和風の濃い味焼そばだそうで。食べ応えに期待です。
#ブログ #グルメ #インスタント麺

ワオ!と言っているユーザー

「元祖ボンカレー」@大塚食品

スレッド
「元祖ボンカレー」@大塚食品
大塚食品は、発売当時の懐かしい味わいと看板デザインを再現したパッケージの「元祖ボンカレー」(230円・税別)を、2020年3月2日に発売します。

1968年2月12日に、世界初の市販用レトルト食品として発売された元祖「ボンカレー」の懐かしい味わいを再現。箱ごと電子レンジ調理が可能になっています。

元祖の特長であるあめ色たまねぎによるコクと、炒めた小麦粉の香ばしい風味はそのまま、野菜と肉の量をアップ。具材はじゃがいも、たまねぎ、にんじんで、いずれも国産野菜を使用しています。保存料、合成着色料は使用されていません。

パッケージには、発売当時に使用された<松山容子>さんの「ホーロー看板」のデザインを忠実に再現されています。同社の営業マンが全国に9万5000枚を取り付け、多くのユーザーに慣れ親しまれた看板だといいます。
#ブログ #グルメ #レトルト製品 #カレー

ワオ!と言っているユーザー

ロングセラーを続けているお菓子

スレッド
ロングセラーを続けているお菓子
懐かしく感じる記事を見つけました。発売時の雰囲気を残したパッケージで売られているおなじみのお菓子だけに、皆さんも一度は手にしたことのあるお菓子たちだと思います。
なかには発売から100年以上経っている商品もあります。ロングセラーを続けているお菓子は味やパッケージを時代に合わせながら、いろいろな世代に愛され続けているようです。

パッケージの古いものから順に紹介されていました。
1. 【森永ミルクキャラメル】 明治32年(1899年)森永製菓:明治から5元号にわたって愛されているキャラメルです。おなじみの黄色い箱のデザインは洋画家の<八木彩霞(やぎ・さいか)>によるもので、登録商標のエンゼルマークも発売当時のものが使われています。2014年にグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しています。
2. 【サクマ式ドロップス】 明治42年(1908年)佐久間製菓:「サクマ『式』ドロップス」と、「サクマドロップ」は別の会社の製品です。サクマ式ドロップスは明治42年の発売で、サクマドロップス(サクマ製菓)は昭和12年の発売。どちらも味は8種類で、基本のイチゴ、レモン、オレンジ、パイン、リンゴ、ハッカの6種類は共通しています。
3. 【グリコ】 大正11年(1921年)江崎グリコ:手を挙げて走っている人のグリコの公式名称は「ゴールインマーク」。おまけつきグリコは大正13年から始まり、時代によっていろいろな材質のおもちゃが作られました。現在は木製のおもちゃが付いています。1粒で2度おいしい「アーモンドグリコ」の誕生は昭和30年です。
4. 【森永ミルクチョコレート】 大正7年(1918年)森永製菓:レトロなパッケージが魅力の日本初のミルクチョコレートです。当時は輸入品しかなく高価だったチョコレートを、一般の人々でも手に入れやすくするため森永製菓が製造工程を見直してコストダウンに成功しました。原料のカカオ豆から作る本格的な板チョコレートの定番です。
5. 【マリー】 大正12年(1923年)森永製菓:商品名の「マリー」はマリー・アントワネットがビスケット好きだったことに由来しています。
6. 【明治ミルクチョコレート】 大正15年(1926年)明治:森永製菓がミルクチョコレートを出した8年後に、明治が販売を開始したミルクチョコレート。愛称は「ミルチ」。
7. 【ボンタンアメ】 大正15年(1926年)セイカ食品:鹿児島市に本社のあるのセイカ食品が発売している飴菓子です。地方発信のお菓子ですが、いまでは全国のコンビニやスーパーでも売られています。
8. 【ミルキー】 昭和26年(1951年)不二家:「ミルキーはママの味~♪」のサウンドロゴで知られているペコちゃんのキャラクターがかわいい不二家のミルキーは、ミルク味のやわらかい食感のキャンディです。
9. 【マーブルチョコレート】 昭和36年(1961年)明治:紙筒のパッケージに入った7色のカラフルなチョコレート。丸い粒状のチョコは1940年代頃からアメリカのM&M’Sなどが発売していましたが、日本では明治マーブルが最初です。おまけのシールは発売当初から人気で、今は「世界の旅シリーズ」シールが封入されています。
10. 【エンゼルパイ】 昭和36年(1961年)森永製菓:ビスケットにマシュマロを挟みチョコでコートしたお菓子です。
11. 【ルックチョコレート】 昭和37年(1962年)不二家:LOOKのロゴとパッケージは「口紅から機関車まで」で有名な、あらゆるものをデザインした世界的な工業デザイナー<レイモンド・ローウィ>によるもの。ルックチョコの特徴はなんといってもバラエティの豊富さで、期間限定品を含め10種類以上のフレイバーの製品があります。
12. 【チロルチョコ】 昭和37年(1962年)チロルチョコ:チロルチョコは、1960年代は高級品だったチョコレートを「1個10円」で販売してヒットした商品。
#ブログ #オカシ #ロングセラー

ワオ!と言っているユーザー

<白石麻衣>ジャケット写真公開@『しあわせの保護色』

スレッド
「Type-A」       ... 「Type-A」                 「Type-B」
アイドルグループ「乃木坂46」の25thシングルで、卒業を控える<白石麻衣>(27)がセンターを務める『しあわせの保護色』(3月25日発売)のジャケット写真が1日、公開されています。

「卒業」と「ダンス」をテーマに、「宇宙船で繰り広げられる近未来のプロム」がコンセプト。撮影は2月上旬に横浜と都内のスタジオで行われ、巨大な宇宙船の美術セットが組まれました。

本作は初回仕様限定盤Type-A・B・C・D(いずれもCD+Blu-ray)、通常盤(CD)の計5形態で、Type-Aのジャケットは、純白の衣装に身を包み、視線を先に向けた白石の美貌が際立つショットが採用さています。

カラフルな衣装をまとった表題曲の選抜メンバーは透明のヘルメットをかぶって撮影に臨みましたがが、照明が反射する影響で顔が全く写らずに苦労したといいます。撮影はフォトグラファーの<池田晶紀>氏が担当しています。
#ブログ #芸能 #CD

ワオ!と言っているユーザー

『戦翼のシグルドリーヴァ』制作決定@アニプレックス

スレッド
『戦翼のシグルドリーヴァ』制作...
アニプレックスが1日、新作オリジナルアニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』を制作することを発表しています。

あわせてスタッフとティザービジュアルも公開されました。シリーズ構成・脚本を『Re:ゼロから始める異世界生活』で知られる<長月達平>、キャラクター原案を『魔法少女リリカルなのはViVid』の<藤真拓哉>、世界観設定・設定考証を『ガールズ&パンツァー』の<鈴木貴昭>が務めます。

同作のストーリーはまだ不明ですが、<藤真拓哉>が描き下ろしたティザービジュアルには、大空を仰ぐ少女と青空を駆ける機体が描かれており、あわせて公開されたテレビCMでは、キャラクターボイスで「鉄の翼を広げ、少女は往く」と空を舞台にした物語を予感させています。
#ブログ #映画 #アニメ

ワオ!と言っているユーザー

『劇場版ポケットモンスター ココ』予告編公開

スレッド
『劇場版ポケットモンスター コ...
7月10日から全国で公開されます国民的アニメシリーズの映画最新作 『劇場版ポケットモンスター ココ』 の予告編とポスタービジュアルが、公開されています。ポケモン映画史上「最も短いタイトル」として、「ココ」の意味をめぐり様々な推測が飛び交っていましたが、「ココ」がポケモンに育てられた少年の名前であり、「ココ」の育ての親は幻のポケモン「ザルード」であることが明らかとなっています。

1998年の『劇場版 ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』から始まったシリーズ第23弾となる本作。『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』の<矢嶋哲生>監督がメガホンをとっています。物語の舞台は、よそ者は足を踏み入れることを許されない、厳しい掟で守られたポケモンたちの楽園・オコヤの森。「サトシ」と「ピカチュウ」は、「ザルード」に育てられ、自分のことをポケモンだと信じて疑わない少年「ココ」と出会います。「ココ」はポケモンなのか、それとも人間なのか。やがてオコヤの森に危機が迫り、ポケモンと人間、そして親子愛が試されます。

予告編では、森の中を人間離れした動きで飛び回り、ポケモンたちとともに木の実を食べ、木の上で居眠りをする「ココ」の生活が映されています。ポケモンとして振る舞う一方で、見た目は人間の「ココ」に対し、「本当にポケモンなのか?」という思いが芽生えていく「サトシ」。ある日、オコヤの森が危機に瀕し、仲間たちを助けていた「ココ」自身がピンチに陥ったその時、「ザルード」が現れます。「ザルード」を「父ちゃん」と呼ぶ「ココ」の姿も切り取られ、親子がたどる運命に期待が高まる映像となっています。

ポスターは、美しい夕日が差しこむオコヤの森を背景に、ザルードに頭を撫でられ照れくさそうにしている「ココ」と、親子を温かく見守る「サトシ」と「ピカチュウ」・「ホシガリス」が写し出されたほほ笑ましい構成です。頭上に広がる木の葉の間からは、幻のポケモン「セレビィ」が顔をのぞかせています。これまで、トレーナーである人間とポケモンの絆の物語を紡いできた本シリーズ。最新作では、ポケモンに育てられた「ココ」を通し、新しい絆の形が描き出されます。
#ブログ #映画 #アニメ

ワオ!と言っているユーザー

えび天牛とじかつ丼@【ほっともっと】(御屋敷通店)

スレッド
えび天牛とじかつ丼@【ほっとも...
2月21日(土)より本日3月1日(日)までの10日間、お弁当チェーン店【ほっともっと】にて、 「かつ丼フェア」 が開催され、「ロースかつ丼」4種類を100円引きの特別価格で販売しています。

なんとか最終日になりましたが、(御屋敷通店)にて、気になる「エビ天牛とじかつ丼」(490円・税込)を購入してきました。

商品名通りに「えび天・2尾」と「牛丼の具」と「ロースかつ卵とじ」の3種類の味が一度に楽しめる丼メニューです。

どっしりとした食べ応えのある内容で、満腹感一杯で、(934キロカロリー)おいしくいただきました。
#ブログ #グルメ #弁当

ワオ!と言っているユーザー

<杉咲花>『おちょやん』@NHK連続テレビ小説

スレッド
<杉咲花>『おちょやん』@NH...
<杉咲花> (22)が主演を務めるNHK連続テレビ小説『おちょやん』の初回放送日が、9月28日(月)に決定しています。

NHK連続テレビ小説103作目となる本作は、松竹新喜劇などに参加した女優<浪花千栄子>を主人公のモデルにしたドラマです。<杉咲花>演じる「竹井千代」が、大正から昭和の戦後までの大阪で芸の道をひた走っていく姿が描かれます。ドラマ『半沢直樹』・『陸王』で知られる<八津弘幸>が脚本を手がけ、<梛川善郎>、<盆子原誠>らが演出を担当。今回テレビ番組『シャキーン!』などで知られる<サキタハジメ>が音楽を手がけることが発表されています。

出演が明らかになったキャストは。養鶏を営むものの、鶏の世話や家事も娘の「千代」に任せっきりのダメな父親「テルヲ」を<トータス松本>、新しい母親として竹井家にやってくる「栗子」を<宮澤エマ>が演じます。「千代」が女中奉公に出された道頓堀に暮らす人々として、奉公先の芝居茶屋・岡安の女将である「岡田シズ」に<篠原涼子>、「シズ」の夫「宗助」に<名倉潤>(ネプチューン)、ライバル芝居茶屋・福富の女将である「富川菊」に<いしのようこ>が扮しています。<トータス松本>、<宮澤エマ>、<篠原涼子>が連続テレビ小説に出演するのは今回が初めてになります。

喜劇の魅力にとりつかれた「千代」が出会う人々としては、人気喜劇一座の座長・天海天海の息子で、のちに生まれる「鶴亀家庭劇」に「千代」とともに参加する「一平」を<成田凌>が演じ、「千代」と「一平」にとって師匠でありライバルにもなる喜劇界のアドリブ王「須賀廼家千之助」役で<星田英利>が出演。上方演劇界のドン「大山鶴蔵」に<中村鴈治郎>、「千代」が憧れる女優「高城百合子」役で<井川遥>、役者の世界に飛び込んだ「千代」にとって最初の師匠となる「山村千鳥」に<若村麻由美>が配役されています
#ブログ #芸能 #テレビドラマ #キャスト

ワオ!と言っているユーザー

「冷やし塩すだち茶づけ」@永谷園

スレッド
「冷やし塩すだち茶づけ」@永谷...
永谷園は、「冷やし塩すだち茶づけ」(238円・税別)を、2020年3月2日に春夏限定で発売します。

暑くて食欲がないときでもサラサラと食べやすく、汗で失われやすい塩分やミネラル(カリウム、マグネシウム、鉄)も補給できるお茶づけの素です。

昆布をベースにすだちの爽やかな風味をきかせ、適度に酸味が感じられる爽やかな味わいに仕上げられているとか。具材はあられ、海苔。ご飯にかけるだけでなく、豆腐にかけてもおいしく食べられるということで、放送のパッケージにもあしらわれています。
#ブログ #グルメ

ワオ!と言っているユーザー

『モンスターハンター』場面写真公開

スレッド
『モンスターハンター』場面写真...
日本発の人気ゲーム『モンスターハンター』のハリウッド実写映画版が、2020年9月4日《金)に日米同時公開されることが決定、それに伴い、「アルテミス」役で主演を務める<ミラ・ジョヴォヴィッチ>と「ハンター」役の<トニー・ジャー>の姿を写した場面写真が公開されています。

原作は2004年に第1作を発売して以降、シリーズ累計販売本数6100万部を突破しているカプコンの人気ゲームシリーズです。映画『バイオハザード』シリーズで知られる<ポール・W・S・アンダーソン>監督が指揮をとり、同シリーズで主演を務めてきた<ミラ。が再タッグを組んでいます。日本からは、<山崎紘菜>(25)がプレイヤーにステージやモンスターについて説明する「ハンドラー(受付嬢)」として出演しています。 共演として<ティップ「T.I.」ハリス>、<ミーガン・グッド>、<ディエゴ・ボネータ>、<ロン・パールマン>の参加も発表されています。

砂漠で偵察中の「アルテミス」と彼女のエリート部隊は、突如起こった超巨大な砂嵐に遭遇し、一瞬にして巻き込まれてしまいます。強烈な突風と、激しい稲光の中で、気を失う「アルテミス」。そして、我々の世界の裏側にある、全く異なる世界で目を覚ますことに。

公開された場面写真は、ゲームの定番装備として親しまれている防具を彷彿させるデザインを身にまとった「アルテミス」と「ハンター」の2ショット。夕日を背に、傷や土にまみれた2人が大地に立つ姿は、モンスターたちと共存する世界での過酷なサバイバルを予感させるような1枚になっています。
#ブログ #映画 #場面写真

ワオ!と言っているユーザー

調理パン(322)2種のおさつブレッド@【マックスバリュ】

スレッド
調理パン(322)2種のおさつ...
今朝の朝食でいただいたのは、【マックスバリュ】(伊川谷店)の「2種のおさつブレッド」(151円)です。

2種のおさつ」とは、2種類の<さつま芋>という意味で、甘露煮された<さつま芋>が、塊と餡として詰められています。<黒胡麻>が振り掛けられていますので「大学芋」を思わせる体裁でした。

甘露煮された<さつま芋>がたっぷり詰められていますので、ボリューム感十分で、おいしくいただきました。
#ブログ #グルメ #パン #さつま芋

ワオ!と言っているユーザー

<高木美帆>初優勝@スピードスケート世界選手権「スプリント」

スレッド
<高木美帆>初優勝@スピードス...
スピードスケートの世界選手権は、今シーズンから世界スプリント選手権と世界オールラウンド選手権が統合され、28日、ノルウェーのハーマルで開幕しました。

スピードスケートの世界選手権は29日、「スプリント」の2日目の競技が行われ、500メートルと1000メートルを2度ずつ滑る「スプリント」の女子で<高木美帆>(25・日本体育大助手)が初優勝しています。

短距離から長距離の4種目で競う「オールラウンド」で2年前に世界一に輝いており、短距離タイトルとの2冠は女子で史上5人目、日本勢では男女通じて初の快挙となっています。

2連覇を狙った<小平奈緒>(33・相沢病院)は2位でした。日本のスプリント世界一は、男子で1983年と1987年の<黒岩彰>、女子で2017年と2019年の<小平奈緒>に続く3人目となります。
#ブログ #スピードスケート

ワオ!と言っているユーザー

『風の電話』(特別表彰)@第70回ベルリン国際映画祭

スレッド
『風の電話』(特別表彰)@第7...
第70回ベルリン国際映画祭で28日夜(日本時間29日未明)、若い世代に向けた ジェネレーション14プラス部門に参加 していた<諏訪敦彦>監督の 『風の電話』が、スペシャルメンション(特別表彰)を受賞しています。

この映画は、東日本大震災で小学生の時に家族を失った少女「ハル」(モトーラ世理奈)を描いた作品で、広島から故郷・岩手にたどり着くまでの道のりと心の救済を描いています。犠牲者に思いを伝える場として岩手県大槌町に設置された実在の電話ボックスがモチーフとなっていて、「ハルが生きる力を取り戻していく物語です。

23日夜に公式上映され、高い評価を受けていました。、審査員は本作について「我々は穏やかでありながらも壮大なロードムービーに大変心を打たれました。そして、つらいけれど希望のある、忘れることのできないラストシーン。この困難な時代に、喪失の空虚さと人と人との繋がりの温かさの両方を共存させることが、これまで以上に重要になってきています。この映画は優雅さと力の両方をもって、見事にそれを成し遂げています」と講評しています。
#ブログ #映画 #賞

ワオ!と言っているユーザー

無観客での開催@ 東京ガールズコレクション 2020

スレッド
無観客での開催@ 東京ガールズ...
新型コロナウイルス感染症による感染拡大につき、国内最大級のファッションイベント『第30回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 SPRING/SUMMER』が29日、国立代々木競技場第一体育館で初の「無観客」で開催されています。

主催のW TOKYOは26日に「厚生労働省の発表を受け当社として慎重に検討を重ねた結果」として、延期や中止ではなく無観客開催を決定。「内容をより適した形で再構築」と説明し、LINE LIVE(生中継)とメディア配信も実施されています。

華やかなオープニングムービーが流れたあと、ランウェイのトップバッターを務めたのは<中条あやみ>。人気スタイリスト<野口強>氏プロデュースで、70年代のヨーロッパのファッションをオマージュした衣装で登場。その後、<三吉彩花>や<新木優子。も続いて登壇しました。

『日本のガールズカルチャーを世界へ』をキャッチコピーに2005年8月から年2回で開催されたTGC(東京ガールズコレクション )は、今回で30回目になります。<大政絢>、<池田エライザ>、<新川優愛>らモデルがランウェイ競演、人気グループ・「乃木坂46」、「欅坂46」、「日向坂46」らのライブパフォーマンスも予定されています。
#ブログ #ファッションイベント #新型コロナウイルス

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ