記事検索

神戸:ファルコンの散歩メモ

https://jp.bloguru.com/falcon

今年の読書(2・3)『海賊と呼ばれた男』百田尚樹(講談社文庫)

スレッド
今年の読書(2・3)『海賊と呼...
第10回の本屋大賞を受賞したベストセラー小説で、2016年に 「永遠の0」 と同じ<山崎貴>監督により映画化され、出光興産産創業者の<出光佐三>をモデルとした主人公・国岡鐡造の一生と、出光興産をモデルにした国岡商店が大企業にまで成長する過程が描かれているという内容は知り得ていましたが、遅まきながらお正月休みにじっくりと上下2巻を読んでみました。

<出光佐三>をモデルとした主人公・国岡鐵造が、石油の一大事業を成し遂げるさまを明治・大正・昭和という時代の流れを背景に、石油産業に情熱を注ぐ主人公の生き様が、一つの戦後史として、日本の敗戦を境として見事に描かれています。

学生時代、イランの「国立国会図書館」の国際コンペに参加した経験がありますが、その当時のパーレビ国王の立場が描かれており、イランの石油にまつわる状況を興味深く読みました。

化石燃料としての「石油」、今後の流れはどうなるのかなと、考え込んでしまいました。
#ブログ #読書 #文庫本

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
birdy
birdyさんからコメント
投稿日 2019-01-10 21:41

映画にも成りましたね
みてないけど…

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2019-01-11 06:35

ベストセラーの映画化でしたね。
小説として、感動ものでしたので、画面で見ると
さらに楽しめたのではないかなと思いながら、力作読み終えました。

ワオ!と言っているユーザー