記事検索

ファルコン昆虫記(812)<オス>の【アンダソンハエトリ】(3)

スレッド
ファルコン昆虫記(812)<オ...
白い壁に、黒いものが移動、よく見ましたら体長7ミリほどの【アンダソンハエトリ】の<オス>でした。【アダンソンハエトリ】は日本中部以南では、「チャスジハエトリ」 と共に家屋内でごく普通に見られるハエトリグモですが、我が家では初顔見世になります。

性的二形が明確で、雌雄では大きさや斑紋にはっきりした差があります。<オス>の触肢がやや長く、白い毛が多くてよく目立ち、背面にもいくつかの白い斑紋だありますが、<メス>はくすんだ体色をしています。

名称の「アダンソン」は、1826年(または1825年)にフランス人博物学者<ミシェル・アダンソン>に献名されてつけられています。

網を張らず徘徊性で歩き回って餌を採ります。日本では家屋内に多く出没しますが、外部でも見かけることがあります。さて、無事に餌にありつけることができるのか心配しながら、眺めておりました。
#ブログ #ハエトリクモ科

ワオ!と言っているユーザー

  • ブログルメンバーの方は下記のページからログインをお願いいたします。
    ログイン
  • まだブログルのメンバーでない方は下記のページから登録をお願いいたします。
    新規ユーザー登録へ
Toshiaki Nomura
Toshiaki Nomuraさんからコメント
投稿日 2018-09-20 10:58

これはまだ見たことのない蜘蛛です。

網を張らずに捕食するのはなかなか重労働じゃないですかね・・・。

ワオ!と言っているユーザー

ファルコン
ファルコンさんからコメント
投稿日 2018-09-20 16:33

他のハエトルグモ達同様に、かわいらしいクモです。身近に見つかればいいですね。

ワオ!と言っているユーザー